「愛はエネルギー/松原みき」才気煥発なシンガーの早世は本当に残念

今のCity Popブームに火を付けた松原みき ©STVラジオ

STVラジオ『MUSIC☆J』。'70~'90年代の日本の曲、日本語のpopsを中心に、洋楽や最新ナンバーもお届けする3時間のライブ・プログラム。ポプコン出身のシンガーソングライター・松崎真人がご案内しています。秋~春の平日夜にRCCラジオとともにお送りしてきた”シーズン6”は24日がラスト・チューンでした。(文中敬称略)

松崎:この当時いろいろと、松原みきという無尽蔵の可能性を持った歌手に対して、どうやって売っていこうかという意見の相違が、色々とあったんじゃないかなと想像させるわけです。まずは聴いて頂きます。もう「真夜中のドア」は、僕は昔から聴いてますので、最近になって掛け出した放送局に対しては「なんだ、今頃…」って思ってるわけでございますけど。まあ、そんな毒はあまり吐かずに最終回は行こうかなと思ってます。「真夜中のドア」の次にリリースされた、こちらも林哲司による作・編曲です。
 
M03「愛はエネルギー/松原みき」

松崎:当時、越美晴とか泰葉とか、女性シンガーで、しかも才気煥発な感じのアーティストがどんどん出てきていた時代で、後に1990年頃に起こるDIVAブームの先駆けみたいなところがありました。非常に、聴いている方としてもワクワクしながら聴いていた記憶があります。

松崎:中でも僕は、松原みきは、後に自分で作詞・作曲した曲もリリースしていますし、若くして無くなったのは、本当に残念だと思っています。でもね、音楽の神様は、そう言う順番を選ばないところがあるのも、なかなか残酷なところもあるなと思うわけです。

(編註:「愛はエネルギー」は松原みきの2枚目のシングルとして発売された後、7枚目のシングル「Jazzy Night」のB面にも収録されている)

<編集後記>
「せつない胸に風が吹いてた/サザンオールスターズ」  アルバム「世に万葉の花が咲くなり」には「アジアとその中の日本」という裏コンセプトがあったと思うのだが、この曲はコンセプト外の1曲。おそらく巧まずに自然に書いた曲なのかなあ?とバックコーラスしながら思っていた。「YaYa」の続編のようにもとれる。あと、ツアー中にアレンジ変更がほとんどなかったのも印象的。(松崎 真人)

松崎がバックコーラスを務めていたサザンオールスターズ

24日(木)のプレイリスト M16は「帰って来るぞ」の思いも込めて?!

【19時~20時】
M01「今はもうだれも/アリス」
M02「FOREVER〜ギンガム・チェックstory~/少女隊」
M03「愛はエネルギー/松原みき」
M04「銃爪(ひきがね)/世良公則&ツイスト」
M05「償いの日々/財津和夫with原みどり」
M06「監獄ロック/平尾昌晃」
M07「バルコニーに坐って/山下敬二郎」
M08「日曜日を探して/まがじん」
M09「どうして旅に出なかったんだ/友部正人」
【20時~21時】
M10「切ない胸に風が吹いてた/サザンオールスターズ」
M11「元気です。/よしだたくろう」
M12「Paradox/浜田麻里」
M13「In The Mirror/LOUDNESS」
M14「ビートルズはもう聞かない/GARO」
M15「惑(まどい)/GARO」
M16「帰ってきたウルトラマン/団次郎・みすず児童合唱団」
M17「青空になる/橋本仁」
M18「大丈夫/眉村ちあき」
【21時~22時】
M19「恋/星野源」
M20「恋するフォーチュンクッキー/AKB48」
M21「四月の風/エレファントカシマシ」
M22「別れのサンバ/長谷川きよし」
M23「旅路/藤井風」
M24「櫻の園/松田聖子」
M25「Deep/渋谷哲平」
M26「My Blue Page〜大通りを渡って〜/Birthday Suit」
M27「スプリング・サンバ/大場久美子」

4月2日(土)からの『MUSIC★J』…土・日 18:00~21:00 週に2回の生放送!

『MUSIC☆J』は4月から放送時間が変わります。

4月2日(土)からは、毎週「土曜」と「日曜」の18:00~21:00になります。3時間・生放送、70年代~90年代の日本のPops・日本語のPopsを中心とした選曲と、松崎真人のトークは変わりありません。

土曜日は、17:00の『KANのロック・ボンソワ』に続いて。日曜日は、21:00からの『松山千春 ON THE RADIO』の直前。STVラジオの週末の夜は、ミュージシャンによる音楽&トーク番組が充実のラインアップとなります。

4月からの『MUSIC☆J』"シーズン6.5"にも、どうぞお付き合い下さい。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜・日曜 18:00~21:00) ★4月2日(土)スタート★

MUSIC★J
放送局:STVラジオ 他1局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 19時00分~22時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター、選曲家。北海道札幌市出身。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活躍中。
番組ホームページ

★リクエストメール:mj@stv.jp
★twitterハッシュタグ:#musicj 
 70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。J-popの源流を築いた往年の名曲を毎日30曲前後も紹介するパワー・プログラム。いまの10代~20代にも聴いて欲しい、日本の音楽がわかる番組!ブームの"シティ・ポップ"、その源流や背景、エピソードは「MJ」の最も得意なフィールドです。
 
 パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。
 ☆広島・RCCラジオでも同時生放送(~21:50)

※該当回の聴取期間は終了しました。

今のアルピーなら、ゴチの新メンバーありえる。

TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』毎週火曜深夜0時から放送中!

1月24日(火)放送後記

「アルコ&ピース D.C.GARAGE」331回目の放送。
この番組、「マッチングアプリで会えるがコンセプトのアイドルグループ『マチュヒト』」がバズってます。

ゴチ・・・

今のアルピーなら、ゴチの新メンバーありえる。
数年前は冗談で言っていたことも、今では現実味を帯びてきました。
ただ、平子さんからしたら、今のゴチはぬるすぎる。
ゴチの歴史が平子以前・平子以降に別れるほど、ガチでやる予定。
ナイナイの2人が残り続ける保証もありません。
レタスとキャベツの違いは分かりませんが、値段が分かれば大丈夫。
平子さんは大体の値段なら分かります。桃太郎すしの値段を完璧に覚えているんですから。
因みに、他にも平子さんのグルメアピールあります。
それは、白米の研ぎ方に一家言あるということ。
数ある研ぎ方の中で、見つけた平子式。
それは、無洗米を2研ぎ。
これです。

県民性・・・

福島県での仕事が増えてきた平子さん。
高校生の時によく使っていた駅の近くのホテルに前乗りした夜、近くにカウンター席だけのお店があったので、静かに一人呑みをすることに。
夫婦で経営されているお店だったのですが、このご夫婦が住んでいる場所が平子さんの実家の近くで、平子さんの親とも面識がありました。
ご主人が日本酒をサービスしてくれたり、隣の席にいた作業着を着た男性の奥さんの高校がめちゃくちゃヤリ〇ン高校という話を盗み聞きしたりと静かに呑んで会計をすると、お会計として提示されたのは「1,000円」。ご夫婦から平子さんへ「頑張ってね」の意味が込められた素敵なお値段でした。平子さんの財布事情を舐めているとかではなくてよかった。
また絶対このお店にくることを約束し、お店を出ようとすると、帰るタイミングを見計らって、平子さんを知っているお客さんから声を掛けて貰いました。
品があるタイミング。これが福島の県民性。ただ唯一作業着の男性だけ平子さんに気付いた瞬間、大はしゃぎ。これが神奈川の県民性。その人が神奈川県民かは分かんないですが、、、。
で、気分良くホテルに戻る途中、コンビニによると、酔っ払いの兄ちゃん3人に絡まれました。
気分良く帰りたいので、この3人はガン無視。
彼らが出たタイミングでコンビニを出ると、さっきの酔っ払いの1人が立ちション開始。
すると、残りの酔っ払いが平子さんに駆け寄り、「すいません!あいつバカで酔っぱらってるんで、漫才にしてやってください」
と言われました。
これが、真の福島の県民性。いわきは最低。

カンガルーの金○栓抜き・・・

先週、酒井さんが平子さんに渡したオーストラリアのお土産「カンガルーの金○の栓抜き」
リスナーの有識者から、オーストラリアではドリームキャッチャー的なアイテムで、成功者のほとんどはこのカンガルーの金玉を持っているとの情報が。
そんな有難いお土産を平子さんは一旦家族に見せるため持ち帰ったのですが、平子さんの予想とは裏腹に、いちるくん、みつきちゃんに大好評。
ハッピーセットのCMぐらい大興奮、。
偶々いたみつきちゃんの友達も欲しがっていたので、高円寺の子どもたちの間でカンガルーの金○が流行るかもしれません

Facebook

ページトップへ