お笑いコンビ・流れ星のちゅうえい、ビートたけしの「あんちゃん、誰だい?」にガックリ

『流れ星のながらじお!』(毎週土曜日23:00~23:30)、11月16日の放送は、ビートたけしにまつわる話からスタート。流れ星は、過去に『THE MANZAI』の「たけし賞」を2年連続で受賞した実績がある。しかし、その後、たけしが出演するテレビ番組に呼ばれることもなく、本人たちが期待したほど、チャンスは巡ってこなかったようだが、ちゅうえいは、何度か指名を受けて、舞台に立つ機会を得ていたらしい。そして、久しぶりに、たけしの指名で、たけしが主催する浅草でのライブに出演することが決まった。

ライブ開催日の1週間ほど前、ちゅうえいがテレビ局の玄関にいると、玄関前に白の高級車が停まっていて、付き人のゾマホンの姿が目に入った。「たけしさんが出てくる」と思ったちゅうえいは、ライブに呼んでもらったお礼を言おうと、たけしを待ち受けた。そして、出てきたたけしに「たけしさん、お久しぶりです。流れ星のちゅうえいです。今度のライブよろしくお願いします」と挨拶した。すると、たけしは「あんちゃん、誰だい?」と答えた。ちゅうえいは「全然覚えてもらってなかった」とガックリ。

それから1週間後のライブで、流れ星は1番手で出演。事前にスタッフから「たけしさんはまだ到着していない」と聞かされており、たけしがいないことを前提に「たけしさんにネタを見てほしかった」などと言っていたが、舞台袖に引っ込んだ時、そこには、椅子に座って舞台を見ているたけしの姿があった。ちゅういえは「見てくれたんだ」と驚き、感動と気まずさが入り混じった気持ちになったらしい。

その時のちゅうえいは、たけしにお礼のあいさつをするのが精いっぱいだったようだが、付き人のゾマホンには、気軽に話しかけた。というのも、ちゅうえいは、以前、何度がゾマホンに会ったことがあり、そのたびに、ゾマホンのほうから、笑顔で肩を叩いたりしながら気さくに接してきたからだ。

自分とゾマホンとは「そういう距離感だ」と思っていたちゅうえいは「ゾマホン、お疲れ」と、肩を叩きながら声をかけた。すると、ゾマホンは「お前、何なんだよ」と答えた。どうやら、ゾマホンは、過去にちゅうえいにどう接していたか、すっかり忘れていたらしい。いや、会ったことすら忘れていたのかもしれない。そこでちゅうえいは「お前こそ、たけしさんの何なんだよ」と言い返した。人と人との距離感は、片方の一方的な思い込みである場合が多いようだ。

流れ星のながらじお!
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週土曜 23時00分~23時30分

※該当回の聴取期間は終了しました。

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ