JO1・河野純喜、メンバーとの出会いを語る「偶然的に出会った11人やけど、仲の良さは運命的」

小山薫堂さん、宇賀なつみさんがパーソナリティを務める、TOKYO FM『日本郵便 SUNDAY’S POST』。9月13日(日)の放送は、11人組ボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)から河野純喜(こうのじゅんき)さん、木全翔也(きまたしょうや)さんがゲストに登場。

リスナーから届いた手紙を紹介しながら、2人の夏休みの思い出や、オーディションで出会った頃の話で盛り上がりました。(TOKYO FM『日本郵便 SUNDAY’S POST』9月13日(日)放送分)

JO1の過去の記事はこちら

JO1のファンネーム・JAMに込められた意味

『日本郵便 SUNDAY’S POST』は、毎回リスナーからゲストへ手紙を募集、それを放送中に読み上げて紹介しています。今回のゲスト、JO1(ジェイオーワン)・河野純喜(こうのじゅんき)さん、木全翔也(きまたしょうや)さん宛の手紙は、特に量が多かったそうです。

小山:今回びっくりしました。お2人に届いている手紙の量が半端じゃないんで!

宇賀:そうなんですよ〜ちょっとお2人にも見ていただきたくて。(手紙を見せる)

河野:うわ〜すげー!

宇賀:できるだけたくさんご紹介していきたいんですが、全部お持ち帰りいただいて、お時間のある時にぜひ読んでいただけたら。

木全:ありがとうございます!

そしてまずは、JO1がオーディションから11人に選ばれた経緯が紹介されました。

小山:お2人が応募書類を出したのは去年のいつ頃ですか?

河野:僕は去年の5月31日。

木全:僕もそれくらいでギリギリで。

小山:え〜それからわずか1年足らずで国民的スターになったんですね!

河野:そうですね、3月にデビューさせていただきました。

宇賀:早いですよね〜!

木全:自分でもびっくりするくらい早いですね。

小山:じゃあ去年の5月は何してたんですか?

河野:僕は大学4回生で、就職活動をしてまして。スーツを着て、面接受けてました。

小山:内定はもらったんですか?

河野:内定もいくつかいただいてたんですけど、オーディションに行くのが決まって断って……。

小山:へえ〜! 担当者の人びっくりしたでしょうね。

また、JO1のファンネームであるJAMに込められた意味が語られました。

小山:あと、ファンのことを……JAM?(恐る恐る言う)。JAMでいいんですか? JAMはどういう意味なんですか?

河野:いろんな意味が込められていて。「JO1 And Me」っていうのと、あとジャムって「瓶の中に満帆に詰まっている」みたいなイメージがあるので、僕たちもライブ会場で、いつかは大きなステージを満帆にしたいなっていう意味が込められています。

河野純喜、木全翔也の夏休みの思い出

続いて、スタジオに届いた手紙を紹介。河野さん、木全さんは夏休みの思い出を語りました。

木全<神奈川県大和市あゆりさん。河野純喜さん、木全翔也さんへ。河野さん、木全さん初めまして。毎週聴いているこの番組に大好きなお2人が出演されると知って、嬉しさいっぱいです。

今私は夏休みの真っ最中なのですが、上京したてで、友だちも少なく、家でひとりで過ごすという少しさみしい夏休みです。(ずっとJO1見てるからさみしくないかも〜!)お2人はこれまでどのように夏休みを過ごされましたか? 一番印象に残っている夏休みエピソードなどがございましたら、ぜひお聞かせください。>

宇賀:夏休みの思い出ってどうですか?

河野:僕は夏休みの間、市民プールでその期間だけ監視員のアルバイトをしてました。それで肌が真っ黒になって。子どもたちに「ピーッ」って、「走んなよー」って。それを一生してた思い出があります(笑)。

宇賀:それはいくつくらいの時ですか?

河野:大学の一回生からずっとやってました。地元に市民プールがあって、そこに子どもの頃から行ってて。かっこいいじゃないですか、市民プールの監視員のお兄さんって(笑)。

小山:(笑)。夏以外は何やってたんですか?

河野:ライブ会場のスタッフとかやってました。僕関西出身なんですけど、京セラドームに出演されているいろんなアーティストの。

小山:そこのステージにいつか自分が立つことになるかもしれないって思いました?

河野:もし僕が京セラドームに立てたら、絶対号泣ですね。ずっと憧れてた場所なので。

一方、木全さんの夏休みは……。

木全:僕は、市民プールにスイミングしに行ってました。

一同:(笑)。

木全:泳ぐのが好きだったので。でも温水プールに、室内の方に行ってました(笑)。

メンバーとの出会い&お互いの印象を語る!

JO1は、昨年開催されたオーディションから選抜された11名のグループ。結成から約半年程ですが、「出会うべくして出会ったんじゃないか」と話すほど、グループ仲は良好だそう。

小山:11人は、今回オーディションによって初めて会った訳ですよね? もしかしたら「今までの人生ですれ違ったことがあったんじゃないか?」みたいな、運命的なものを感じる時はありますか?

河野:仲良すぎて、なんか偶然的に出会った11人やけど、ほんまにその仲の良さとかは運命的だなって思います。

木全:なるべくして会ったみたいな!

また、2人がオーディションで出会った頃のお互いの印象についても伺いました。

宇賀:お互いの印象はどうでしたか?

河野:(木全さんの印象は)めっちゃ喋りかけてくるけど、101人いた中ではあんまり印象にも残ってなくて……ごめんなさい(笑)。でもすごい元気に話しかけてくれて。

木全:最初僕は純喜くんのこと、同い年かと思っていて。普通に喋っていたら、他の人に「あの人年上だよ」って言われて。あっそうなんだって思って、そっからちょっとやめました(笑)。

小山:やっぱり11人の中では、年齢差によっては敬語を使ったりするんですか?

河野:初めはそういうのあったと思うんですけど、今はもう全然ないですね。

木全:そんなことないですよ(笑)。

「OH-EH-OH」、生歌を披露⁉

放送中、JO1のセカンドシングル『STARGAZER』から「OH-EH-OH」をオンエア。曲が流れている際は、2人はその場で歌っていたそうで……。

小山:20年以上ラジオ番組やってますけど、初めてですよ。曲がかかっている時に、自分の曲を自分で歌っている人がいるのは(笑)。それくらい曲も好きなんですね。

河野:それは、かかったら歌いますよ(笑)。それ普通やと思ってた。

宇賀:歌ってるし、踊っていましたもんね(笑)。どうします?「生で歌ってください!」っていうお手紙も届いていたんですよ。

小山:あ、かかってきましたよ!

河野・木全:(生歌を披露)

小山:これはもう、JAMたまらないですね(笑)。

JAMからの手紙をランダムに紹介!

2人はランダムに手紙を引き、交互にそれを読みながら紹介していきました。

河野<めいさん。純喜くん、木全くんへ。将来を考えていることが多くなった今、夢を叶えてキラキラ輝きながら、パフォーマンスをしているJO1の皆さんを見ていると、絶対に夢を叶えるという気持ちになります。そのために受験勉強に励んでいます。

嫌なことがあったり、やる気が出ない時も、JO1を見たり、曲を聴けば私も頑張らないと……そう思って、頑張れます。今年はいろんな事があって大変ですが、いつも笑顔でJAMと接してくれて本当に嬉しいです。JAMは、皆さんを絶対にTOPへ連れて行きます。Go to the TOP JO1!>

木全:ありがとうございます!

宇賀:オーディションからずっと見てきているから、夢を叶えた皆さんを、自分も頑張るぞっていうエネルギーにしているというか。

小山:そうですね。なんかJO1という存在がいろんな人の夢になっている訳ですよね。

河野:僕たちもまだまだ夢の途中で、いろんな夢を掲げて頑張っているんですけど、ほんまに誰かの夢になりたいというか。そういう存在にもっとなっていきたいって思います。

木全:世界中の方々から、憧れられたい。

木全<枚方市JO1ランドさん。私は関西に住む40歳の主婦です。中学校1年の息子がおり、息子もJO1が大好きで、親子でJAMを楽しんでいます。息子は今年中学受験を経験しましたが、コロナウイルスの影響で新しい環境で友だちを作る機会もなく、自宅で課題の毎日でした。その数ヶ月の間、JO1のアサカツ動画やジャム作り、パフォーマンス動画などには本当に救われて元気が出ました。

息子はまだ将来の目標は決まってないようですが、JO1の皆さんのそれぞれの経歴やバックグラウンドを含め、現在好きなことを一生懸命取り組んでいる姿はとても刺激になっているようです。本当に忙しい毎日だと思います。お身体にはお気を付けて、皆さん仲良く過ごしてください。これからも親子でずっと応援しています。>

河野:まじで嬉しい。

小山:すごいですね、お母さんが息子の言葉も一緒に代弁してくれるっていう。

木全:しかも僕たち的に、男の子のファンってすごく嬉しくて。それこそ僕たちに憧れてくれてるというか。僕たちと同じ夢を持ってくれてるのかなと思ったりしてすごく嬉しいです。

河野<カナダ在住。大分市。まほ&いぶさん。木全くん、河野くんへ。大分県に住んでいる木全JAMと、カナダのバンクーバーに住んでいる純喜JAMです。今2人で電話をしながらこの手紙を書いています。

私たちはJO1がきっかけで仲良くなり、今ではJO1の話はもちろん、学校や友だちとのささいな出来事や相談もし合うくらい、会ったことはないけど、親友と呼べる存在です。いつか2人でライブに行ったり、グッズを集める約束をしているので、その日が来るのがとても楽しみです。>

一同:すごーい!

宇賀:会った事ないけど、2人ともJAMで、何かで繋がって仲良くなって今では親友ですって。

小山:なんですか! このJO1って神様ですか?

宇賀:なんか本当に世界平和に貢献している感じですね。

河野:こういう手紙をもらうともっと頑張ろうって思いますね、本当に!

そのほかにも、野うさぎの会(木全さんのファンの団体)からの電報など、個性豊かな手紙が紹介されました。

宇賀:例えばほら、こんな色紙の! 写真いっぱい貼ってくれてる。

河野:これ、どうやって作ってくれたん? すげえ嬉しい! みなぴよさん、ありがとうございます!

木全:懐かしい写真もある!

河野:しかもこれ、今やってる!

木全:そうだね、スイーツパラダイス食べに行ってくれたんだ。

河野:JO1は、スイーツパラダイスとコラボしていて、僕たちの考えた商品があって。食べに行ってくださってる写真がありました!

日本郵便 SUNDAY’S POST
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週日曜 15時00分~15時50分
出演者:小山薫堂、宇賀なつみ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#サンポス」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ