元ドラゴンズ山﨑武司氏が語った「星野仙一監督との思い出」

TOKAI RADIO『Live Dragons!』(月18:00~19:00 火~金17:15~19:00 DJ平松伴康)水・木の『HOMERUN GARAGE』(ホームラン ガレージ)のコーナーでは、プロ野球通算403本のホームランを記録し、ドラゴンズなどで活躍したプロ野球解説者・山﨑武司氏が、野球人生での思い出ばなしなどを語っている。時には、趣味(クルマなど)の話も交えて、自身の大きな「GARAGE」に詰まった話を披露している。

3月20日(水)の放送では、山﨑氏が「星野仙一監督」との思い出を語った。

「(星野監督との付き合いは、1986年の)ドラフトで指名してもらったのが最初で、最後は(2011年に)楽天を退団するときだった。星野さんとは12年ぐらい(監督と選手として)やらせてもらった。第1次政権(1986年~)のときは、僕がまだレギュラーとしてやっていたわけではないが、それが、第2次政権(1995年~)になったときには、レギュラーとして主力でやらせてもらって、最後(楽天時代の2011年)は、選手としての晩年を、一緒にやらせてもらった」

「星野さんも、年を経るにしたがって、ずいぶんトーンが変わっていくのを感じたが、根本は最後まで貫き通したと思う。星野監督の野球観、チームを作る方針というのは、ドラゴンズでもタイガースでも楽天でも一緒だったと思う。今で言うと、強い宿題を与えるというか、今はこういう時代なので、確かに、今、(星野さんが)監督をやるとしたら、ちょっとむずかしいところがあるかもしれない」

星野監督の野球観 高校野球の延長?

「でも、僕たちがやっていた頃の、若いときの時代には、あのやり方に、ついていかなきゃいけない、乗り遅れちゃいけないという気持ちのほうが強かった。高校野球の延長かな、根本は。僕らの高校時代も根性論でやっていたし、星野監督もそういうところはすごく強かった。でも、それがあったからこそ、僕は27年間できたかな。星野さんとは、いろいろやらかしましたけど、トータルすれば、星野監督の、戦う姿勢というものは、ずっと持ち続けられたかなあ。そこに感謝している」

一番キツかったのはダイエット

「あと、僕はやっぱり、一番キツかったのはダイエット。第2次政権のときに、監督室に呼ばれて『2か月で20㎏やせろ』めちゃくちゃだと思ったけど、言われたときの真剣な顔。『俺はマジで言ってるからな。もしできなかったら、わかってるな。ユニホーム着させねえぞ』と言われた。でも、それを実行して、その年(1996年)ホームラン王だからね。だから、まんざらでもないなあと思って、それもひとつ、星野さんへの感謝」

「(1999年の)サヨナラ3ランも(思い出のひとつ)。あの年は開幕11連勝から始まって、春先から最後まで、ドラゴンズファンも我々も、優勝だと思ってずうっと突っ走っていた。その中でプレッシャーをかなりかけられていた。日本シリーズに出るのが、ひとつの大きな目標だった。あのホームランを決めたときに、これで優勝できるという喜び、日本シリーズに出られるという喜びを感じていたが(星野さんは)厳しい人だった」

「ちょっと来い!」と言われて怒られて

「楽天を退団したときには(星野さんとは)いい関係ではなかったが、星野さんが亡くなる3か月前に、やっと話ができた。今のバンテリンドームで、星野さんの殿堂入りの表彰式があった。試合前に練習を見ていたら、星野さんから『ちょっと来い』と言われて『おまえ、そろそろ、ユニホームを着なきゃいかんのじゃないか』と言われた。『どういうことですか?』と訊くと『だからお前はだめなんだよ!』と怒られた。『野球に恩返ししろよ』という意味のことを言われて『ああ、そうですか。ご縁がないもんですから、今はこんな状態でおりますけど』と答えたのが最後の会話だったかな」

「自分のやりたいこと、自分の考えをしっかりと受け止めてくれるのであれば(ユニホームを着ることを)考えたいとは思っているが、方針として勝つためにやりたい、ファンに喜んでもらえるためにやりたい、と思う。漠然と、どうぞと言われても、なかなかうんとはいえないかな、と自分では生意気なことを言ってるんですけど…」

Live Dragons!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 17時15分~19時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

乃木坂46賀喜遥香「『えへ、えへへへ』って笑っちゃって(笑)」山下美月の卒業コンサートで披露した「I see...」の“あおり”を反省!?

乃木坂46の賀喜遥香がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! 乃木坂LOCKS!」(毎週木曜23:08頃~)。5月16日(木)の放送は、リスナーから寄せられたメッセージを紹介するとともに、5月11日(土)に東京ドームで開催された「乃木坂46山下美月 卒業コンサート」DAY1を振り返りました。


乃木坂46の賀喜遥香



――リスナーが話したいこと
「遥香先生、美月さんの卒業コンサートおつかれさまでした! 私が特に印象に残ったのは、1日目に披露した『I see...』です。美月さんと2人でセンターに立つ遥香先生は、いつにも増して笑顔が本当にかわいかったですし、見ているこっちもずっと楽しくて“この時間が永遠に続けばいいのに”と思っていました。美月さんも遥香先生のいいところを見つけてくれたけれど、私たちも負けないくらい遥香先生のいいところをもっと見つけて、これからもずっと乃木坂46を応援していきます!」(24歳)

――「アドリブ対応中にまさかのハプニング!?」

賀喜:ありがとうございます! DAY1では「I see...」を(美月さんと)一緒にセンターで披露させていただきました! 「I see...」は先輩の卒業コンサートで披露することが多くて、そのたびに私が曲の間奏であおることが定番になってしまっています(笑)。

いつもは間違えちゃったらイヤだから文言をちゃんと決めるんですけど、今回は「美月さんと2人で(あおりを)やってください」って言われて。だけど、美月さんは1日目も2日目も、曲だったり、MCだったり、覚えることがいっぱいすぎて“そこまで覚えられないだろうな”って思っていたんです。

それで、美月さんと「『I see...』のあおりはどうしましょうか?」とお話をしたときに、美月さんから「賀喜に任せるし、2人であおるところは流れに任せてノリでやっちゃおう!」と言われたので、初めて文言を決めないでやってみたんですね、「東京ドーム声出せ~!」って。

そうしたら、美月さんが「かっきーも盛り上がっているか~!?」と言って、「おー! いけるぞー! 美月さんも一緒に盛り上がりましょう~!」って言った後に、私がめっちゃマイクに乗せて「えへ、えへへへ」って笑っちゃって(笑)。いつもだったら間奏でカッコよく「この後も盛り上がっていくぞ!」みたいに言いたいのに、「美月さんも一緒に盛り上がっていきましょう! えへ、えへへ、えへへへ……I see」って曲に入っちゃったことをすごく反省しました(笑)。

終わった後、マネージャーさんに「私の変な笑い声が入っちゃいましたよね」って聞いたら、「でも、それが卒コンっぽいし“賀喜は本当に美月さんのことが好きなんだな”っていうのが、あの一瞬で伝わってきたから、いいと思うよ!」と励ましてくれたので、結果的に良かったかなって(笑)。若干の後悔はあるんですけど、楽しかったですね! もし見返す機会があったら、私の気持ち悪い笑い声も聴いてみてください(笑)!

----------------------------------------------------
5月16日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年5月24日(金)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ