神野三枝『Paradise』のオープニングトークは必聴!

東海ラジオ『Paradise』(月~金9:00~11:00)は「あなたの人生がパラダイスに!」なるように、様々な情報を持ち寄って、ホッと一息つける時間を演出する番組。DJは神野三枝。4月6日のオープニングトークは「倍々のすごさ」の話。

「季節の変わり目、何かと物入りの方も多いと思いますが、今は、不要なものを売って効率よくお金を作るという考え方が普通になってきたことで、自分のものを売ることに昔のような後ろめたさみたいなものはなくなりましたよね。むしろ、無駄のない上手な暮らし方と感心される時代になりました」

「モバイルマーケティングの MMD 研究所が全国の20歳から69歳の男女6,593人を対象に行った『あなたは物を売ったことがありますか』というアンケートの結果『売ったことがある』と回答した人は65.4%だったことが分かりました。もう半数以上の方ですよね 」

「その中で私がすごく注目したのが『2020年以降フリマサービスアプリの利用が増えた』と回答した人がとても多かったということなんですね。つまり、緊急事態宣言以降、 外出できない自宅にいる時間を利用して、これまでできなかった家の大掃除をして、いらないものがわんさか出てきて『よし、これを売ってお金にしよう』と考えた人が続出したというわけですね」

「いらないものを売って欲しかったものを買い替える。家は片付くし余計なお金は使わずに物欲を満たすことができて、これは一石二鳥ですもんね。うまくいけば、自分にとって不必要なものでも他人にとってはお宝というケースもありますもんね。ですから、どんどん大物に化けていくという方もいたんじゃないでしょうか。これもインターネット時代だからこそなせる業なんですが」

「ではここで問題を出します。以前アメリカ・カリフォルニア州に住む女性が、ネット上でヘアピン1本から物々交換を始めて、1年半後にヘアピンからは想像もつかないものを手に入れたことがありました。それはいったいなんでしょう? ヘアピン1本ですよ。3択で行きましょう。一番、ヘアピン からパソコンになった。2番、車になった。3番、一軒家になった。さあどれでしょう。正解はなんと3番の一軒家です」

「ヘアピン1本から始まって物々交換を28回 繰り返したそうですよ。それで一軒家が手に入ったのだそうです。えっ!どういうこと? って思いますよね。最初のヘアピンが100円だったとします。100円のヘアピンを200円のボールペンに変えて、200円のボールペンを400円のテニスボールに変えて、400円が800円、800円が1,600円と、倍の値段のものに変えていったとしたら、28回後にはいくらのものに変わっていると思いますか」

「実は、100円を28回倍々にしていくと、たった28回なのに268億円になるんですよね。えらい金額ですよね。途中何度か足踏みしたとしても、28回で一軒家に化けるというのもなくなくはない話。すごいですね。嬉しいことが倍々に膨らむのは、夢のような話ですけど、手を出したがために、倍々で大損するということも世の中にはありますので、うまい話には乗らないように、堅実に生きていきましょうね 」という教訓も含んだオープニングトークだった。

Paradise
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 9時00分~11時00分
出演者:神野三枝
公式Twitter

番組ツイッターは「#パラダイス929」

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

タレント業と農作業を両立 加藤紀子が目指す姿は「生産者の頑張りを伝える“真ん中の人”」

日曜日の昼下がり、静かな通りに佇む一軒の店「your time」に集うお客様たち。カウンター越しには、それぞれの個性あふれる物語が聞こえてきます。パーソナリティのチャンカワイがお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ヱビスビール presents Color Your Time」。

2月4日(日)、2月11日(日・祝)放送回のゲストは、タレント業と並行して自身の畑で農作業に打ち込む加藤紀子さん。自分時間「my time」にまつわる物語をひも解いていきます。

(左から)パーソナリティのチャンカワイ、加藤紀子さん


◆ロケの仕事で意識していること 

チャンカワイ:電波に乗せて話すのは初めてなんですけども、相方と事務所で紀子さんのVTRを観たんです。ロケの進め方とかコメントの落とし方を勉強していたんですよ。好きという気持ちを濃く伝えることで、相手も幸せになるんですよね。

加藤:ロケは完全にそうですね。話を伺っている方がいかにリラックスするか、そして、どうすれば趣旨に沿ったお言葉をもらうようにするかを意識しています。

チャンカワイ:すごい。

加藤:どこに国に行ってもどこの県に行ってもそう。

チャンカワイ:そうですよね。「共有力」って言うんですかね?

加藤:なんだろうね? もちろん「全面に紀子!」と思っていた時代があったかもしれないけれど、それだと何も伝わらないっていうことに気がついたんだと思う。とにかく「楽しい」ことしかない現場にしようと思っていて、たとえば微妙な空気だったとしても「自分がこう思えばいいのか」と考え方を変えたりします。

チャンカワイ:なるほど!

加藤:(なぜかと言うと)本当に単純な話で、仕事が終わって家に帰ったとき、1杯目のおいしいビールが飲みたいの(笑)。

チャンカワイ:(笑)。仕事のときにピリオドを打つんじゃなくて、その先を(考える)。

加藤:そうそう。

(左から)加藤紀子さん、パーソナリティのチャンカワイ


◆「好き」の背景を知ることは大切 

チャンカワイ:いろいろなお料理、畑、なんなら作っている生産者と向き合うこと。それが自分の力になっているのでしょうか?

加藤:はい。今までなにも知らないでおいしいとか言っていたし、どう作られているのかっていう背景に一切気付いていなかった。だけど、好きの背景を知ったことで、その作り手の人たちに寄り添うことができるから、より味わって食べられるようになった。どういう大変な思いで作っているのか、ちょっと汲み取れるようになってきて。

チャンカワイ:(農作業を)やっているからわかることですね。

加藤:きっと、かける言葉も変わってきたと思う。ありがとうの重さというか、強さも変わってきているはず。

チャンカワイ:たしかに。

加藤:でも、まだ足りない。生産者さんにも会って、私がその頑張りをお伝えする“真ん中の人”になりたいと思うし、野菜の本を書きたいなとも思います。

チャンカワイ:今の「好き」をもっとブラッシュアップしながら、みんなのスピーカーになりたいという思いがあるんですね。

加藤:まさにそうです。

この続きはポッドキャストでどうぞ!

<番組概要>
番組名:「ヱビスビール presents Color Your Time」
放送日時:日曜 14:55~15:00
パーソナリティ:チャンカワイ

Facebook

ページトップへ