【水樹奈々編】声優がパーソナリティを務めるラジオ番組

声優のみならず、女優、歌手と幅広く活躍する水樹奈々さん。特に歌手として、日本武道館などのコンサート会場はもちろん、大型ドーム・スタジアム等でもライブを行うほか、紅白歌合戦へも出場するなど、声優アーティスト界のトップランナーとして走り続けています。

今回は、水樹さんがパーソナリティを務めるラジオ番組をご紹介します。

文化放送『水樹奈々 スマイルギャング』

2002年から放送が続く人気番組。アシスタントは水樹さんと同じ事務所の福圓美里さんが担当しています。

番組内では水樹さんが「ヘッド」、福圓さんが「副ヘッド」という愛称で呼ばれ、タイトルコールでは「シャッス!」、放送終了時には「お疲れっした!」などの特徴的な掛け声が使われています。

二人による何気ない話題と息の合った掛け合いが魅力です!

水樹奈々 スマイルギャング
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 23時30分~24時00分
出演者:水樹奈々、福圓美里
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#smile_gang」

※放送情報は変更となる場合があります。

TOKYO FM『水樹奈々のMの世界』

『スマイルギャング』同様、10年以上続く人気番組です。

水樹さんセレクトのおすすめな楽曲が聴けるほか、趣向を凝らしたコーナーも充実しており、しばしば水樹さんとプライベートで交流のあるゲストも登場。番組を通して水樹さんのパーソナルな部分をより知ることができます。

水樹奈々のMの世界
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜 21時00分~21時30分
出演者:水樹奈々
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#nana_m」

※放送情報は変更となる場合があります。

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ