【イベントレポート】9ジラジ×Perfume×9nine が一夜限りのスペシャルコラボ!

2017年12月6日(水)HBGホール(広島市)にて、「HFM35th ANNIVERSARY 広島FM MEET the RADIO SHOW Perfume×9nineの9ジラジNIGHT powered by ℃℃℃」が行われました。

長いタイトルなので、まずは説明から。12月5日に、広島FM(以下HFM)が開局35周年を迎えました。それを記念して、同局の人気番組『大窪シゲキの9ジラジ』(月曜日~木曜日20時~22時)が、広島出身のPerfume、Perfumeの「あ~ちゃん」こと西脇綾香さんの実妹・西脇彩華さんが所属する9nine(ナイン)をゲストにイベントを行った、というわけです。

ついでに説明すると、『9ジラジ』は2000年4月に始まった中高生向けプログラム。2007年から、「オオクボックス」こと大窪シゲキさんがパーソナリティとなっています。HFMの放送エリア内にある学校の子と電話をつなぐコーナーをレギュラーで設けるなど、地元の中高生から熱い支持を受けている番組です。

開演前から会場で番組オンエア!?

前置きが長くなりました。イベントのレポートに移りましょう。イベントの開演は19時。しかし、18時を少し過ぎた時点で、番組パーソナリティのオオクボックスが登場し、舞台脇に設置されたDJテーブルへ。会場限定の「ラジオ番組」が始まりました。

と、ここでまた補足説明を。同番組ではADをしながらアシスタントを務める「ADJ」というシステムを採用しています。現在は月曜日を「やまモン」こと山本将輝さん、火曜日を「ぴかりん」こと小竹彩花さん、水曜日を「えもっちゃん」こと江本一真さんが担当。その3人が会場のホール内、ロビー、出演者控え室前からレポートをし、オオクボックスが絡みつつPerfumeと9nineの曲をかけます。もう本番前から会場のテンションは上がりっぱなしです。

 

Ph01
舞台脇のDJテーブルにそろったしゃべり手陣。左からADJの江本一真さん、山本将輝さん、番組パーソナリティの大窪シゲキさん、ADJの小竹彩花さん。

 

オオクボックスがド派手に再登場

開演が近づく18時40分頃、やまモンとえもっちゃんが「会場を出なければいけない」とのこと。なぜならこの日は水曜日。『9ジラジ』の生放送もあります。2人はHFMのスタジオでしゃべらなければならないのです。「最後にひと言」と振られたやまモン。「生放送もやっていますので、帰り際にラジコのタイムフリーで聴いてください」。うれしい言葉です。

2人が去ると、オオクボックスもDJテーブルを後に。何やら本番の登場の準備があるとか。1人残ったぴかりんが諸注意などをしていると、オオクボックスの準備が整ったとの合図が。ぴかりんの呼び込みに応じ、オオクボックスが再登場。しかも神輿に乗って! 瀬戸内高校チアリーディング部が華を添え、神輿を担ぐのは番組リスナー。スポットライトを浴びるオオクボックス。さすがに本人も「調子乗ってんちゃうか?」と思ったそうです。

 

Ph02
瀬戸内高校チアリーディング部が先導し、神輿に乗ったオオクボックスが登場。この日はオオクボックスの両親も大阪から駆け付けていたという。

 

 

満面の笑みのオオクボックス。10年の積み重ねが報われた瞬間といえるのでは?
満面の笑みのオオクボックス。10年の積み重ねが報われた瞬間といえるのでは?

 

ラジオを愛する人たちのイベント開幕!

そんなこんなでオオクボックスがステージ上へ。いよいよイベントがスタートしました。十分温まっている会場をさらに一体にするトークをし、9nineにバトンタッチ。9nineによる30分のライブの間も、客席は大興奮状態です。

続いてはPerfumeによる40分のライブ。盛り上がりのほどは、言及するまでもないでしょう。そのまま9nineもステージに上がり、Perfume×9nineのコラボライブへ移行。会場には番組が招待した(事前抽選)200人の中高生リスナーを含め、多くの中高生がいましたが、皆、夢の世界にいるような、キラキラした目でステージを観ていたのが印象的でした。

さらにさらにオオクボックス、Perfume、9nineによるトーク、HFMのスタジオと中継をつなぐ、広島東洋カープからロサンゼルス・ドジャースへと移籍した前田健太投手からのメッセージを紹介するなど、ラジオの醍醐味を凝縮した内容で進行。最後に、後日放送する特番で使用するタイトルコールを、来場者と一緒に収録して終了となりました。

※ライブの模様は、12月28日(木)21時~22時にHFMでオンエア

 

この日の主役を張ったオオクボックス。今回のイベント成功は、彼の人柄によるところが大きい
この日の主役を張ったオオクボックス。今回のイベント成功は、彼の人柄によるところが大きい。

 

 

最後はキャノン砲で締め。打ち出された銀のテープには今回の出演者の似顔絵が描かれており、来場者に1人1本ずつプレゼントされた
最後はキャノン砲で締め。打ち出された銀のテープには今回の出演者の似顔絵が描かれており、来場者に1人1本ずつプレゼントされた。

 

 

HBGホールを埋め尽くした来場者に、最後のお礼をするオオクボックス。温かくて優しく、そして楽しい幸せな空間だった
広島文化学園HBGホールを埋め尽くした来場者に、最後のお礼をするオオクボックス。温かくて優しく、そして楽しい幸せな空間だった。

 

ライブの模様はラジコプレミアムで!

今回のイベントの責任者であり、広島FM事業広報部長の屋形英貴さんは、「ラジオの特性である『一緒に作り上げる』ことをしたかった」と語ってくれました。また「今、『若い子たちに元気がない』とか『ネットの社会だけに逃げている』といいますけど、それは大人が決めつけているだけなのではないでしょうか。本当はもっと純粋だし、喜ぶ力とか楽しむ力とか、感受性は若い子の方があると思うんですよね。それを今回、すごく感じました。今回のイベントを通じて、中高生たちの力を結集できるような企画ができるのではないか、やらなければいけないな、と感じました」とも。

オオクボックスも、「ラジオをやっていて良かったなという気持ちと、お客さんも出演者もラジオのことを愛してくれているのが感じられてうれしかったですね。これを機にラジオや音楽を好きになってほしいです」という言葉とともに、「ラジオって、DJってカッコイイんだなと思ってもらえたらうれしいですね。ラジオだからこそできることがあると証明したかったのですが、ちょっと近づけたかな」とのコメントをくれました。

「お楽しみはこれからだ」
『9ジラジ』及びラジオの将来について、そう思わせてくれるイベントでした。
(写真提供/広島FM)

番組概要

■番組名『HFM35th ANNIVERSARY 広島FM MEET the RADIO SHOW Perfume×9nineの9ジラジNIGHT』
■放送局:広島FM
■放送日時:2017年12月28日(木)21時~22時(『大窪シゲキの9ジラジ』20時~内)

出演者プロフィール

大窪シゲキ

1979年、大阪府出身。
2004年に1年間、『9ジラジ』のAD兼アシスタントを経験。
2007年から同番組のパーソナリティとなる。
愛称は「オオクボックス」。
HFMでは、『シネマ☆ボックス』(土曜日21時~21時半)も担当。
2015年からは「広島県消費者トラブル防止DJ大使」にも任命されている。

取材者プロフィール

jigazo

豊田拓臣
1979年、埼玉県生まれ。
中学生からラジオを聴き始め、ずっと聴き続けていたら、ラジオ番組の紹介記事やしゃべり手のインタビューをして原稿を書くことが仕事になったフリー編集者/ライター。

自称・ラジオ解説者。
著書に『ラジオのすごい人たち~今こそ聴きたい34人のパーソナリティ』(2012年、アスペクト)がある。
一般社団法人日本放送作家協会会員。
特定非営利活動法人放送批評懇談会正会員。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『ラジコプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ