さだまさし「忙しくても心が亡びない」理由

TOKAI RADIO『C.A.M.P.BASKET』(日17:00~19:00 DJ小島一宏)12月17日の放送に、今年デビュー50周年のさだまさし(71)がゲスト出演した。70歳を過ぎても引き続き精力的に活動し、ハードスケジュールで知られるさだ。今年の年末も、ディナーショー、NHK紅白歌合戦、両国国技館カウントダウンコンサート、引き続きNHK生放送番組が予定されている。

そんな多忙を極めるさだとDJ小島一宏との話は「休みは取れている?」から。さだは「今日は何もしなくていいという日が月に何日かはある。そういう日は寝ている。休みの前の日は、飲みながら、本を読んだり、ゲームやったり、時代劇チャンネルを見たりして遅くまで起きていて、翌日は昼過ぎまで寝て、起きたら、本読んだり、ゲームしたり、時代劇チャンネルを見たり、ボーっとしている」そうだ。

次の話題は「(そんなに働いても最近は)音楽家は儲からない?」。さだは「自分たちの頃は、まだ、印税生活はあり得た。レコードが売れたから。今はダウンロードといっても、大した金額にならないことが多い。ミュージシャンは、ライブがきちんとできる人しか残っていかないのでは。入場料に見合ったことができていれば、お客さんは、また次も来てくれるかも。だが、音楽家受難の時代」

今年デビュー50周年のさだに、改めて50周年について訊くと、さだは「長かった。最初は5年と見ていた。『精霊流し』が売れても、いずれブームは終わるし、それからどうやって生きていこうかなあと考えていた。とにかく自信なんてなかった。これで終わりだなあということを何回か経験した」という。

「それでも音楽から離れなかった理由」を訊かれると「コンサートにお客様が来てくださった。そこに、何か責任を感じて。自分では、何がよくて来てくださったのかわからない。ヒット曲だけやっていれば喜ぶお客さんと違う。おもしろいことだけ言えばいいというお客さんとも違う。今日のステージに来て『あ、儲けたな』と思ってもらえるかどうか」

また、長く続けるために必要な「健康管理」については「結構、いい加減なことを言いながらも、心のどこかで、ブレーキはかけるようにしている。でも、コンスタントに歌ってきていることが、健康の源かもしれない。心肺機能の維持になっているのでは」

続けて「最近、高校時代の同級生15,6人で、毎月ゴルフコンペをやっている。ゴルフの後に飲みながら、同級生たちから『さだも、そんなに働いていないで、もっとゆったりと、好きなことをやればいいんだよ』と言われて『好きなことって何だろう?』と、その晩、考えた」

「好きなことをやっているんですよ、きっと。歌を作り、歌い、ラジオでしゃべり、好きなこと、みんなやっている。だから『忙しい』という字が当てはまらない。忙しいという字は、心が亡びると書くが、亡びないんですよ、好きなことをやっていれば」

最後に「これからの10年」について訊かれると、さだは「アスリートで言えば、限界年齢を超えているので、1年1年が勝負。プロ野球選手の単年契約と同じ覚悟。来年、生きていたら51周年。また生きていたら52周年。1年ごとの単年勝負」と話していた。

C.A.M.P. BASKET
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週日曜 17時00分~19時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

中川大輔・八木莉可子・乃木坂46 清宮レイらが“オニ語”を絶叫し躍動! 『鴨川ホルモー、ワンスモア』公開ゲネプロレポート

ニッポン放送と劇団「ヨーロッパ企画」上田誠のタッグでお贈りするエンタメ舞台シリーズ第4弾『鴨川ホルモー、ワンスモア』が4月12日(金)東京・サンシャイン劇場にて開幕。

公演前に初日前会見と公開ゲネプロ(通し稽古)が行われた。

本作は、第 170 回直木賞を受賞した万城目学のデビュー作にしてベストセラーとなった小説「鴨川ホルモー」とその外伝的続編 「ホルモー六景」を、“ワンスモア”とタイトルを新たに、京都を代表する劇団「ヨーロッパ企画」上田誠が総勢 18 名の豪華キャストで舞台化する、青春群像喜劇だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

舞台の幕が開くとステージ中央には、京都・鴨川の土手(可動式)が。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

二浪の末京都大学へ入学した安倍(中川大輔)が、菅原(岩崎う大)ら怪しい先輩たちから誘われた新歓コンパで早良(八木莉可子)への一目惚れをきっかけに、謎のサークル「京大青竜会」へ入部するところから物語は始まる。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

京大青竜会は、千年も昔から脈々と「ホルモー」のサークル。ホルモーとは、“オニ語”を叫び、鬼や式神を使役して戦う謎の競技。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

当初はホルモーに懐疑的だった安倍たちも、いつの間にか好奇心に負け、訓練に夢中で取り組む、そして京大青竜会のライバルである京都産業大学玄武組、龍谷大学フェニックス、立命館大学白虎隊との激しいバトルが展開されていくというストーリーだ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

ゲネプロ前に行なわれた初日前記者会見にて、高村役の鳥越裕貴が「オニ語だけで会話できる」、楠木役の乃木坂46 清宮レイが「オニ語も身体に染み付いている」と語ったように、ステージの上下左右でキャストがオニ語を叫び、躍動し、縦横無尽に動き回るパワフルなバトルシーンは見応え抜群だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

さらに、安倍と早良との恋愛模様や、恋敵となる芦屋(佐藤寛太)の存在感、楠木をはじめ、男性ブランコが演じる三好兄弟や松永らサークルのメンバーたちとの関係性、そしてそれぞれに紐づくストーリーが、誰もが一度が味わったことがあるようないい意味での青臭さとともに表現されている。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

キャストのそれぞれが輝き、そして笑える瞬間が随所にある、まさに青春群像喜劇だった。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

初日前記者会見にて中川は「自分の黒歴史を乗り越えていくことが本作の主題のひとつになっている」と語った。「ホルモー」という奇想天外なトピックについ意識が向きがちだが、ストーリーの端々から醸し出されるのは、青さ、甘さ、酸っぱさ、どこか恥ずかしくなるようなほろ苦さ。まさにそれは誰しもが経験したあの青春の日々だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

観終わった頃には、きっとホルモーから離れるのが寂しくなってきているはずだ。

Facebook

ページトップへ