Sexy Zone、新曲『NOT FOUND』を語る! 松島聡「もがいてあがいてきた部分をリアルに表してる」

Sexy Zoneが5人揃って『オールナイトニッポン』に初挑戦! 10月19日(月)放送のニッポン放送『Sexy ZoneのオールナイトニッポンPremium』では、11月4日(水)リリースの新曲『NOT FOUND』の話題やメール企画など、盛りだくさんの内容を生放送でお届けしました。(ニッポン放送『Sexy ZoneのオールナイトニッポンPremium』10月19日(月)放送分)

19thシングル『NOT FOUND』11月4日リリース!

Sexy Zoneは11月4日(水)に、19枚目のシングルとなる『NOT FOUND』をリリース。音楽プロデューサー・亀田誠治さんが編曲を担当したこの曲は、菊池さんの主演ドラマ『バベル九朔』(日本テレビ系)の主題歌にも採用されています。また、活動再開後間もない松島さんも参加した、久々のメンバー5人での作品となりました。松島さんが新曲についての印象を語りました。

松島:歌詞がやっぱりSexy Zoneの今までの人生観というか、もがいてあがいてきた部分をリアルに表してるなっていう風にも思ったし、この歌詞を見て共感していただける部分がたくさんあると思う。男女問わず年齢問わず聴いていただきたいなあと思いますね。

菊池:まあ、我々にもちょっとフィットするところがありますしね。勝利くんが言ってましたけれども、Sexy Zone作品では初の亀田誠治さんの編曲。豪華なところで。

佐藤:ジャニーズでも結構珍しいところなんだよねえ。やっぱりあの亀田さんっていうところが、音の豪華さとか厚さとかも音楽ファンの方にも、ジャニーズとかSexy Zoneに興味がない人にも刺さったらいいなとも思うし。音楽をすごく極めた人にアレンジしてもらったから、そこに注目して聴いてもらうのも嬉しいなと思うし。

菊池:マリウスどうですか? この曲好きですか?

マリウス:好きですよ。歌詞もさっき聡ちゃんが言ってたけど、夢を追いかける中で感じる、抱える葛藤とか。その先にある希望とかを……結構攻めてますよね。

菊池:確かに、ちょっとエッジの効いた歌詞で等身大の若者に刺さるんじゃないかな、僕らにも刺さってますけども。どうですか、どんな曲ですか中島くん?

中島:やっぱり(前作の)『RUN』は応援歌でしたけれども、本当にこの『NOT FOUND』っていうのは共感できる曲というか。誰しもが思う、やっぱり今こういうご時世ですし、悩んでる方もたくさんいらっしゃると思うんですよ。でもそれを「あ、こんなにたくさんの人が同じ気持ちなんだな」って思えると、それが勇気に変わってくるじゃないですか。だから自分のこれからの希望だったり夢だったり、そういうものをFOUNDしていく、見つけていくっていう風に思える曲になってますよね。Sexy Zoneとしてもこれから何か突き進んでいこう、夢を見つけるような、何かそういう希望を持てるような曲ですよね。

活動再開の松島、Sexy Zoneをファン目線で語る

今年の8月、約2年ぶりに芸能活動を再開した松島さん。活動休止中、メンバーとファンの両方の視点で4人を見守っていた松島さんが見たSexy Zoneの印象とは……?

松島:何だろうねえ。やっぱりちょっと不思議というか、こういうのを考えてやっているんだろうなあとかっていうメンバーなりの視点もあるし、ファンの視点でいったらときめくポイントとかもあるわけじゃない。あとは勝利だったら、すごく正統派でクールなイメージだけど、『スカッとジャパン』(フジテレビ系)とかでいろんな役に挑戦して、そういう新しい一面が見れたりとか。そういうところですかね。

菊池:あ、それぞれ言ってくわけではないんだ。

全員:(笑)

菊池:いや、全然いいんだけど。

中島:やっぱり勝利は特別扱いなのかな? 中島でーす。

菊池:曲はどうですか?

松島:曲はやっぱり、よりおしゃれになってきたというか、今までは結構キャッチーなジャニーズらしい曲が多かったと思うんだけど。だんだん音楽家の人たちにも評価されてほしい楽曲が増えてきたというか。今回の『NOT FOUND』とかもまさにそうだと思うんですよ。

佐藤:確かに。だって亀田さんがさ。あの亀田さんですよ?

菊池:超豪華なラインナップですよね。参加できてなかった曲だったら何が好きですか?

松島:(前作シングル『RUN』の収録曲)『Small Love Song』。

佐藤:初めて全員で英語をね、全編英語で歌った。

菊池:英語を歌わすとマリウスめっちゃかっこいいよね。

マリウス:Thank you.

松島:かっこいいのよ。みんなかっこいいけどね。より膨らむというかね。

お札にアイロン…!? Sexy Zoneの勝手なイメージ調査

番組では「Sexy Zoneの勝手なイメージ」をメールテーマに、リスナーが思うSexy Zoneのイメージ像を取り上げました。

(メール)「Sexy Zoneのみなさんは現金で払う時、お釣りがきれいに出るように支払うのが上手そうだなと思いました」

中島:なるほど、ちょっと几帳面で丁寧なイメージですね。

マリウス:頭の計算早い……? 早いよね。まあ、ちょっと早くない人もいる……?

菊池:俺はね、最近Suicaとか交通系で払っちゃう。

マリウス:もうキャッシュレスだよね。

中島:俺も電子マネーだな。

菊池:だってもう、小銭かさばるじゃん?

松島:僕は小銭持ち歩くタイプなんだよね。

マリウス:僕はもう新札だけ。

佐藤:え? 新札だけ? ピン札? 

菊池:お札じゃなくて? 毎回ピン札に変えてるわけじゃない?……あ、待って。ピン札がわからない?

マリウス:ピン札って、きれいな銀行の?

中島:そうそう、1番新しいやつ。

マリウス:そういうのじゃない。アイロンとかするの、みんな?

4人:しないしない!

マリウス:「僕は」とかすごくアレだったんだけど、みんな毎回アイロンして使ってる?

松島:アイロンしないのよ!

中島:しないだろ。見た事ないだろう。

マリウス:新聞はアイロンするけど……。

佐藤:新聞はアイロン……?

「#セクゾANNP」Twitterで世界トレンド1位を獲得!

そのほかリスナーによる投票企画「Sexy Zoneシチュエーションベストソング」や、Sexy Zoneメンバー選曲による「Sexyジャニーズソング」、『NOT FOUND』のカップリング曲『約束』の初解禁など盛りだくさんの内容をお届け。番組終盤には、メンバーそれぞれが考えた未来予想図をリレー形式で朗読する企画「#これから5人の10年分の想いを聴け」が行われました。

また、番組公式ハッシュタグ「#セクゾANNP」が放送開始前の時点でTwitterの日本トレンド1位、放送中には世界トレンド1位を獲得するなど大きな反響を集めた放送となりました。

Sexy ZoneのオールナイトニッポンPremium
放送局:ニッポン放送
放送日時:2020年10月19日 月曜日 18時00分~21時50分
出演者:Sexy Zone
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#セクゾANNP」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをパソコンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ