『ゴジラ-1.0』山崎貴監督 念願叶ったら「喪失感?」

TOKAI RADIO『C.A.M.P.BASKET』(日17:00~19:00 DJ小島一宏)11月12日の放送に、上映中の映画『ゴジラ-1.0』の監督 脚本 VFXの山崎貴がゲスト出演した。山崎と聞き手の小島とは20年来の付き合いで、気心の知れた間柄。新作『ゴジラ-1.0』について話が弾んだ。

物語の着想はどこから?

「ゴジラに、昭和に行ってもらいたくて、それも、戦争のちょっと後にしたかった。戦後の何もないところにゴジラが現れたら、人間が知恵と工夫で頑張るしかない。それはおもしろいなと思って決めた」

あの戦争を引きずる人たちとゴジラを絡めたかった?

「その時代でやるんだったら、やっぱり負け犬(Loser)で始めたかった。戦争で活躍できなかったというか、逃げちゃった人がいいだろうと」

キャスティングは山崎組オールキャストといってもいいぐらいだが

「もちろん、シナリオを書いたときに、キャラクターを設定していく。誰にやってもらおうかというときに、ゴジラと対峙する人は、今まで仕事をしたことがある人で、よくわかっている人を入れたいなというのはあった。そうじゃないと計算が立たないんで。でも、初めての人もいるし、あのときのあの人をここに入れるとおもしろいねということで作っていった」

主役夫婦は「朝ドラコンビ」と同じだが

「(神木隆之介と浜辺美波の起用は)偶然です。僕らのほうが(NHK朝ドラより)先です。全然知らなくて、ある日「朝ドラ決まったんですよ」こっちも「朝ドラ決まったんですよ」「まさか夫婦役じゃないよね?」「夫婦です」といった感じで。映画が撮影に入った頃だった」

「しかたないですよ。止めるわけにもいかないし。『らんまん』ロスが出るぐらいいいドラマにしてねと、結構プレッシャーはかけた。『らんまん』からお客さんをこっちに引っ張ってきてと。ドラマはおもしろかったし、ガッツリ見ていた。最終回なんか正座して見ていた」

神木と浜辺はどんなよさを買っての起用?

「神木君は上手ですよね。あと、昭和顔だと僕は思っている。昭和っぽい顔立ちをしている。いろんな感情を出していかないといけないので、それを的確に表現できる人がいいなあと思った。(浜辺は)目力の方向が往年の東宝大女優みたいな。あの(昭和の)世界に入ってピタッとハマる」

VFXのクオリティの高さに打ちのめされた

「ゴジラが『近い』ということがすごく怖いこと。これもデジタルだからできること。着ぐるみだと、寄れば寄るほど粗が見えてきてしまう。デジタルでいいよねと思うことをどれだけ入れ込めるかは大事なことじゃないかな。シチュエーションも近くに寄れるように設定した」

ゴジラはなぜこんなに長く愛され続けているのか?

「何だろう。子供はみんなゴジラが好き。出てきたときにワクワクする。それが大人になっても、僕らみたいに、忘れられない。長いこと楽しめるコンテンツ。世代を超えて楽しめるコンテンツなのでは。特に、時々出てくる怖いゴジラは大人が見る感じ」

「戦争がゴジラという形をしてやってきた。歩いてくる核兵器というイメージ。それは、戦争の正体を知りたいように、怖いものの正体を知りたいという気持ちで、ずっと、みんな見ているんじゃないかな」

山﨑は、実は、ゴジラを「子供の頃から追いかけてきて、いつか(ゴジラ映画を)撮りたいと思っていた」という。そして、念願が叶ってみたら、祭りの後のような「すごい喪失感」があったとのこと。そして「今回の作品は完結はしているが、いい物語が浮かべば、また撮ってみたい」と意欲を見せ、それを「やりかねない」という言葉で表現した。

山崎と小島との話は、尽きることがなく「続きは来月12月」の番組内で放送することが決まっている。

C.A.M.P. BASKET
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週日曜 17時00分~19時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

EV市場に変調……アクセルをふかしはじめた日本勢への影響は?

政策アナリストの石川和男が5月19日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送Podcast番組「石川和男のポリシーリテラシー」に出演。米EV(電気自動車)大手テスラが、減収減益や人員削減に追い込まれるなど変調をきたすEV市場について専門家と議論。今後の日本がとるべきEV政策やメーカーの戦略について提言した。

※画像はイメージです

米EV大手テスラは4月15日、世界で従業員の10%以上を削減すると発表。同社の今年1-3月期の決算は、前年同期に比べ4年ぶりの減収減益となったほか、EVの販売台数も9%減となった。一方、安値攻勢をかける中国メーカーBYDの今年1-3月期決算は、純利益が前年同期に比べ11%増、販売台数は13%増となったものの、伸び率は減少した。

この現状について、ゲスト出演した自動車業界に詳しい経済ジャーナリスト井上久男氏は「中国では今、景気低迷を背景にした価格競争からEVの値引き販売が起きている。今年3月に中国のスマホ大手シャオミが出したEVが、かなり評判がよく、まさに走るスマホ。テスラより安い価格で市場投入してきており、中国のEV大手BYDが“シャオミ潰し”に動くなど、中国勢同士で競争が起きていて第二のEV競争が始まっている。テスラはそれに巻き込まれている」と解説した。

日本勢について井上氏は「まだ商品をほとんど出せていない。値引き競争したくてもできない。それが不幸中の幸いで、値引き競争に巻き込まれずに済んでいる」と指摘。あわせて「EVが新しいもの好きな人たちの間である程度一巡して、いわゆるキャズムのような状態になっている。充電環境の悪さや、補助金がないと高くて買えないなどの理由から、再び世界でHV(ハイブリッド車)が売れ始めている」と明かした。

一時はEVに関して出遅れが指摘された日本メーカーだが、井上氏によると「テスラやBYDが引っ張ってきた、この4年くらいのスピードが早すぎた」とのこと。井上氏が取材した大手国内自動車メーカーの経営陣は「(EVが)想定内の普及スピードに戻ってきた」と話したという。

井上氏は「中国では“賢い車”、車のスマート化が加速している。日本メーカーは中国勢に比べると、まだスマート化に関するノウハウは少ない」とも述べ、トヨタと中国SNS大手テンセント、日産と中国ウェブ検索大手バイドゥが提携したように、車のスマート化技術の強化が重要だと指摘した。

そのうえで、今後日本メーカーが世界のEV市場で勝てる価格について聞かれた井上氏は「市場によって違うと思うが、アメリカであれば補助金なしで400万円くらい(1ドル150円程度を想定)のEVを出せば売れると思う」と述べる一方、「日本国内では150万円くらいだと思う。国内は軽自動車が中心のマーケットになっていて、可処分所得も伸びず、高齢者も増えるなかで国民の足となっている。地方に行けば一人一台。ガソリンスタンドも減少する中、軽自動車のEVでもう少し安いものが出れば爆発的に売れると思う」との見通しを示した。

最後に石川は「(今のEV価格競争を)日本が傍観者として見ているのは、実はいいこと。日本メーカーは、競争を見極めたうえで売っていくことができる。最終的に日本メーカーが大事にしなければならないのは価格戦略。いいものが売れるのではなく、売れるものがいいもの。メーカーが価格戦略を立てられるよう、国も支援策をふんだんに出して、国策として日本のEVメーカーを育てていくべきだ」と持論を述べた。

Facebook

ページトップへ