玉城ティナ、EXILE MAKIDAI、青山テルマ、海原やすよ、前園真聖…10月に誕生日を迎える有名人のラジオ番組

秋が深まり、寒い冬を迎える準備をする季節になりました。秋の夜長はラジオに耳を傾けながらリラックスタイムを。この記事では10月に誕生日を迎える有名人をピックアップ。テレビやネットで話題の有名人の番組をチェックしてみませんか? あなたにハマる何かがあるかもしれません!

玉城ティナ出演 ニッポン放送『玉城ティナとある世界』

10月8日に23歳の誕生日を迎えたのが玉城ティナさん。14歳で女性ファッション誌「ViVi」の最年少専属モデルとなり、女優としても活躍。2018年の「私にXXしなさい!」で映画初主演後、「Dinerダイナー」、「AI崩壊」ら話題作に出演。ドラマでは2020年「そして、ユリコは一人になった」で主演。この秋は主演作「荒ぶる季節の乙女たちよ。」とドラマオリジナルキャラでレギュラー出演する「極主夫道」がオンエア。出演作が途切れない玉城さんは業界の期待値がトップクラスの女優のひとりです。

野球中継による中断を経て、4カ月ぶり10月に復活したこの番組。玉城さんが毎週世の中の狭くも新しいコミュニティの奥深さを紐解いています。誕生日直後の放送では「4年目を楽しむ倶楽部」として23歳の抱負と4年目に入った番組に向けてのトークを。同じく4年目を迎えたニッポン放送“同期”番組の菅田将暉さんのANNや高橋みなみさんと朝井リョウさんの番組なども紹介しながら、意気込みを語っていました。知的好奇心旺盛な玉城さんとともに世の中の気になるカルチャーを楽しみながら気軽に学べるプログラムです。

玉城ティナとある世界
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週水曜 21時20分~21時40分
出演者:玉城ティナ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#たませか」

※放送情報は変更となる場合があります。

EXILE MAKIDAI出演 TOKYO FM『LDH PERFECT YEAR 2020 RADIO』

10月27日に45歳の誕生日を迎えるのはEXILE MAKIDAIさん。EXILEの活動のほか、情報番組のパーソナリティや俳優としてドラマや映画、舞台にも出演するなど多岐のジャンルで活躍。2015年にはEXILEのパフォーマーを勇退。2018年にはVERBALさん、DJ DARUMAさんとのユニットPKCZ(R)で世界デビュー。アメリカを代表するヒップホップ界のレジェンドラッパーのスヌープ・ドッグとのコラボ曲が話題になりました。

2019年10月からスタートし、6年に1度のLDHの祭典、2020年の「PERFECT YEAR」を盛り上げるために始まった番組。しかし、新型コロナウイルスの影響で予定されていた公演が中止となり、オンラインライブなど新しい形での開催に。この番組では毎週LDHグループのアーティストたちがゲストに登場。LDHの良き兄貴分的なMAKIDAIさんだから引きだせるメンバーたちの素顔やリラックスしたトークが聴きどころ。霊感が強いゲストが登場して身の毛のよだつ実体験も披露されました。

LDH PERFECT YEAR 2020 RADIO
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週土曜 20時00分~20時30分
出演者:EXILE MAKIDAI
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#Lラジ」

※放送情報は変更となる場合があります。

青山テルマ出演 東海ラジオ『青山テルマの笑わないともったいないから笑ってこーよ』

10月27日に33歳の誕生日を迎えるのは青山テルマさん。2007年SoulJaの楽曲「ここにいるよ feat. 青山テルマ」で話題となり、翌年の「そばにいるね feat. SoulJa」が大ヒット。「そばにいるね」は2008年上半期で最も多くのセールスを記録し、「日本で最も売れた着うたフル楽曲」としてギネス認定されました。アーティストとしての活動のほか、バラエティ番組ではとびきり明るいキャラで笑顔を振りまいて大人気。センスあふれるキュートなファッションやヘアスタイルもインスタグラムで公開。ファッションアイコンとしても注目されています。

2020年4月に始まった東海ラジオの新しい取り組み、1組のアーティストとその楽曲を年間で応援していくプロジェクト『TOKAIRADIO ONE ARTIST』。その記念すべき第一弾が青山テルマさん。番組のハッシュタグは「#テルマ笑」でテルマさんの笑いが絶えず、聴くと笑顔になれる番組です。とある日には初めて参加したプロ野球の始球式について熱くトーク。インスタに「エモすぎて書けなかった」というほど感激したことをラジオで明かしました。キャッチボールの練習の相手が、野球経験者で仲良しの芸人・とにかく明るい安村さんだったなどの裏話も。インスタにはアップされないテルマさんの日常をキャッチできます。

青山テルマの笑わないともったいないから笑ってこーよ
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週日曜 22時30分~23時00分
出演者:青山テルマ

Twitterハッシュタグは「#テルマ笑」

※放送情報は変更となる場合があります。

海原やすよ出演 ABCラジオ『やすよとともこのOFF MODE』

10月14日に45回目の誕生日を迎えたのが海原やすよさん。実の姉のともこさんを相方に「海原やすよともこ」で活躍する姉妹漫才コンビのツッコミ担当。上方漫才大賞の大賞を2度受賞している実力派。2020年3月に中川家とともに吉本興業常設劇場の新看板に就任しました。2020年4月からは先輩女性コンビ・ハイヒールが15年間MCを務めた枠を受け継いで「やすとものいたって真剣です」がスタート。関西で冠バラエティ番組を多数持ち、抜群のトーク力と親しみやすく明るいキャラクターで人気を集めています。

2020年4月から始まったふたりきりでは意外にも初のレギュラーラジオ番組。タイトルどおり、オフモード全開。番組Twitterでは女子トークを盛り上げる種類豊富な山盛りお菓子の画像を毎週アップ。テレビや舞台の楽屋での雰囲気のようなふたりのたわいない雑談風トークが聴けるのはお笑いファンにとっては贅沢かも。やすよさんの誕生日を祝う回ではスタジオをパーティーモードに装飾。番組リスナーオフ子さん・モド男さんから多数のお祝いメッセージも届き、ファミリー感あふれるオンエアとなりました。

やすよとともこのOFF MODE
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週金曜 24時00分~24時30分
出演者:海原やすよともこ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「#オフモード」

※放送情報は変更となる場合があります。

前園真聖出演 JFN系列『丸園音楽堂』

10月29日に47回目の誕生日を迎えるのが前園真聖さん。1992年にJリーグ・横浜フリューゲルスに入団。サッカー日本代表としては1996年のアトランタオリンピック本大会にチームキャプテンで出場。ブラジルを破る「マイアミの奇跡」を演出しました。海外クラブでの経験を経て2005年に現役引退。現在はサッカーの解説者や普及活動を行うほか、愛されキャラ“ゾノさん”としてバラエティ番組への出演も多数。スイーツやペットのミニ豚・セブンもSNSで人気を集めています。

元サッカー日本代表の前園さんと元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんのW元代表コンビがスポーツではなく“音楽”を語るユニークな番組。季節やトークテーマに合わせた曲をふたりがセレクトしてオンエア。テレビなどではあまり知ることができないふたりの日常や音楽性がのぞけるのが醍醐味です。番組の中で結婚願望を語っていた丸山さんが見事ゴールイン。元サッカー日本代表の夫・本並健治さんとのハッピーな新婚生活の話も聴けるかもしれません。

丸園音楽堂
放送局:FM岩手 他24局ネット
放送日時:毎週木曜 19時30分~19時55分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:丸山桂里奈、前園真聖
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

佐藤史恵

ライター、構成作家。

ラジオ番組が好きで構成作家のキャリアをスタート。
都内近郊のFM、AMラジオ・テレビ番組の構成を多数手がける。

遊び体験共有サイトPLAYLIFEでプランナーとしても活動。
国内外の映画・ドラマが探せるaukanaにて作品解説を担当。

現場主義のエンタメウォッチャー。
サッカー、野球、プロレス、舞台、お笑いなどを年間トータル100本ほど見る生活を約15年続けている。
宝物は今まで集めたエンタメ半券約1500枚。

Twitter

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ