亜希が語る、息子たちとのお弁当を通じたコミュニケーション

今月のゲストは、モデルの亜希さん。今回は、先週話題に上がりました『お弁当』について掘り下げていきます。

お弁当が息子たちとのコミュニケーションに

3月15日に『亜希の「ふたが閉まるのか?」弁当』(オレンジページ)を出版する亜希さん。お弁当作りは、息子さんたちが幼稚園の時に始まり18年になります!

:お弁当生活になると子供って、好き嫌い出てきませんか?

亜希:お弁当だからこそ好き嫌いはさせないぞと思って(笑)

:逆に!

亜希:夕飯の方がピーマンやニンジンが残ってたりするんですけど(笑)弁当の残した瞬間に私の顔が変わるってわかってるから、お弁当に(息子たちの)嫌いなものを入れ始めて(笑)

:残してこないんですか!

亜希:絶対残さないです。長男が次男に『弁当は絶対残すもんじゃない』って教えてました。

近藤:お弁当で会話してるみたいな感じですね。

亜希:最初は一方通行かなと思ってやってたんですけど、意外とキャッチボールになっていたなって。振り返ってみると、このお弁当あったから、意外と今仲良く入れてんのかなっていう気もちょっとしてます(笑)

そんな亜希さん、料理を作る道具にもこだわりがあるそうで、、、?

亜希:もう色々挑戦したんですけど、最終的に道具っていうのは自分の手が一番だなって。最近忙しい時、包丁も使わないで、ちぎったり、フライとか混ぜるのも手で(笑)

:え?

近藤:油の中に手を入れるんですか!?

亜希:なんかもう、熱さをそんなに感じなくて、なんかトンカツ職人みたい(笑)

また亜希さんがお母さまから受け継いでいる料理術は『かさ増し』。これが、亜希さんの『蓋が閉まるのか弁当』にもつながっていると仰っていました。

横並びで話すという子育て、勝負飯は『アントニオえのき』!?

亜希さんの愛情と知恵が詰まったお弁当を食べてたくましく育つ息子さんたちとの、エピソードも伺いました。

:反抗期とか無かったですか?

亜希:無かったですね。私は2014年から俗にいうシングルマザーとして。私の母も一人親だったんですけど、自分も反抗期になる理由が無くて。こんなに頑張ってくれてる人に何を?100年早いよ!っていうぐらいで(笑)うちも今のところはないですね

:日頃ちゃんとコミュニケーションをとっているからですかね。

亜希:そうですね。昔は上から目線で子供たちに喋っていましたけど、ある程度年齢が上がると横並びでいいのかなって気づくんですよね。一人の人間として話すと会話も倍増えたなっていう経験をしたので。みんな同じ、生きている人間だから、一緒でいいのかなって、そんな思いの中、子育てしてましたかね。

また育ち盛りの息子さんたちに人気の勝負飯について伺いました。

亜希:本当に小さいときは『アントニオえのき』っていう(笑)

要・近藤:アントニオえのき??(笑)

亜希:えのきと牛肉をただ焼肉のタレで炒めただけだったんですけど(笑)小学校時代、妙にホームラン打ってたんですよ、だから「アントニオえのきのおかげだよ!」って言って(笑)

なんと長男がアメフト、次男がシニア野球をやっていた時代には、一度に8合ものお米を炊き、お肉もキロ単位で、冷凍庫にいっぱい入っていたそう!

亜希:やっぱ元気がないと料理ってできないなと思って。だから、自分も褒めたいし、食べた子供たちにも褒めたいしなんか今はそんな気持ちでいっぱいです。

水回りを綺麗にすると、色々な事がいいように回る

お弁当作りをされる亜希さんのお家は、キッチンがとても綺麗だそう、そこには亜希さンのキッチンに対する特別な思いがありました。

亜希:キッチンは綺麗だけど、他のところはもう。引き出しとかすごいです泥棒が入ったみたいな(笑)

:キッチンでよく料理してたら、キッチンが汚れそうですけどね。

亜希:キッチンだけはもう神聖な場所で。だから寝るときにシンクに水が落ちてるのも嫌なんですよ。そこだけは神経質なんです。でも、靴とかはひっくり返っちゃってる(笑)

:キッチンは特別な場所なんですね。

亜希:毎日、シンクの排水溝の中にまで手を入れています。なんか自分の中の験担ぎなんです。水回りを綺麗にすると、いろんなことがいいように回るんじゃないかなって。

近藤:よくお手洗い掃除するってありますけど、亜希さんはキッチンなんですね。

亜希:そうなんです。トイレはいいです、ぐちゃぐちゃで(笑)

亜希さんのおすすめ!3月レシピ

17時から放送されているこの番組は、夕飯の支度をしながら聞いている方もいらっしゃるかと思います。
そのため今回、3月におすすめのレシピを伺いました。

亜希:いま何が必要なのかなって思うと、やっぱり安くて、簡単にできて、野菜をいっぱい取れるのがこの春の醍醐味なのかなって。

:サラダ的なことですか?

亜希:サラダもそうなんですけど、芽キャベツ、キャベツ、新たまねぎとか。ああいうものを、ただオリーブオイルで焼いてとか。

:シンプルに!美味しそうだなあ。

亜希:もうあんまり、手のかかることは、やらなくなりましたね。

引き算されたシンプルな料理へ

3月15日に、オレンジページより『亜希のふたが閉まるのか?弁当~母ちゃんと息子2人、笑いと涙の18年の弁当記録~』が販売されます。亜希さんは料理をする際に、分量などを計らないタイプ!ですが今回本を制作するにあたって、出版社の方が亜希さんの手を見ることで、レシピに起こしました。

またこちらはレシピ本だけでなく、エッセイ的なものになっているそう!

亜希:4,5年前と比べると、料理がずいぶん引き算されているなって。もっとシンプルでいいっていう気持ちに変わっていて。そういうものも書いてあります。

:シンプルというのは?

亜希:インスタで始めた頃って綺麗に見せなきゃとか、彩とか気負っている所もあって。変にこだわっていましたね。でもシンプルでもしっかり食べられる術あるなとか。最近はもう2種類でもいいのかなとか。

近藤:真っ白なご飯の上に、ソースカツが乗ったお弁当とか、美味しそうでしたね。

亜希:今はもう、ドンと勝負ができるところに行きつきましたね。(笑)

そんなレシピがたくさん詰まった、亜希さんの著書『亜希のふたが閉まるのか?弁当~母ちゃんと息子2人、笑いと涙の18年の弁当記録~』詳しくは、亜希さんのオフィシャルサイト/SNSなどをご覧ください。

次回も亜希さんにお話を伺います!

要 潤のMagic Hour
放送局:TBSラジオ
放送日時:2024年3月9日 土曜日 17時00分~17時30分
公式X

※該当回の聴取期間は終了しました。

友達からのバンドの誘い、楽器歴が浅いけれど挑戦してみたい…SUPER BEAVERが10代リスナーの悩みに答える

SUPER BEAVERがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! ビーバーLOCKS!」。7月12日(金)の放送では、生徒(リスナー)と直接電話を繋ぎ、バンド活動に関する相談に答えました。


SUPER BEAVER(左から上杉研太、藤原広明、渋谷龍太、柳沢亮太)



<リスナーからのメッセージ>

4人に相談したいことがあります。私は今、中学生の頃から念願だった軽音楽部に所属し、ベースを担当しています。ある日、同じクラスの友達から「ベース担当がいないから掛け持ちでバンドをやらないか」と誘われました。

誘ってくれたことはとても嬉しかったし、やりたい気持ちもあるけれど、4月からベースを始めた私なんかが掛け持ちをしていいものなのかと思い、答えを出せずにいます。

返事はゆっくりで大丈夫だよと友達は言ってくれましたが、そのことを考えるとモヤモヤしてしまいます。4人からバンド掛け持ちへの背中を押してほしいです(15歳)

――柳沢「友達に誘われるのも才能の1つ」

渋谷:4月ってこのあいだだよ? すごいことだなと思っております! 電話しながら直接相談に乗りたいなと思います! もしもーし! ありがとうね!

リスナー:こちらこそありがとうございます!

渋谷:めちゃくちゃハキハキしているから、掛け持ちに誘われている理由がわかるよ! 中学生の頃からやりたかった軽音部に入ったんだ? 楽しい?

リスナー:はい! 先輩も優しくて、理想の軽音部って感じがしています!

上杉:最高じゃない! 何にも言うことないですね~!

渋谷:ベースはいつからやっているの?

リスナー:ちょうど2ヵ月前にやり始めました!

渋谷:入ってからベースを始めて、掛け持ちに誘われているのね?

リスナー:はい!

藤原:もしかして、天才なのか!?

上杉:元々メンバーがいないから「あなたがベースをやって!」的な感じですか?

リスナー:そんな感じです(笑)。

上杉:だいたいみんなギターとかボーカル、ドラムとかで、最初からベースを弾いている人は少ないよね。要は、人口が少ないから強制的に始めましたっていうベーシストが今も周りにいますから。あるあるですよね。

リスナー:そうですね(笑)。

渋谷:でも、よかった! バンドを組んだり、誰かと音を出すってすごく楽しいでしょ?

リスナー:本当にすごく楽しいです!

渋谷:その楽しいっていう気持ちが一番大事だと思うからね。なるべく長く継続して楽しんでほしいなって思うんだけど、お悩みとしては「かけ持ちを誘われたけど、やっていいのかな?」っていうことでしょう? 「私なんかが掛け持ちしてもいいのかな」と思っている、悩みの根幹の部分は歴が浅いからなのかな?

リスナー:はい。周りのみんなは楽器経験者の子が多くて、私だけ始めたばっかりなので、浮いちゃうんじゃないかなって不安があります。

渋谷:そういうことね! ちなみにだけど、リスナー的にはやりたい気持ちはあるのかな?

リスナー:やりたいです!

上杉:それでいいじゃない!

柳沢:やっちまえ!

藤原:やっちゃえよ!

柳沢:誘われている時点で一緒にバンドやりたいんでしょ?

渋谷:歴以外に悩んでいることがないんだったら、やっちゃえって俺ら的には思うんだけど?

リスナー:やりたいです!

渋谷:オッケー! 俺もバンドを始めたときなんて、上杉に誘われて、人前で歌ったことなんてないような状態で始めてさ。今、20年目だぜ?

リスナー:すごいです!

渋谷:延長線上にいるんだぜ?

柳沢:この電話の最初にぶーやん(渋谷)が誘われた理由がわかるって言ってたじゃん? 仲がよくて、友達に誘われるっていうことが、もうすでに1個の才能だと思うけどね。

渋谷:本当にそうだと思う!

――上杉「緊張しないコツはないです」

渋谷:せっかくの機会だから、上杉に聞いておきたいことはある? ベースだし、何かあったりする?

リスナー:ステージのことを考えると弾くときに手が震えてきちゃうんですけど、緊張しないコツってありますか?

上杉:緊張しないコツはないです! 我々4人だって各々今でも緊張しているし、緊張するっていうことに対して、最終的にどういうふうに向き合っていくかってことになるだけで。緊張しないように人が成長していくことってたぶんないんですよね。

思いっきり準備してステージに立ったら緊張して手が震えちゃったとしても、「思いっきりやるんだ」って気持ちで挑むことを積んでいくことしかないと思うんですよ。だから、 頑張って練習して本番になったら、ドーンとやっちゃえばいいと思いますよ! それで終わったときに、一皮も二皮も剥けていくと思うんだよね。

渋谷:一生緊張するんだって思ったら、別に普通のことじゃない?

上杉:そうそう! (緊張は)あるものと思ってね。

渋谷:緊張することが特別なことでも、恥ずかしいことでもまったくないから。絶対に緊張するもんだと思って取り組めば大丈夫よ!

リスナー:はい!

藤原:楽しんでやってね!

渋谷:じゃあ、結果的には掛け持ちする方向に気持ちは傾いたかな?

リスナー:はい! やります!

上杉:素晴らしいですね~!


----------------------------------------------------
7月12日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年7月20日(土)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ