明石家さんま、佐久間宣行のスペシャル番組を放送! 2020年2月のスペシャルウィーク【平日編】

2月17日(月)から1週間、関東エリアのラジオ局でスペシャルウィークが開催されます。

明石家さんまさんがパーソナリティを務めるニッポン放送『明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト「七転抜刀!~演技しました!されました!~」』や、豪華ゲストが毎日出演する文化放送『なな→きゅう』など、注目番組をピックアップしました!

文化放送

『なな→きゅう』

『なな→きゅう』には、毎日ゲストが登場! おなじみの武田鉄矢さん、モッツァレラボディで人気上昇中のタレント " いのあや " こと井口綾子さん、東京03・飯塚悟志さん、よゐこ・有野晋哉さんが、パンサー・尾形貴弘さんとのトークをお届けします。

メールが採用された方全員に、各曜日のステッカーと上田まりえさん&鈴木あきえさんのスペシャルステッカーをプレゼントします。

そしてダンスロックバンド・DISH//のメンバーが毎日コメントで登場。2月26日(水)リリースのアルバム「CIRCLE」から日替わりで楽曲もオンエアします。最終日21(金)には、メンバー全員でアルバムの魅力について話すのでお聴き逃しなく!

なな→きゅう
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~金曜 7時00分~9時00分
出演者:上田まりえ、鈴木あきえ
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#ななきゅう」

※放送情報は変更となる場合があります。

『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』

文化放送『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!』には、レギュラーコメンテーターに加え、元内閣総理大臣・鳩山由紀夫さんや国際ジャーナリスト・小西克哉さん、元自民党副総裁・山崎拓さん、国際政治学者・三浦瑠麗さん、作家・山本一力さんらがスペシャルコメンテーターとして登場します。

番組恒例の被災地応援プレゼント企画も実施。岩手県産の日本酒や宮城県産の笹かまぼこなど、番組に参加しておいしいものをゲットしましょう!

斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~金曜 15時30分~17時50分
出演者:斉藤一美
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#サキドリちゃん #joqr」

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほかスペシャルウィークの詳細はこちら

ニッポン放送

『明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト!「七転抜刀!〜演技しました!されました!〜」』

明石家さんまさんと増山さやかさんのコンビが久々に登場!。今回のテーマは、普通の日常生活の中での「演技しました!されました!」。今回もリスナーが電話で登場し、ミラクルなエピソードを披露します! 明石家さんまさんが語る本当の演技の話や、舞台「七転抜刀!戸塚宿」の話もお届けします。

電話出演したリスナーには、「番組特製!さんちゃんの七転八倒 開運ダルマ」をプレゼント!

明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト「七転抜刀!~演技しました!されました!~」
放送局:ニッポン放送
放送日時:2020年2月17日 月曜日 18時00分~21時50分
出演者:明石家さんま、増山さやか(ニッポン放送アナウンサー)

※放送情報は変更となる場合があります。

『佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント』

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』のパーソナリティを務めるテレビ東京プロデューサー・佐久間宣行さんが、18日(火)から21日(金)の4夜連続で今気になるエンタメ、お笑い、バラエティなどについて語ります。

極楽とんぼ、秋元康さん、東京03・飯塚悟志さん、東野幸治さん、オードリー・春日俊彰さんら佐久間P自らがブッキングした大物ゲストが続々登場するので、お楽しみに!

佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント
放送局:ニッポン放送
放送日時:2020年2月18日 火曜日 20時00分~20時50分

twitterハッシュタグは「#東京ドリエン」

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほかスペシャルウィークの詳細はこちら

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月6日(月)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに、「新型コロナウイルス・感染事例の“見える化”」について話を伺いました。


※写真はイメージです


厚生労働省は4月2日(木)に、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の分布を示すマップ「全国クラスターマップ」の最新版を更新。3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。

このようななか、新型コロナウイルスの感染者が出た場所を“見える化”するアプリも登場。報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。

鈴村:こちらの反応はいかがですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。リリース後、金曜~土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。“想像以上に反響が大きいな……”という印象です。ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。

鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。

鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか?

米重:まずは「行動抑制」ですね。むやみに動き回るのを止めてもらいたい。そして「風評被害やデマの問題」です。“根拠のない噂”による風評被害が非常に増えていますので、それらを公式情報でしっかりと打ち消していきたいという思いもあります。

鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。(本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。

そうなると、この際、“誰がやるか”は、関係ないなと思いました。こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。

「NewsDigest」アプリダウンロード用URL
▶▶iPhone版はコチラ
▶▶Android版はコチラ

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ