見取り図『第59回 上方漫才大賞 奨励賞』受賞後の心境を語る

毎週水曜 24:00~25:00に放送中の『スタンド・バイ・見取り図』。

先週末に開催された、第59回 上方漫才大賞にて、見取り図が奨励賞を受賞しました!おめでとうございます!!

上方漫才大賞といえば、最も歴史のある漫才の賞レースであり、名だたる漫才師の皆さんがノミネート・受賞されてきた由緒ある大会です。吉本においては、M-1が始まる以前までは上方漫才大賞出場だけが “グリーン車確定” とされていたくらい、評価軸として重要視されていたとのこと。

権威ある賞レースで、この度見事入賞できた見取り図ですが、奨励賞受賞に至るまでは、様々な葛藤があったようです。

盛山「漫才もういいかなと思ってた。自信もなくしてた。」

見取り図にとっての上方漫才大賞は、長きにわたって挑戦し続けてきた(強いられてきたと言っても過言ではなさそうな)大会でした。結成10年以内で受賞できる新人賞は2回ノミネート、奨励賞においては5年連続5回ノミネートとなり、念願かなっての今回の受賞。(吉本主催は除いて)コンビにとって賞レース初戴冠となりました。

盛山: 正直、めちゃめちゃ嬉しかったよな

リリー: 嬉しかったよ、めちゃめちゃ。なんか生きた心地がしたよな、呼ばれた瞬間に

盛山: ほんとに最近まで「漫才もういいかな・・・」ぐらいに思ってたんですよ。もう賞も取ったことないし、コンプレックスやし。M-1の競技漫才も終わって、なかなかネタもできないじゃないですか
※)見取り図は2022年がM-1ラストイヤーでした

リリー: 簡単じゃないよな

盛山: なかなかしんどい。で、2桁ステージとかよくやってたんですよ僕ら。毎週末1日10ステージとか11ステージとかね

リリー: うんうん

盛山: で、もう2桁ステージは精神的に無理だって伝えたんですよ

リリー: 多くても7ステとかな

盛山: そしたら、きれ~いに、ギリギリの9ステージ入ってるんですけど(笑)

リリー: イタチごっこやな(笑)

盛山: ほんとに漫才がもういい、というよりは僕の中で自信もなくしてたというか、漫才がしんどいことだったんですけど、この奨励賞いただけたことで復活したね

リリー: そうやね

芸歴がつみかさなっていくごとに、いろいろなことが頭をよぎって増え続けるプレッシャー。普段の劇場出演時でも、出番前の舞台袖では緊張で足が震えていると語った盛山さん。多忙を極める中でも、自身のメンタルとの戦いながら、漫才と向き合ってきた日々でしたが、今回の受賞は相当精神的な励みになったようです。

盛山: 俺の傷ついてた漫才メンタルに、ベホイミくらいはかけてもらって、治癒できたかなと

リリー: 早めに大賞も取らんと、また・・・?

盛山: 大賞も早めに取らんと、また俺のHPがゼロに・・・

リリー: ちょ、ややこしいて(笑) めちゃくちゃ大変やん!大賞なんてムズいぞ~

盛山: ほんまにね、足の震えがバレないようにね、漫才中は左手で太もも付け根をずーっと抑えてたんですけど、これで半年~1年くらいは大丈夫です

リリー: (効力が)短えよ、奨励賞って人生で1回取るか取らんかよ?

盛山: ほんまにコンプレックスだったんです。大阪人やからってこともあるんかな、関西の賞レースもなんにも取ったことない。M-1もとってない。じゃあ何をするかというと “無冠の帝王” っていうのを自分で言い出すっていうね

リリー: 人が言うやつや

盛山: “無冠の帝王” って、人から言われるものなんですよ。でもそれを自分で言うっていう、ツラい立ち回りをするしかなかったんです

「今回奨励賞が取れなかったら漫才やめてた(!)」とまで語った盛山さん。この勢いのまま、ぜひ大賞までアグレッシブに狙っていただきたいですが、まずは漫才メンタルの治癒に専念していただきたいですね・・・

リリー、盛山とは別の負けられない戦いが、そこにはあった

無冠の漫才師であることにコンプレックスを感じ、極限状態だった盛山さんとは打って変わって、リリーさんには別の負けられない戦いがあったようです。

見取り図と同じく奨励賞にノミネートされていたコンビ、ヘンダーソンの子安さんは、周りの芸人がびっくりするくらいの激ヤバエピソードの宝庫とのこと。

この春から東京進出し、都内散策として自宅から遠い赤坂まではるばる自転車で訪れたそうで、オールスター感謝祭でもおなじみの “心臓破りの坂” を自転車で爆走してやろうと挑んだところ、警備員に止められて怒られたそうです。

リリー: それで『東京おかしいやろ!!』ってひとりで怒ってたんやけど

盛山: え、やっば・・・

リリー: やばいやろ!?それで「怖っ!」ってなって

盛山: あそこTBSの敷地ですよね?

リリー: で、子安に「気持ちはわかるけど、警備員が怒るってことは、ルール的にダメなんやろ」って諭したら、『いやちゃうやん、心臓破りやで?』って言ってて、意味わからんやん?

盛山: ほんまやな、完全に何かアカンもんやってるなぁ

一度思い込んだら暴走してしまいがちなヘンダーソン・子安さん。リリーさん以外からも説得されるも、何を言っても『いや、心臓破りやで?』と連呼し、周囲を戦慄させたということがあったそうです。

リリー: だから『奨励賞は、見取り図です』って呼ばれたときに、奨励賞が取れたことプラス、“子安に負けなかった” ってことでめっちゃ嬉しくて

盛山: (笑)

リリー: よっしゃー!!ってなって

盛山: こんな支離滅裂なやつに

リリー: そうそう、こんなヤバい奴に負けたら、それこそ引退やって思って

その他受賞の最中、リリーさんがステージ上で後方のノミネート陣を煽っていたところ、なぜか何の煽りもしていない盛山さんの首を子安さんが絞めてくるなど、エピソードは尽きないようでした。

結果、リリーさんにとっての静かなる戦いも無事に制することができ、見取り図にとっては大安泰な賞レースとなりました。改めて、本当におめでとうございます!

正式始動!リリーの尿酸値チャレンジ

先週ネタバレしつつも、ほんのり始動した『リリーの尿酸値チャレンジ』ですが、今週から正式始動することになりました!

TBS『ジョンソン』の企画で健康診断をしたところ、一般成人男性の平均尿酸値5.8を大きく上回る、8.5を叩き出したリリーさん。いつ通風を発症してもおかしくないこの不健康な状態を脱するべく、本放送回から3ヶ月の間で尿酸値を下げてもらいます。

尿酸値が7を超えると、通風や糖尿病に疾患する危険性があるということで、目標値は 6.9

3ヶ月後の測定結果に応じて下記のような罰ゲーム&ご褒美が用意されております。

  • 6.9を切れなかった場合 … 10万円分の番組グッズ制作費をリリーが自腹
  • 6.9以下で達成した場合 … 盛山と番組で5万円ずつ番組グッズ制作費を支払い

さらに、一般成人男性の平均尿酸値5.8を下回っていた場合、大ご褒美・盛山さんによる民間の竜宮城がTBSラジオのスタジオに開設されます!

リリーさんが大好きな、美味しい魚卵とお酒をしこたま用意したおもてなしはもちろん、鯛やヒラメのように盛山さんがコンテンポラリーダンスを舞い踊ります。さらにはコンパニオンさんにも来ていただき、大宴会会場と変貌したラジオブースから番組をお届けします。

リリーさんは通風を回避して健康体になれるのか!? 乞うご期待!

タグ

#135 パセリーズがマジメで義理堅いアゴが割れた男の話をした日曜地獄

オープンニングトーク

「サンドウィッチマン ザ・ラジオショー サタデー(ニッポン放送)」
にてサンドウィッチマン伊達さんが岡田師匠と一緒にゴルフに行ったエピソードを話してくれたということで大量のメールがおかしば宛てに着ておりました、ありがとうございます。
「LFパワー」恐るべし、初めて聞きます!という内容が複数書かれており、全員浮かれていて、終始掛かり気味でした、ヒヒーーーン🐴
甲斐ちゃんはいつもより跳ねる様に台本を読んでいるということで、しばんちゃんポリスによそいきモードだと捕まっておりました。

そんな状態で迎えたオープニングトーク、もちろん岡田師匠による「ゴルフに行った話」
メンバーはサンドウィッチマン伊達さん(伊達ちゃん)、次長課長河本さん(タンメン男)、そしてアンタッチャブル山崎さん(アゴ割れ男)です。
※()内は師匠の呼び方です。
とにかくいつものザキヤマさんのノリで大変な目に遭ったという話でトークは展開していきます、その辺りはサンドウィッチマンさんのラジオでもお聴きになれます。
岡田師匠の第一声も「おのれの相方のクレームや!」から入っており、しばんちゃんも「えっ、何かあるんすか?」とすでにザキヤマさんから話を聞いていたそうで、用意していたすっとぼけを披露。
3人に4000円のウナギをご馳走、更にキャディーさんへのお茶セットも知らない間に師匠のロッカーナンバー払いになっている始末。師匠のロッカーナンバー「280」がグリーン上で飛び交っていたようです。お会計の際には笑えない額を請求され、師匠の涙でコースに池が1個増えたとか。
ただ御社「おかしば」ではまさかまさかのザキヤマさんの良い話をしております。
岡田「散々アゴ割れ男のヒドい話をしましたが、ただ、ただ、営業妨害になるかもしれないが、実は2人目の子どもをどうしようか悩んでいる時があったのよ」
柴田「はい」
岡田「奥さんは欲しいって言ったけど、俺は年齢的な部分でどうしようかな~って思ったんよ」
柴田「はい」
岡田「かなり昔の話ね。子ども2人目どうしようかな~ってゴルフ帰りに車であの男にしたのよ。そしたらパッと表情変えて言ってくれたのよ」
柴田「はい」
岡田「そんなの岡田さん、最終的に決めるのは奥さんですよ。やっぱり大変のは女性なんだから女性が決めるもんですよ、ってポッと一言言いよんねん。それ言ってまたカァ~~っていびきかいて寝たんやけど」
柴田「あはははぁ~」
岡田「その言葉がずっと頭の片隅に実はあって、そこで決断したところが実はあんねん」
柴田「そうだったんですね」
岡田「あの無責任なテキトーな男ですが、実はすごい考えてるんですよ。逆に営業妨害してやりますよ。実は凄い子煩悩で義理堅く、メチャクチャいい奴なんです。あざ~~すとかやってますけど、アレは真っ赤なウソですから!」
思わぬ着地のエピソードトークでしたが、良い話が聞けて良かったです!
おかしばスタートです!

ゲスト「東ちづる」さん

実は師匠と多くの共通点があるという事が判明。
まずは出身大学が一緒です。
そして実は元松竹芸能所属、最近話題の「脱竹」の最初の第1号だったようです。
師匠曰く東ちづるの黒歴史だったそうで(ちづる姐さんは黒歴史ではないと言ってます)、ネタを作ってスタンダップコメディーなどをされていたそうです。
俳優さんのイメージがありますが、実はそこに辿り着くまでに番組リポーターや料理番組のアシスタントなど、以前からマルチな部分を発揮していたことが判明しました。
またクイズ番組に頻繁に出演していた時は、何をしていてもクイズのことを考えてしまっていた様で大変だったそうです。
ただ師匠がやっている「クイズ!脳ベルSHOW」はクイズではなく「とんち」だから気が楽みたいです。
鍛え上げられた二の腕も披露してくれています。

メッセージテーマ

今週のメッセージテーマは「子育て事件簿」です。
先週岡田師匠がお子さん誕生を発表したという事でこちらのテーマになりました。
沢山のメールが着ておりました、ただ・・・まず全員が浮足立っており中々メール読みに行かず、所さんの物まねで「ひどいですね~」を連呼、「一旦CMです」という懐かしいタモリさんの物まねを思いつきで発射、とにかくお馴染みのメールに中々行かない流れが発生してしまった事をこの場を借りてお詫びします。
さらにそこからしばんちゃん(審査員男)による「THE・SECONDの話」
全員を応援する気持ちで見てしまいM-1とは違った見方をしているとのこと。頑張れ!という気持ちが強すぎて一緒に見ていた奥様に「笑ってないじゃん」と言われてしまったそうです。
「THE・SECOND」トークは本番前から繰り広げられており、師匠もみんな上手いよなぁ~と感嘆の声を上げておりました。
※本番中に出た岡田師匠がマシンガンズさんが優勝したと本気で思っていた部分は記憶から根こそぎカットでお願い致します。またしばんちゃんが「マシンガンズ」を「ザ・マシンガンズ」と急にザが付いていますが、そんな事もあります。
気を取り直して、送って頂いたメールではテーマに沿った真っ直ぐなメールに戸惑うシーンがあったり、「家で料理をやっていないことが息子の家族ごっこ」で近所の人たちにバレてしまったメールを紹介しました。
するとしばんちゃんも家では台所に立たせてもらえないエピソードと共に奥様への変わった愛情表現を発表。
柴田「奥さんに、それまな板使わないでいいじゃんとか言われてる」
柴田「愛されたい」
柴田「奥さんに触りたい」
柴田「奥さんの匂いをかいで触りたい」
岡田「そういうむき出しの言葉いらんねん」

爆笑!おかしば大喜利

今週のお題は「助っ人外国人が3日で帰国、その理由とは?」
たくさんのメールありがとうございます。初めて見るリスナーさんの名前もあり、嬉しい限りです。チュンピニョーンになるとおかしばオリジナルTシャツを贈呈します。読まれないと嘆いている人、諦めないで!送らないと読まれません!とんちです!
そんな中でご紹介したいのが<ワンワンニャンニャン菊地夫妻>の回答です。
<ワンワンニャンニャン菊地奥様>
☆ドラマの予約をし忘れた
☆ペットに会いたくなってたまらなくなった
☆日本人を助けたくなくなった
☆日本の挨拶は「んちゃ!」だよ、と嘘を教えられた
☆ユニフォームのボタンが取れてしまったので、ママに縫い付けてもらうために一時帰国
<ワンワンニャンニャン菊地さん>
◎日本のガムが全然膨らまず、ガム風船が作れなかった
◎ヤクルトスワローズのオファーだと思ったら、ヤクルトレディーのオファーだった。
◎寮の部屋に3日連続、座敷童子が出た
◎ホームラン要員かと思ったら、バント要員で呼ばれてた
◎大袈裟にバッドフリップをやったら、監督の股間に当たり即解雇

来週のお題です。
『日本一セクシーなタクシードライバー、その特徴とは?』
回答例)シートベルトを締めないと、縄で縛られる。
回答例)車内でウトウトしていたら膝を貸してくれる

エンディング&きょうの業務連絡

エンディングトークでは「サンドウィッチマンのラジオショーリスナー」が送ってくれたメールを紹介しました。
文化放送も聞きます!というメールや岡田師匠がM-1王者だったことを初めて知ったという話もあり、そこからリスナーさんのラジオネームを羅列させてもらっています。知ってもらえるって嬉しいですね。
ただエンディングまで聞いてくれている人は1人もいないという哀しい話が飛び交い、来週からはサンドウィッチマンさんのリスナーさんの名前を1人呼ぶという謎の約束が交わされました、良かったらまた聴いてください!
来週メッセージテーマは「フリーーー」
久し振りのドフリーメールです。2人への質問や2人に教えたいこと、最近ハマっていること、どうでもいい話、「とりあえずメール!」の精神で過ごして下さい。

本番前は「THE・SECONDの話」と最近開設した「YouTubeの話」でした。
2人の局入りを撮ろうとカメラを回していて、2人が席について打ち合わせが終わったタイミングでカメラを止めたんです。
するとしばんちゃんの方からとにかく撮りまくれ!画角はこう!と的確な指示が。
こんなに協力的な演者さんっているのでしょうか。
有難い限りです、ただ2人ともYouTubeの見方は分からないそうです・・・。
SeeYou!

X:https://twitter.com/okashi_joqr
Podcast:https://podcastqr.joqr.co.jp/

Facebook

ページトップへ