AM、FM人気パーソナリティが再び集結! 『第3回ラジオナイトサミット』レポート【前編】

2019年8月24日(土)に静岡のSBSラジオでラジオについて議論する『第3回ラジオナイトサミット』が、3時間に渡って放送されました。初回、2回目の開催につづき、今回も放送の一部始終を前編・後編に分けてご紹介します。

後半はこちら

『ラジオナイトサミット』とは?

“サミット”の名の通り、局の垣根を越えた各地の人気パーソナリティーや、ラジオ周辺で活動しているゲストが集結し、ラジオについて語りました。

出演者は、SBSラジオ『テキトーナイト!!』の鬼頭里枝さん、ニッポン放送『ミューコミプラス』の吉田尚記アナウンサー、MBCラジオ『岩﨑弘志のてゲてゲハイスクール』『#てゲてゲハウス』の岩﨑弘志アナウンサー、FM802『Poppin'FLAG!!!』のDJ、板東さえかさん、AIR-G’(FM 北海道)『IMAREAL』『LEVANGA STATION』の森本優アナウンサー、全国のラジオに関するインタビュー取材や執筆をしているコラムニスト・やきそばかおるさんです。

左奥から時計回りに、岩﨑アナ、鬼頭さん、やきそばさん、吉田アナ、板東さん、森本アナ

選曲はどうしてる?

一つめのテーマは選曲。AMと比べると、FMはオンエアする曲の数が多いのが特徴です。FM802の板東さんは1時間でおよそ9曲をかけるそうです。単純計算すると、3時間番組の『Poppin'FLAG!!!』では27曲を用意することになります。AIR-G’の森本さんもほぼ同じペースで曲をかけています。

岩﨑アナ:かける曲の量が多いですが、曲がかぶってきませんか?

板東さん:それはないですね。かけたい曲が多いんです。レコードも好きで、以前担当していた番組ではレコードもかけていました。

森本アナ:『IMAREAL』は10〜20代がぐっとくるような邦楽を選んでいます。歌詞も自分が喋っていることも言葉同士なので、番組では音楽ではなくて“言葉”として届けている感覚になる時もあるほどです。

岩﨑アナ:曲紹介はどのようにしていますか?

板東さん:実は音楽を中心に考えているので「この曲はイントロを聴かせてこそ…」という時は、イントロにのらないこともあります。

森本アナ:放送前に使おうと思っていたイントロでも、使うのをやめることもありますよ。曲をかける前に紹介したメッセージや、僕が話した内容によって聴こえ方が変わってくるので、曲をかける直前でディレクターに「次の曲は曲紹介をやめます」と伝えたり、その逆のパターンもあります。

リスナーからは「オンエアされる曲が各地のラジオ局の番組で似ていることがあるので、もっとさまざまな曲をかけてほしい」という意見が届きました。

板東さん:なるべくさまざまな曲をかける…ということは考えていますね。ただ、同じ曲であっても、パーソナリティが添える言葉の内容で印象が変わってくるので、いろいろな景色を描いていただくのが私たちの仕事だと思っています。だから、無理に避けることもしていません。

アーティストとの距離感の話では、板東さんや森本さんと同世代のアーティストも多いため、影響を受けた音楽が似ていることなどもあり、心を通わせやすいという話になりました。

森本アナ:同世代というだけで、一歩中に入れるということはあります。アーティストも全国のさまざまな番組に出演しているので、「次も森本くんの番組に出たい」と言ってもらうためにどうすればいいのかを考えています。他の番組と同じ質問もしたくないし。

板東さん:「同じ質問をしたくない」という気持ち、すごく分かります!

鬼頭さん:この前、ばんちゃんの番組にchelmicoが出演した時も、すごく分かりあってた! 歌詞についても細かいところまで迫っていて、アーティストも嬉しいだろうなと思いました。

初登場の板東さえかさん(FM802)。ライブにも頻繁に足を運んでいます。レコードも大好き。「本日の洋服は静岡茶の色に合わせました…と言いたいところですが、あと付けです(笑)」。

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月6日(月)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに、「新型コロナウイルス・感染事例の“見える化”」について話を伺いました。


※写真はイメージです


厚生労働省は4月2日(木)に、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の分布を示すマップ「全国クラスターマップ」の最新版を更新。3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。

このようななか、新型コロナウイルスの感染者が出た場所を“見える化”するアプリも登場。報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。

鈴村:こちらの反応はいかがですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。リリース後、金曜~土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。“想像以上に反響が大きいな……”という印象です。ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。

鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。

鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか?

米重:まずは「行動抑制」ですね。むやみに動き回るのを止めてもらいたい。そして「風評被害やデマの問題」です。“根拠のない噂”による風評被害が非常に増えていますので、それらを公式情報でしっかりと打ち消していきたいという思いもあります。

鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。(本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。

そうなると、この際、“誰がやるか”は、関係ないなと思いました。こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。

「NewsDigest」アプリダウンロード用URL
▶▶iPhone版はコチラ
▶▶Android版はコチラ

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ