元ドラゴンズ山﨑武司氏「オープン戦とシーズン中とはピッチャーのここが違う」

TOKAI RADIO『Live Dragons!』(月18:00~19:00 火~金17:15~19:00 DJ平松伴康)水・木の『HOMERUN GARAGE』(ホームラン ガレージ)のコーナーでは、プロ野球通算403本のホームランを記録し、ドラゴンズなどで活躍したプロ野球解説者・山﨑武司氏が、野球人生での思い出ばなしなどを語っている。時には、趣味(クルマなど)の話も交えて、自身の大きな「GARAGE」に詰まった話を披露している。

3月中盤はどんな時期?

「ベテラン選手、レギュラーと言われている選手は、ここから全開の力で行くぞという気持ちが出てくる。相撲で言うと、はじめに若い力士が出てきて、そのあと大関、横綱が出てきて、役者が登場したなという感じ」

「若手はそうはいかないが、ベテラン・主力になれば、コーチと相談しながら、オープン戦で何回打席に立つか、どのぐらい試合に出るかということも決められる。要望を出せるようになる」

山﨑さんはどうだった?

「3月中盤までは2軍戦に出て、1軍に上がれる時期をコーチと相談していた。2軍戦で、しっかり動ける体を作ってから、1軍に行きたいと思っていた。2軍戦では、結果というより、真っすぐ・変化球に対応できてきたなという感触を確かめたりしていた」

「相手チームの、自分のように2軍で調整してくるベテラン投手と対戦するときは『ちょっと力を入れて振っていこうかな』とか、若手の球が速い投手だったら『振り負けないように、軽く本気モード出さなきゃ』とか、そういう強弱はつけていた」

1軍へ上がるのを確信するタイミングは?

「バットを振ってボールを捕まえる。自分の頭の中と打つときの反応とのラグが埋まったとき。キャンプ当初は、自分では打てると思っても、打ち損じてしまう。バットが出ていかない。ガーンと打ったら詰まったり。そのラグをどんどん埋めていく。埋まったときに『そろそろだな』となる」

打者と投手との駆け引きは?

「バッターとピッチャーとの駆け引きは、オープン戦ではあまりない。ベテラン同士だったら、あまりインコースには投げてこないということはある。まだコントロールの精度が上がっていないことと、そこまでガツガツやることもないということだろう」

「これがシーズンに入ったら、徹底的にインコースを攻められる。オープン戦とシーズンとでは、インコースのツッコみ方が全く違う。3月後半からは、だんだんシビアになってくる。そこで打てないと、まだまだ未熟ということになる。監督はそこを見ている」

Live Dragons!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 17時15分~19時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

魅惑の ”ヴェルベット・ヴォイス” 野田幹子の魅力をノンストップでお届け!『こだわりセットリスト・特別編』

"こだわり" 選曲をノンストップでお届けする『こだわりセットリスト・特別編』。5月23日(木)19:00~は『野田幹子特集』を放送します!

1987年デビューのシンガーソングライター・野田幹子。彼女の魅力は何といっても「ヴェルベット・ヴォイス」と称されるその優しく伸びやかな歌声。キャッチーで洗練されたサウンドと相まって、聴くものに「癒し」と「心地よさ」を与えてくれます。

今回、特集するにあたって改めてアルバムをじっくりと聴き直しましたが、その完成度の高さに驚かされたと同時に、時代・世代を越えた普遍的な魅力を感じることが出来ました。現在は歌以外にもソムリエ、文筆業など、マルチな活動を展開する彼女ですが、その類稀な才能を生かして、もう一度音楽シーンの第一線で活躍してほしいと願う今日この頃です。

今回は、アルバムナンバーを中心に、彼女の魅力満載のセットリストでお届けします。どうぞご期待ください!

※セットリストの詳細については番組HPでご確認ください。

Facebook

ページトップへ