『元カレかるた』で学ぶ、彼氏のレシートはスマホの次に見るな!

TBSラジオで月曜~木曜 朝8時30分から放送中の『パンサー向井の#ふらっと』
今回は、ニューアルバム『未成線上』をリリースされたシンガーソングライターのヒグチアイさんをゲストにお迎えしました!

MV1億1100万回再生『悪魔の子』の印税だけじゃ生きてけない!

向井:『大航海』という曲もまさに『未成線上』という歌ですよね。

ヒグチ:そうですね。こういう風に思ってられる時はいいんですけど、はずれちゃう時もあるというか…どうしても諦めの方に向かっちゃう時にこういう曲を聴くと苦しくなっちゃうんですよね。自分で作ったのに。

向井:うん。

ヒグチ:だから常にこういう気持ちでいられる自分でいたいなっていうのは込めてます。

向井:この『大航海』も要は最初の航海する瞬間って希望に満ちてるじゃないですか。まだ何にもわからない、たどり着くとこだけを目指してる瞬間。でも、皆さんも多分ヒグチさんもそうだと思いますけど、ある程度、航海してちゃんとたどり着いた場所もあって…。

ヒグチ:ありますね。

向井:さて、ここからどうするっていうのは…。

ヒグチ:そうなんだよな~(笑)。

向井:でもこの中の歌詞で、『このままでいいのかい ライバルが友になり 今日も酒がうまいな これは最終話の先なんだよ』ってあるじゃないですか。最終話はもう終わったっていうことなんですか?

ヒグチ:でもそこからシーズン2もあるわけじゃないですか。

向井:そうなんですよね。

ヒグチ:でもシーズン1ってなかなか超えることできないじゃないですか。そのシーズン1が終わったんじゃないかって自分の中で思う瞬間があるんですよ。

向井:バック・トゥ・ザ・フューチャーぐらい?1を超えたのって(笑)。確かに2って超えづらいんですよね。

ヒグチ:なかなか2って超えないじゃないですか。でも、その2に行かなきゃいけない、もう1に戻ることはないっていう…今自分が2から何を作っていくかっていうことを考えちゃうんですよね。

向井:それで言うと、やっぱり『進撃の巨人』のエンディング曲の『悪魔の子』ってヒグチアイさんからしたら、皆さんがもしかしたら知るきっかけになった1曲っていうところもあるじゃないですか。

ヒグチ:そうですね。

向井:1億1100万回再生っていうとんでもない反響、これがまた自分を苦しめてくるってことないですか。

ヒグチ:いやもう完全にそれなんですけれども。そんな話、朝からして大丈夫ですか(笑)?

向井:俺すごい好きで。やっぱりみんなそうですけど、代表作が欲しくてもちろんやってるんだけど、この代表作が自分を苦しめてくるってやっぱりあると思うんですよ。

ヒグチ:本当にそれすぎて。それすぎて…ちょっともうそれ過ぎるんですけど(笑)。そうなんですよ、いやもうありがたいなってすごい思うし、本当にあのときの夢叶ったなって本当に思うんですよ。でも、やっぱりどうしても自分の気持ちが贅沢になっちゃって、じゃあそれ以上の何かってなったときに、そこを越えられるかっていうところの怖さもあるし、じゃあもうあのとき思ってた1曲知ってもらってる、「あの曲の人だよね」の人に自分もなっていくんじゃないかっていう怖さと。

向井:まずそれが本当に素晴らしいことであるっていうこともわかってるんですけどね。

ヒグチ:そうなんですよ。

向井:わかってるけどまだあるぞって自分ではもちろん思うし。今まで作ってきた曲も全部それぐらいの気持ちでもちろん作ってるわけじゃないですか。

ヒグチ:そうなの!そうなのしか出ない(笑)。なんでこんなに分かってくれるんですか、怖い(笑)。

向井・髙橋:(笑)。

向井:たまたま何かのタイアップになったりとかっていうことによって伝わり方が変わるし、そういうものの中で我々は生きてるのももちろんわかってるけどっていう。そんな想いがすごいアルバム『未成線上』自体にも詰まってる感じがするという。

ヒグチ:…そうなんですよね…。

向井:声ちっちゃい(笑)。

ヒグチ:もう声が全然出ない(笑)。そうなんです、もうそれしかないんです。

髙橋:でも最終話が終わったかもしれないってお話されてましたけど、それでもアルバムのタイトルは『未成線上』というのがまたすごくこれから先もっともっとって。

向井:もう一発ね。

ヒグチ:なんか…結局それで暮らしていかなきゃいけないというか。リアルな話、そこまでの印税じゃ死ぬまで生きていけないって…(笑)。

向井・髙橋:(笑)。

向井:リアルな話だな~(笑)。

ヒグチ:リアルな話それじゃ生きていけないんで、そうやって考えると全然頑張らなきゃいけないですよね。

落語家・錦笑亭満堂さんの一言でカレー屋のバイトが決まった!?

向井:『大航海』のミュージックビデオは、昨年7月に真打に昇進した落語家の三遊亭とむさん改め、錦笑亭満堂さんの真打昇進披露興行を追ったドキュメンタリーになってますけど、これはなぜ?

ヒグチ:とむさんが…錦笑亭満堂さんが私のバイト先の先輩で。

向井:そうなんですか。

髙橋:へー!

ヒグチ: 15年前ぐらいにやってたカレー屋の先輩なんですけど。そのとむさんが、私が面接に行ったときにバイトしてて、私が面接して帰った後に、今の子はすごい目が良かったから採った方がいいって言ってくれて(笑)。

向井:あんまりカレー屋のバイトで聞かないような(笑)。

ヒグチ:それでオーナーが、目がいいんだったらバイトにって言って採ってくれたんですよ(笑)。そこでは一緒になることはなかったんですけど、ずっと時間が経ってまた再開することがあって。そしたら今落語家をやっててっていう話から武道館でやりたいんだよって。落語家さんで真打で聞いたことないなって。それをぜひ撮りたいなと。バイト先のって言ったらお金がなくてバイトしてるってことじゃないですか。そこから武道館までの流れがすごくドラマがあるなと思ってお願いして。

向井:うん。

ヒグチ:でも、いいのかなっていう気持ちもあったんですよ。1回うまくいかなかったっていうことを私が決めちゃいけないことだなって思いながらも、そういう気持ちで作ったんですけど、どうですか?って聞いたら、もうぜひぜひって言ってくれて。本当にドラマがあるというかドラマを貸してもらったミュージックビデオになってると思います。

向井:またそこで交差するって面白いですね。カレー屋で一回交じったものがお互い二つそれぞれアーティストとして落語家としてっていうところで交わるっていうところが。

ヒグチ:続けてるってすごいことだなと思います。

向井:ヒグチさんの『まっすぐ』って曲もぜひ聞いてください。すごいいいの!いろいろあったけど、あったから出会えたんだって歌もこともありますから。

ヒグチ:嬉しい。昔の曲なんですけどそれを知っててくださるって…ありがとうございます。

スタジオライブで『未成線上』に収録された『mmm』を…

その後、ヒグチさんが去年12月に発売した『元カレ』かるたで遊ぶことに…

『元カレかるた』で学ぶ彼氏のレシートは見るな!

向井:『元カレかるた』の読み札はヒグチさんの実体験とかヒグチさんが思ったことってことですもんね。

ヒグチ:はい、全部実体験です。

向井:元彼に対して。

ヒグチ:元彼に対して。

髙橋:目の前で作者さんの前でやるってちょっとドキドキしちゃいますね。

ヒグチ:本当に何か思い出すことがあれば皆さんちょっと…いろいろ言えないことがあればそっと。

向井:そういうことですね、楽しみ方としては(笑)。では早速ですが読んでいただいてもよろしいでしょうか。

ヒグチ:あの、取るときに「ヤー!」というふに。元彼を成敗するという気持ちで「ヤー!」で。

向井:基本的には成敗になるんですね(笑)。

ヒグチ:そうですね、もう忘れてやるぞと。そうんな気持ちでぜひやってください。

喜入:では、参ります。“おはよう それで昨日はどこに泊まったの?”

向井:(笑)。

髙橋:ヤー!!

喜入:ひかるちゃんが取りました。

ヒグチ:これね、取るの怖いんですよ。だからよく取ってくれたなと思って。ありがとうございます。

向井:その絵札はLINEですかね?

ヒグチ:そうなんです。やっぱり夜の10時ぐらいから次の日の昼の12時まで連絡がとれないっていうのは寝てたではないだろうっていう。

向井:そうですね…(笑)。

髙橋:絵札にも「ごめん、寝てた」って書いてある(笑)。

向井:でも寝てたで一回LINEがきますよね。

ヒグチ:寝てたでくるじゃないですか。いやいやホテルをチェックアウトしてお昼食べた後だろうっていう。ちょっと危ないこと言ったな…。

向井:全然大丈夫です(笑)。ちょうどその時間ですもんね。大人のホテルになるとちょうどそれぐらいの時間がそろそろ起きて出ようかなぐらいの時間になってくるというね、俺もよくわからない話なんですけど(笑)。

喜入:想像でね(笑)。

向井:もう一枚いきたいですね。

喜入:もう1枚参ります。“みんなって誰? レシートは2名って書いてあるけど”

髙橋:わ~…!

向井:ヤー!

喜入:向井さんがとりました。

向井:これは領収書からバレちゃうってパターンですか?

ヒグチ:領収書はスマホの次に見ちゃいけないですね。

向井:本当に気をつけてください皆さん。意外と領収書って見落としますよね。何人で行ったみたいなのが表記されてるレシートもあるわけですもんね。

ヒグチ:やっぱりカシスオレンジとかね、書いてあるとね。いやいや男とではないだろうな。カシスオレンジ1…?そういうとこ全部わかるんで皆さんぜひレシート見てみてください。

向井:勉強にもなる(笑)。あとインターホンも皆さん気をつけてください。モニター付きのインターホンってピンポンした人の履歴が残っちゃうんで。

髙橋:いいですね~(笑)。

ヒグチ:ぜひ書いてください、カルタ。

髙橋:経験者ですか?

向井:僕も何のことかわかんないんですけど。

喜入:想像でね(笑)。

次回の放送も、どうぞお楽しみに!

パンサー向井の#ふらっと
放送局:TBSラジオ
放送日時:2024年2月8日 木曜日 8時30分~11時00分
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

アーチェリー女子・野田紗月選手 チアアップソングはUVERworldの楽曲「自分を励ましてくれる歌詞が多いので、けっこう好きな曲が多いですね」

2024年パリオリンピックでの活躍が期待されるアスリートが熱い想いを語るTOKYO FMのラジオ番組「Cheer Up Station~route de paris~」。

5月26日(日)の放送では、「アーチェリー女子」の競技に注目。野田紗月(のだ・さつき)選手が、オリンピックでのアーチェリー競技の見どころを語ってくれました。

野田紗月選手



◆野田紗月選手が思うアーチェリー競技の見どころ

アーチェリー女子日本代表の野田紗月選手は、2023年8月の世界アーチェリー選手権で女子リカーブ個人で日本勢初の銅メダルを獲得。パリ五輪の内定が決定し、自身初となるオリンピックに挑みます。

オリンピックでのアーチェリー競技の見どころについて「(的の)10点に矢が集まるところです。普段の練習でやっていることがいつも通りにできると、本番の試合でも真ん中を射抜くことができるので達成感があります」「アーチェリーは“対人”ではなく“対的”の競技になってくる」と野田選手は言います。「10点に入っている本数とか相手との点差をしっかり見ていくと競技が面白く見えるんじゃないかなと思います」と語りました。

番組では、野田選手のチアアップソングの1つとして、UVERworldの「One stroke for freedom」をオンエアしました。好きなポイントとして、歌詞の「才能だけじゃ努力に勝てない 努力なんかじゃ楽しむ奴には勝てない」を挙げます。

「努力しないと才能って続かないと思いますし、楽しみながらできないと勝てないと自分でも思っているので、そういう意味で好きな曲です。UVERworldの楽曲は自分を励ましてくれるような歌詞が多いので、それでけっこう好きな曲が多いですね」とコメントしました。



----------------------------------------------------
5月26日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月3日(月) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Cheer Up Station~route de paris~
放送日時:毎週日曜8:55~9:00
パーソナリティ:TOKYO FMアナウンサー
番組サイト:https://audee.jp/voice/show/83072

Facebook

ページトップへ