江口拓也、細谷佳正の印象を語る!「水のナイフみたいな人」

江口拓也さんがパーソナリティを務める、文化放送『江口拓也のラストオーダー』。8月16日(日)はゲストに細谷佳正さんを迎え、お互いの印象や細谷さんの思い出話などで盛り上がりました。(文化放送『江口拓也のラストオーダー』8月16日(日)放送分)

江口拓也が髪を緑にした理由は?

江口拓也さんが声優仲間と2人でゆったり語り合う『江口拓也のラストオーダー』。8月16日(土)と23日(土)のゲストは、細谷佳正さんです。最近、気分を変えるために髪を緑色に染めたという江口さんが、緑を選んだ理由について語りました。

江口:緑の髪は、ちょっと世の中が欝々としてるなみたいな。

細谷:世の中が欝々としている?

江口:そういうものに影響されてないと思いながらも、確実に目には見えない影響力はあるじゃないですか。

細谷:確かに環境に影響されますから。

江口:そうなんですよ。だから、それを吹き飛ばしたいと。「吹き飛ばすエネルギーって、どんな色なんだろう」って思った時に、明るい色だ。髪の毛を明るくすれば、気分が明るくなるだろう。

細谷:確かにそこまでは分かります。

江口:今まで一度もやった事のなかった緑にしよう。

細谷:緑って、明るいんですか……?

江口:(笑)。いや、いろいろパターンがあると思いますよ。だから深い緑とかだと、たぶん落ち着きとかそっちの方になるんですよ。ちょっと(緑が)明るいんですよね。明るい緑だとやっぱり、傍から見てても「うわ、ハッピー!」って。「あの人、ハッピー!」ってなるかなあって。

細谷:でも、今日のイメージは、ヒース・レジャーのジョーカー(映画「ダークナイト」)ですか? 全然、ハッピーじゃないものの象徴じゃないですか。

江口:逆にジョーカーってハッピーじゃないですか。そういう感じも含めて、やっぱりエンターテインメントっぽいなあっと思って。

細谷:なるほど。なんかちょっと影を背負ったハッピーなところが、僕は江口さんっぽいなと思いました。

江口:"影を背負ったハッピー"って何ですか(笑)。

江口拓也、細谷佳正の印象を語る

オープニングで細谷さんを「水のナイフ」と例えた江口さんが、細谷さんの印象について語りました。

江口:水のナイフって、自然の力で何か知らないけど、そこら辺にあるコップの水とかを、急に手の中でナイフの形にして、「グサッ」ってなって。でも、刺した後は水になって、また消えるみたいな。

細谷:凶器が見つからない。

江口:完全犯罪。

細谷:なるほど(笑)。

江口:「いつでも切れるぜ」みたいな。でも、水って体にとって重要な存在じゃないですか。で、自然だし、平和なんだけど「いつでもこれ、ナイフにできるんですよね」って(笑)。

細谷:確かに(笑)。そういうところあるんですよねえ。

江口:なんか自然派になってるなあっていう印象はすごくあるんですよね。ナチュラルというか、突き詰めた結果、何だろう? 仙人みたいな。

細谷:みんなに言われるんですよ(笑)。「出家するのか」って。

細谷佳正の忘れられない"思ひ出酒"

番組後半では、細谷さんの「忘れられない1杯」をテーマに盛り上がりました。細谷さんは調布のバーに通っていた頃、ウェディングプランナーの女性と仲良くなり、ある日の帰り道で告白をしたそうですが……。

細谷:向こうは自転車を押していて、僕は歩いていて。そこで「好きなんだけど」と言ったんですよ。そしたらすごくニコッとしてくれて、「ありがとう」って言ってくれたんですよ。僕は「あ、うん」って言って(笑)。

江口:あれ? おかしいな。今、YESもNOも言ってないぞ。

細谷:そのまま「今日は言えたな」と思って、僕は帰ったんですよ(笑)。

後日、女性の返事に疑問を感じた細谷さんは、"東京のお父さん"として慕っていたバーの常連客・ジョージさんに相談をしたそうです。

細谷:「ジョージさん、こういう事があって。(好きだと)言ったら、「ありがとう」って言われたんだけど、あれどうなの?」って訊いたら。僕、ポルコって呼ばれてたんですけど。

江口:うわあ、かっけえ! 何、そのバー(笑)。

細谷:「ポルコ、あのな。分かれ、それは」って言われて(笑)。

江口:何それ(笑)。

細谷:僕「えっ、何を言ってるの!? 何ではっきりしてくれないの!?」みたいな。当時は「白黒はっきりつけようよ、ズルくない!?」みたいな考えだったんですよ。

江口:いやいや、そうだと思いますよ。

細谷:そこで「ああ、そうか」と。大人はショックを与えたりとか傷つけたりしないように、曖昧な言葉で逃げていくんだと。その時に、また大人の階段を1段上ったという(笑)。

江口拓也のラストオーダー
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 25時30分~26時00分
出演者:江口拓也
番組ホームページ
公式Twitter

番組ハッシュタグは「#えぐラス」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

有吉、「都道府県魅力度ランキング」故郷・広島県の順位に不満!?「ベスト5に入るくらいの県だから!」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。10月18日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の関太と松崎克俊を迎えてお送りしました。


(左から)松崎克俊、有吉弘行、関太



有吉は、10月14日(水)に発表された「都道府県魅力度ランキング2020」について切り出します。昨年まで7年連続の最下位に沈んでいた茨城県(42位)と打って変わって、今回最下位となったのは、栃木県。

「最下位は、(栃木県出身の)U字工事のほうだな。で、(茨城県出身の)カミナリが上にあがったということで、(ライバル関係が)面白いですけどね」と有吉。自身の出身地である広島県は、前年の15位から少しランクダウンし、18位という結果に「魅力度ランキングは“誰に(アンケートを)取ってんだ”って感じですよね。広島県は、ベスト5に入るくらい魅力のある県だから、(ランキングの結果に)いつも不満だなぁと思っているけど」とチクリ。

一方、1位に輝いたのは12年連続と、もはや不動の貫禄漂う北海道。有吉は、「北関東のあたりって、東京都、埼玉県、千葉県に比べると、一緒くたにされて田舎みたいなイメージがあるから、(ランキングが)なかなか上がってこないよな。その点、北海道や(3位の)沖縄県は、独自(=独自色がある)だもんな……広島県もけっこう独自だと思うんだけどね」と感想を口にしつつも、「余計なお世話だと思いますよ。47都道府県、どこも魅力がありますから!」とバッサリ。

さらには「どこが1番とか2番とか決めているようなランキングは信じないですよ。みんな(実際に)行ってみてないんでしょ? 行ってみないと! 行ってみたら(その土地土地で)絶対にいいところがあるから!」と熱弁。「でも、みんなが旅行に行くのは、(新型コロナが)落ち着いてからかな。新たな魅力を見つけてほしいなと思います」と話し、実際に足を運んで自分の目で確かめることを勧める有吉でした。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国19局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!

Facebook

ページトップへ