Sexy Zone、新曲『NOT FOUND』を語る! 松島聡「もがいてあがいてきた部分をリアルに表してる」

Sexy Zoneが5人揃って『オールナイトニッポン』に初挑戦! 10月19日(月)放送のニッポン放送『Sexy ZoneのオールナイトニッポンPremium』では、11月4日(水)リリースの新曲『NOT FOUND』の話題やメール企画など、盛りだくさんの内容を生放送でお届けしました。(ニッポン放送『Sexy ZoneのオールナイトニッポンPremium』10月19日(月)放送分)

19thシングル『NOT FOUND』11月4日リリース!

Sexy Zoneは11月4日(水)に、19枚目のシングルとなる『NOT FOUND』をリリース。音楽プロデューサー・亀田誠治さんが編曲を担当したこの曲は、菊池さんの主演ドラマ『バベル九朔』(日本テレビ系)の主題歌にも採用されています。また、活動再開後間もない松島さんも参加した、久々のメンバー5人での作品となりました。松島さんが新曲についての印象を語りました。

松島:歌詞がやっぱりSexy Zoneの今までの人生観というか、もがいてあがいてきた部分をリアルに表してるなっていう風にも思ったし、この歌詞を見て共感していただける部分がたくさんあると思う。男女問わず年齢問わず聴いていただきたいなあと思いますね。

菊池:まあ、我々にもちょっとフィットするところがありますしね。勝利くんが言ってましたけれども、Sexy Zone作品では初の亀田誠治さんの編曲。豪華なところで。

佐藤:ジャニーズでも結構珍しいところなんだよねえ。やっぱりあの亀田さんっていうところが、音の豪華さとか厚さとかも音楽ファンの方にも、ジャニーズとかSexy Zoneに興味がない人にも刺さったらいいなとも思うし。音楽をすごく極めた人にアレンジしてもらったから、そこに注目して聴いてもらうのも嬉しいなと思うし。

菊池:マリウスどうですか? この曲好きですか?

マリウス:好きですよ。歌詞もさっき聡ちゃんが言ってたけど、夢を追いかける中で感じる、抱える葛藤とか。その先にある希望とかを……結構攻めてますよね。

菊池:確かに、ちょっとエッジの効いた歌詞で等身大の若者に刺さるんじゃないかな、僕らにも刺さってますけども。どうですか、どんな曲ですか中島くん?

中島:やっぱり(前作の)『RUN』は応援歌でしたけれども、本当にこの『NOT FOUND』っていうのは共感できる曲というか。誰しもが思う、やっぱり今こういうご時世ですし、悩んでる方もたくさんいらっしゃると思うんですよ。でもそれを「あ、こんなにたくさんの人が同じ気持ちなんだな」って思えると、それが勇気に変わってくるじゃないですか。だから自分のこれからの希望だったり夢だったり、そういうものをFOUNDしていく、見つけていくっていう風に思える曲になってますよね。Sexy Zoneとしてもこれから何か突き進んでいこう、夢を見つけるような、何かそういう希望を持てるような曲ですよね。

活動再開の松島、Sexy Zoneをファン目線で語る

今年の8月、約2年ぶりに芸能活動を再開した松島さん。活動休止中、メンバーとファンの両方の視点で4人を見守っていた松島さんが見たSexy Zoneの印象とは……?

松島:何だろうねえ。やっぱりちょっと不思議というか、こういうのを考えてやっているんだろうなあとかっていうメンバーなりの視点もあるし、ファンの視点でいったらときめくポイントとかもあるわけじゃない。あとは勝利だったら、すごく正統派でクールなイメージだけど、『スカッとジャパン』(フジテレビ系)とかでいろんな役に挑戦して、そういう新しい一面が見れたりとか。そういうところですかね。

菊池:あ、それぞれ言ってくわけではないんだ。

全員:(笑)

菊池:いや、全然いいんだけど。

中島:やっぱり勝利は特別扱いなのかな? 中島でーす。

菊池:曲はどうですか?

松島:曲はやっぱり、よりおしゃれになってきたというか、今までは結構キャッチーなジャニーズらしい曲が多かったと思うんだけど。だんだん音楽家の人たちにも評価されてほしい楽曲が増えてきたというか。今回の『NOT FOUND』とかもまさにそうだと思うんですよ。

佐藤:確かに。だって亀田さんがさ。あの亀田さんですよ?

菊池:超豪華なラインナップですよね。参加できてなかった曲だったら何が好きですか?

松島:(前作シングル『RUN』の収録曲)『Small Love Song』。

佐藤:初めて全員で英語をね、全編英語で歌った。

菊池:英語を歌わすとマリウスめっちゃかっこいいよね。

マリウス:Thank you.

松島:かっこいいのよ。みんなかっこいいけどね。より膨らむというかね。

お札にアイロン…!? Sexy Zoneの勝手なイメージ調査

番組では「Sexy Zoneの勝手なイメージ」をメールテーマに、リスナーが思うSexy Zoneのイメージ像を取り上げました。

(メール)「Sexy Zoneのみなさんは現金で払う時、お釣りがきれいに出るように支払うのが上手そうだなと思いました」

中島:なるほど、ちょっと几帳面で丁寧なイメージですね。

マリウス:頭の計算早い……? 早いよね。まあ、ちょっと早くない人もいる……?

菊池:俺はね、最近Suicaとか交通系で払っちゃう。

マリウス:もうキャッシュレスだよね。

中島:俺も電子マネーだな。

菊池:だってもう、小銭かさばるじゃん?

松島:僕は小銭持ち歩くタイプなんだよね。

マリウス:僕はもう新札だけ。

佐藤:え? 新札だけ? ピン札? 

菊池:お札じゃなくて? 毎回ピン札に変えてるわけじゃない?……あ、待って。ピン札がわからない?

マリウス:ピン札って、きれいな銀行の?

中島:そうそう、1番新しいやつ。

マリウス:そういうのじゃない。アイロンとかするの、みんな?

4人:しないしない!

マリウス:「僕は」とかすごくアレだったんだけど、みんな毎回アイロンして使ってる?

松島:アイロンしないのよ!

中島:しないだろ。見た事ないだろう。

マリウス:新聞はアイロンするけど……。

佐藤:新聞はアイロン……?

「#セクゾANNP」Twitterで世界トレンド1位を獲得!

そのほかリスナーによる投票企画「Sexy Zoneシチュエーションベストソング」や、Sexy Zoneメンバー選曲による「Sexyジャニーズソング」、『NOT FOUND』のカップリング曲『約束』の初解禁など盛りだくさんの内容をお届け。番組終盤には、メンバーそれぞれが考えた未来予想図をリレー形式で朗読する企画「#これから5人の10年分の想いを聴け」が行われました。

また、番組公式ハッシュタグ「#セクゾANNP」が放送開始前の時点でTwitterの日本トレンド1位、放送中には世界トレンド1位を獲得するなど大きな反響を集めた放送となりました。

Sexy ZoneのオールナイトニッポンPremium
放送局:ニッポン放送
放送日時:2020年10月19日 月曜日 18時00分~21時50分
出演者:Sexy Zone
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#セクゾANNP」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをパソコンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ