竹原ピストル 初ライブアルバムは57曲入りの大ボリュームだが、本人は「極めて自然体」

TOKAI RADIO『OH! MY CHANNEL!』(月~金13:00~16:00 DJ大前りょうすけ)8月24日(木)の放送に、歌手の竹原ピストルがゲスト出演した。9月14日には、初ライブアルバム『One for the show』をリリース。また、役者としても活動する竹原は、8月19日から上映されている映画『SABAKAN』に出演している。

番組DJの大前りょうすけは、竹原の大ファンで、これまでも何度かライブに出かけているとのこと。ファンとしての思いを伝えた後、トークは、ずいぶん前に竹原がダウンタウンの番組に出演したときの話に。大前も見ていたその番組で、竹原は極度に緊張していたというが、そこをダウンタウンのふたりが優しく対応してくれてうれしかったことを話した。

さらにその後、竹原は、松本人志監督の映画『さや侍』に出演し、主題歌も担当した。テレビ出演や映画への起用について、ダウンタウへの深い感謝の気持ちを話した。また、現在公開中の映画『SABAKAN』についてのトークでは、この映画の金沢智樹監督が、大前が東京時代に大変お世話になった恩人であることから、ここでも竹原と大前の話はかなり盛り上がった。

続いて音楽の話、竹原は9月13日に初のライブアルバムをリリースする。タイトルは『One for the show』。大前から「どんなアルバム?」と訊かれると、竹原は「去年、今年と、全国を2周する長いツアーをやった。その様子をずっと録音して、その中から『これ、いいんじゃないか』というのを集めたアルバム。しかし、ボリュームがすごくて、57曲(CD3枚組)。初めてのライブアルバムで、執着というか『1も2もなくライブだけだろう』みたいなところは言いたかった」と答えた。

次に「アルバムに込めた思い」を訊かれると「やっぱり、正直に言うと、オリジナルアルバムを出すときって『みんな聴いてくれ』ってガツガツするんだけど、今回のアルバムに関しては『やってきたことを、ただそのまま入れただけなんで、力みがないというか『ぼくがやってきたのは、このようなことです。よかったら聴いて』みたいは感じ。いちばん自然体というか、そのままなのかなと思っている』続けた。

OH! MY CHANNEL!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:2023年8月24日 木曜日 13時00分~14時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

「ノーバン始球式」はもはやネタ化? クリックされやすい見出しの傾向を探る

2月28日「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)、特集コーナーのテーマは「ノーバン始球式」。アクセス数を優先してつける、いわゆる「釣り見出し」として有名なこの言葉を中心に、ニュースにおける見出しについて考えた。なお今回は永井玲衣に代わり、コミュニケーションプランナーの松浦シゲキが出演している。

西川あやの「2000年代に『ノーバン』見出しを使っていたのはスポニチ1社のみで、多くて年1件だったんですって。ただ2010年代に入るとネット利用者の増加と相まって、いろんな会社が参入して、数を増やしました。日刊スポーツの記者さんがおっしゃるには、紙面では5年ほど前から『やめよう』と規制が入っている、と。ただサンスポさんの2023年11月16日の記事では“那須川天心、ノーバン始球式”……いかがでしょう?」

石戸諭「ノーバン始球式、誰が生み出したかは不明ですけど、完全に誤認させるためにやっていますからね(笑)」

西川「那須川天心選手だったら、ノーバウンドだったんだな、届いてよかった、と思うんですよ。グラビアアイドルの方や壇蜜さんとかだと『え、え、え?』となっちゃう」

石戸「『え、え、え?』となるために編み出した方法なんですよ」

松浦シゲキ「(番組内で)さっき『買わせたら、その時点で勝利』という話をしたじゃないですか。記事もクリックさせてページ開かせたらそこに広告が載っているから、ある意味、それで勝利といえば勝利」

石戸「ノーバンは、インターネットメディアにおいても、僕がいた時代は『さすがにやめようぜ』という話になっていた。ダサいじゃん、って」

松浦「2010年代ってまさに石戸さんがネット(のメディア)に入ってきて、僕もハフポストの編集長をやっていた。2010年代の初めに各社、いろんな見出しや何やらを研究した。ただ開いて広告は出るけど、それで何になるんだっけ、みたいな。ユーザー満足がないんですよ。読み間違えているだけなので」

石戸「単純に下心を釣りだしただけなので、まさに釣り見出しなんです(笑)。ただノーバンは、ここまでくるとネタ化している。普通、那須川天心さんには使わないですよ」

西川「それで開いても『騙された~!』とはならない」

石戸「定番になりすぎたために、もはや誰もツッコまない、というところまでいった珍しいパターン」

西川「あと最近ネットニュースでよく使われる定型化された見出し。【画像あり】【動画あり】とか、見ちゃうんですよね。あと“○○の5つの方法”、“○○のトップ3”、“○○のまとめ”……。それから“○○の理由とは?”」

松浦「疑問文ですね」

石戸「業界では疑問形メソッドというんです。各社いろんな呼び方があるんですけど、PV(アクセス数)をとるためには疑問形にするのがいちばん強いということにみんな気づいたんです」

松浦「5W1Hってあるじゃないですか。Whyを隠す、Whoを隠すとか」

石戸「あと単純に強い言葉を使う、というのもあって。『最強の』『正しい』『仕事ができる人』みたいなパワーワードを使いなさい、というのもよくあった」

西川「疑問形メソッドを掘り下げると、私も最近、気になってクリックした見出しが疑問形だったな、と。“「かに道楽」の看板のカニは何ガニ? 脚の動きも違いがある「動くかにの看板」の秘密”……まさにお二人が言った、疑問形、何々の秘密、暴く、みたいなものがピッタリ入っているわけです」

石戸「典型的なそれですよ」

Facebook

ページトップへ