明石家さんま、佐久間宣行のスペシャル番組を放送! 2020年2月のスペシャルウィーク【平日編】

2月17日(月)から1週間、関東エリアのラジオ局でスペシャルウィークが開催されます。

明石家さんまさんがパーソナリティを務めるニッポン放送『明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト「七転抜刀!~演技しました!されました!~」』や、豪華ゲストが毎日出演する文化放送『なな→きゅう』など、注目番組をピックアップしました!

文化放送

『なな→きゅう』

『なな→きゅう』には、毎日ゲストが登場! おなじみの武田鉄矢さん、モッツァレラボディで人気上昇中のタレント " いのあや " こと井口綾子さん、東京03・飯塚悟志さん、よゐこ・有野晋哉さんが、パンサー・尾形貴弘さんとのトークをお届けします。

メールが採用された方全員に、各曜日のステッカーと上田まりえさん&鈴木あきえさんのスペシャルステッカーをプレゼントします。

そしてダンスロックバンド・DISH//のメンバーが毎日コメントで登場。2月26日(水)リリースのアルバム「CIRCLE」から日替わりで楽曲もオンエアします。最終日21(金)には、メンバー全員でアルバムの魅力について話すのでお聴き逃しなく!

なな→きゅう
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~金曜 7時00分~9時00分
出演者:上田まりえ、鈴木あきえ
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#ななきゅう」

※放送情報は変更となる場合があります。

『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』

文化放送『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!』には、レギュラーコメンテーターに加え、元内閣総理大臣・鳩山由紀夫さんや国際ジャーナリスト・小西克哉さん、元自民党副総裁・山崎拓さん、国際政治学者・三浦瑠麗さん、作家・山本一力さんらがスペシャルコメンテーターとして登場します。

番組恒例の被災地応援プレゼント企画も実施。岩手県産の日本酒や宮城県産の笹かまぼこなど、番組に参加しておいしいものをゲットしましょう!

斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~金曜 15時30分~17時50分
出演者:斉藤一美
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#サキドリちゃん #joqr」

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほかスペシャルウィークの詳細はこちら

ニッポン放送

『明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト!「七転抜刀!〜演技しました!されました!〜」』

明石家さんまさんと増山さやかさんのコンビが久々に登場!。今回のテーマは、普通の日常生活の中での「演技しました!されました!」。今回もリスナーが電話で登場し、ミラクルなエピソードを披露します! 明石家さんまさんが語る本当の演技の話や、舞台「七転抜刀!戸塚宿」の話もお届けします。

電話出演したリスナーには、「番組特製!さんちゃんの七転八倒 開運ダルマ」をプレゼント!

明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト「七転抜刀!~演技しました!されました!~」
放送局:ニッポン放送
放送日時:2020年2月17日 月曜日 18時00分~21時50分
出演者:明石家さんま、増山さやか(ニッポン放送アナウンサー)

※放送情報は変更となる場合があります。

『佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント』

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』のパーソナリティを務めるテレビ東京プロデューサー・佐久間宣行さんが、18日(火)から21日(金)の4夜連続で今気になるエンタメ、お笑い、バラエティなどについて語ります。

極楽とんぼ、秋元康さん、東京03・飯塚悟志さん、東野幸治さん、オードリー・春日俊彰さんら佐久間P自らがブッキングした大物ゲストが続々登場するので、お楽しみに!

佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント
放送局:ニッポン放送
放送日時:2020年2月18日 火曜日 20時00分~20時50分

twitterハッシュタグは「#東京ドリエン」

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほかスペシャルウィークの詳細はこちら

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ