小松亮太「アコーディオンとバンドネオンの生の音色を、是非、聴き比べてほしい」

東海ラジオ『源石和輝!抽斗!』(月~金15:00~17:00)8月9日(火)の放送に、バンドネオン奏者の小松亮太がゲスト出演した。小松は1973年東京出身。高校時代から才能を発揮し、CDデビューは1998年。以来、アルバムは20枚以上、ニューヨークやブエノスアイレスで公演を行うなど、着実に実績を積み重ねてきた。現在は、洗足学園音楽大学客員教授も務めている。

バンドネオンという楽器について、小松は「ボタンが、低い音を出す左手側に33個。高い音を出す右手側に38個。合わせて71個ある。ボタンの並びに規則性は、あってないようなもので、ドレミファソラシドも弾きにくく、それが致命的」とのこと。

そして「この楽器は、ドイツの田舎の方で、音楽教育を受けていない人が、ボタンの形とかで、簡単な曲だったら覚えられるようにと作られたみたい。それがアルゼンチンに輸入されて、タンゴの世界で技術を磨いて、アルゼンチンの楽器みたいになっているが、もともとはドイツのもの」と説明した。

スタジオでは、ピアソラの曲などを生演奏した小松、名古屋でのコンサートは、8月28日、三井住友海上しらかわホールで午後3時から行われる。「小松亮太プレミアライブツアー2022~蛇腹楽器奏者の祭典~」出演は小松のほか、ボタン式アコーディオンの桑山哲也、鍵盤式アコーディオンの佐藤芳明、そして、ゲストはフラメンコギターの沖仁が予定されている。

小松は「形は、アコーディオンは縦長、バンドネオンは正方形。今回は、音色の違いをよくわかっていただける曲を用意している。形は似ているけれど、こんなに(音は)違うんだということがわかっていただけると思う」と話した。

先日の東京・浅草公演のときには「アコーディオンとバンドネオンとが響き合って、周波数がものすごいことになっちゃって、パイプオルガンみたいになっていた。是非(アコーディーンとバンドネオンの)生の音を聴き比べてほしい」とアピールしていた。

源石和輝!抽斗!
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 15時00分~17時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

Sexy Zone松島聡「カッコ良すぎて鳥肌が…」平井大が書き下ろした新曲「Trust Me, Trust You.」を語る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FMの番組「坂本美雨のディアフレンズ」(毎週月曜~木曜11:00~11:30)。9月7日(水)の放送ゲストは、Sexy Zoneの松島聡さんです。ここでは、9月7日(水)にリリースした通算22枚目のニューシングル「Trust Me, Trust You.」について語りました。


◆“ちょっと大人”でクールな新曲

坂本:Sexy Zoneのニューシングルが9月7日(水)にリリースされました。

松島:タイトルは「Trust Me, Trust You.」です。

坂本:ちょっと大人っぽい曲ですよね。

松島:そうですね。今回は(シンガーソングライターの)平井大さんに楽曲提供していただきました。平井さんといえばサーフロック、ハワイアン、カントリーなどを打ち出しているイメージがありますが、今回はクールなダンスナンバーです。カッコよく仕上がっています。

坂本:Sexy Zoneさん側から「こんなふうにしたい」とお伝えしたんですか?

松島:今回はドラマのタイアップ(メンバーの菊池風磨さん出演テレビドラマ「トモダチゲームR4」(テレビ朝日系)主題歌)をいただいていて、作品の雰囲気に合わせて、いろいろ考えてくださったと思います。

坂本:平井さんにこういう(ダンスナンバーも手がける)一面があったんだとびっくりしました。

松島:デモテープの平井さんの声がカッコよすぎて鳥肌が立ちました。普段の平井さんとは違うけど、平井さんのエッセンスはたくさん含まれています。歌詞、言葉の紡ぎ方が平井さんらしくて素敵だなと思いました。



Sexy Zone 初のドームツアー「セクシーゾーン ドームツアー2022 ザ・ハイライト」東京公演は 12月16日(金)、17日(土)に東京ドーム、 大阪公演は12月24日(土)、25日(日)に京セラドーム大阪で開催されます。詳細は公式サイトをご確認ください。

来週のゲストは、9月26日(月)LE VELVETS 佐藤隆紀さん、27日(火)ホフディラン 小宮山雄飛さん、28日(水)渡辺貞夫さん、29日(木)満島ひかりさんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ