LUNA SEA 新アルバムを携えての全国ツアーは「懐かしいようで新しい!」

TOKAI RADIO『OH! MY CHANNEL!』(月~金13:00~16:00 DJ大前りょうすけ)10月26日(木)の放送に、LUNA SEAのSUGIZOとINORANがゲスト出演した。LUNA SEAは来年2024年に35周年を迎える。来月11月29日には、セルフカバーアルバム『MOTHER』と『STYLE』をリリース。この2大アルバムのツアーを再現する全国デュアルアリーナツアーがスタートしている。

まず、大前りょうすけが「来年35周年とはビックリ。もう、そんなに経つんだ。振り返ってみてどう?」と尋ねると、SUGIZOは「あっという間であり、でも、気がついたら、遠くまで来たなあという感じ。いつも言うことだが、これだけ(長く)やっていると、メンバーみんなが元気でいてくれることが一番」と答え、INORANも「本当にそう。オリジナルメンバーでできていることもそうだし、未だに結成当時の音楽のガチャガチャの話し合いができることとか、いいなあと思う」と続けた。

次に大前が「結成当時と変わらない?」と訊くと、SUGIZOが「変わらないところもあるし、変わったところもある。集まったら、みんな結局ロック小僧になるし、高校のときと変わらない部分もたくさんある。一方で、あれから30年以上過ぎて、お互いの生活もあるし、生き方も、たぶん変わってきているし、なんだけど、5人集まったら、高校のときに戻るみたいな、そんな感じ」と答え、INORANは「結成当時の同じ釜の飯を食ってた感があるんじゃないかな。そこは変わらない。その味は覚えているということなんじゃないかな」と加えた。

11月29日には、セルフカバーアルバム『MOTHER』と『STYLE』がリリースされる。そして、この2大アルバムのツアーを再現する全国デュアルアリーナツアーがスタートしている。INORANは「ツアーに出るときには、このアルバムがほしかった」SUGIZOは「当時の感覚を、今の自分たちのスキルや経験値で、もう1度、そのまま構築したかった。懐かしいようで、全然違う、新しいものになっているという自負はある」

さらに「当時からのファンにとっては、時空を超えてという感じになるだろうが、よく聞こえてくる声が、当時、ルナシーが好きだったけれど、まだ自分が子供で小さくて、ライブに行けなかった。そういうみなさんが、今、30代40代になって、あのときの夢が叶ったという声も、実は、聞こえてきている。それはすごく感慨深い」とSUGIZOは話した。

『LUNA SEA DUAL ARENA TOUA 2023』名古屋では、12月16日(土)17日(日)日本ガイシホールで開催。大前から「再現度」について訊かれると「ツアーのセットリストとかは結構(再現度は)高いが、楽曲の内容、アレンジとか、楽曲の顔つきというのは、今のものになっていて、3分の1ぐらいは、かなり新しい、今のアレンジが加わっている。今の僕らの演奏や旬が、結構注入されているので、また、全然違った印象を受ける楽曲も少なくない」とのことだ。

OH! MY CHANNEL!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~15時00分
公式X

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

村尾信尚「トランプ氏とハリス氏で対立構図が生まれつつある」

バイデン大統領が次の大統領選から撤退したことにより、民主党の候補はハリス副大統領に決まる見込み。723「くにまる食堂(文化放送)」、関西学院大学教授の村尾信尚共和党・トランプ氏と民主党・ハリス氏になるであろう米大統領選について解説してもらった。

村尾「トランプさんは白人男性ですけれども、ハリスさんはアジア系で黒人系でもあります」 

邦丸「お父さんがジャマイカ、お母さんがインド系」 

村尾「人種的にも違うし、女性ということで明確な対立構図が生まれつつあると思います。私もキャスター時代にアメリカ大統領選挙を何回か取材したことがあるんですけれども、一つ印象に残ったのはアメリカ内部の人口構成がどんどん変わってきているということ。アメリカには白人、ヒスパニック系、黒人、アジア系と多くの方が住んでいらっしゃいますが、NHKのデータをみると2014年には白人の人口構成は100人のうち62人、ヒスパニック系の方々が17人、黒人が12人。それが2060年になると、白人が半分を切って43%と過半数割れしちゃうんですね。一方でヒスパニック系が28%までいくんです。黒人は13%くらいになる。つまり白人の皆さんは危機感を感じている。これまでマジョリティーは我々だったのに、これからどんどん少なくなっていく。その中でトップをどうするのか切実になっているんじゃないか、アメリカで色々な方にインタビューして、そういうことが端々から感じられました。トランプさんと、トランプさんとコンビを組む副大統領候補のバンスさんも白人の方。ハリスさんが副大統領候補に誰を選ぶかわかりませんが、人種間での対立とまでは言えないまでも、違いについて今回どういう判断をアメリカがするのか注目です」 

Facebook

ページトップへ