テレ東・佐久間P、番組配信イベントの裏話を語る!「振替は絶対やります。ただ、たぶん匂わせた日じゃないです(笑)」

テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行さんがパーソナリティを務める、ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』。

1月13日(水)の放送では、緊急事態宣言の発令を受けて中止となった『佐久間宣行のオ ールナイトニッポン0(ZERO)リスナー大感謝祭 2021~fanfare~』の代替として、急遽開催された生配信イベント『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)リスナー小感謝祭2021~Believe~』の裏話を語りました。(ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』1月13日(水)放送分)

「俺じゃなかった(笑)」 最近よくある"佐久間"違い

1月11日(月・祝)に生配信イベント『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)リスナー小感謝祭2021~Believe~』を行った佐久間さん。オープニングでは、放送当日のTwitterトレンドに「金の佐久間」が入っていた事について触れました。

佐久間:これはね、皆さん分かる通り、Snow Manの佐久間大介さんだったんですけど(笑)。よくあるんですけどね。しょっちゅう"佐久間"ってのが上がってくんのよ。大抵は佐久間大介さんだと思ってるから、それを見て俺だと思う事はほぼ無い。『オールナイトニッポン』直後に(トレンドに)ちょっと載るのは分かるけど。でもなんか、月曜のイベントがちょっと評判が良かったから、一瞬「金の佐久間、まさか!?」って思ったんだけど、やっぱり違いました(笑)。(Snow Manの)YouTubeチャンネルの登録者数が100万人を突破して、金の盾をもらって、「金の佐久間」って事になったらしいね。

続けて佐久間さんは、別の"佐久間"違いについても語りました。

佐久間:『アイドルマスター シンデレラガールズ』(バンダイナムコエンターテインメント)っていうゲームあるじゃん。その中に"佐久間まゆ"っていうキャラクターがいて、めちゃくちゃ人気なんだって。で、それを操る人は"佐久間P"ってなるんだって。で、佐久間Pだとそれがダントツで来るのよ。俺なんか全然レベルにならないくらい。でも、佐久間Pは大体そのアイドルの話してるわけ。

その中で急に、後輩から「佐久間さん、なんかネットで叩かれてますよ」って言うから、「えっ、あんな大成功のイベントやったのに?」と思って見たら、軟式テニスの動画をやってる人の中に佐久間Pってのがいるらしくて、その人の動画の方向性ですげえ揉めてた(笑)。軟式テニスのYouTuberの中で(笑)。4人目の佐久間で揉めてた。どれも俺じゃなかった(笑)。

元番組D・石井氏から届いたメッセージ

イベント終了後、番組の元ディレクターでイベント責任者を務めた石井玄さんから佐久間さん宛に届いたLINEのメッセージ内容を明かしました。

佐久間:ちょっとね、なんかね、酔っ払ってる感じが度を超えたんだろうね。「(石井)佐久間さん! 佐久間さんは俺にとってのルフィです!」って(笑)。もう謎の。「ピンチに助けてくれて、俺にとってのルフィみたいなもんです!」っていうLINEが来て、無視しました(笑)。ちょっといい温度の返事はできるけど、その温度には返せないから(笑)。石井がもうね……。ルフィじゃねえし(笑)。

振替公演はいつ?「一旦忘れてほしい」

本来、1月11日(月・祝)に東京国際フォーラムで開催予定だった『佐久間宣行のオールナイトニッポン0 (ZERO)リスナー小感謝祭2021~Believe~』の振替公演を予定している事が、生配信イベント中に発表されていました。佐久間さんは「(イベントを)しなきゃいけないんだけど、したくない気持ちもある」と、その心境を明かしました。

佐久間:振替の日程が決まってないんですよ。イベントを観た人は分かると思うんですよね。イベントの時に1ヶ所、開催日の匂わせ的な演出があったと思うんですよね。こっから先は言いたくねえなあ……。その日はたぶん違います。

スタッフ:はははは(笑)。

佐久間:その日はたぶん違うんですよ。匂わせだから説明するよ。ネタバレもしたくないし、その演出を後で観る人もいるから。我々、やる気を出して「この演出で伝えたらいいぞ」と。「ONE PIECEにもちょっと関わってるし」みたいなので、その日にできるかなっていう匂わせを暗号みたいなものでしたんですよ。なんか違ったみたいなんだよね(笑)。一旦忘れてほしい。

佐久間さん曰く、祝日に設定した振替イベントの公演日が祝日ではなかったため、後日改めて発表するとの事です。

佐久間:延期、やるのは決定、振替はもう絶対やります。ただ、たぶん匂わせた日じゃないです。なぜなら、祝日だと勘違いしていたから(笑)。言いたくねえ、こんな事(笑)。何で俺こんなカッコ悪い発表しなきゃいけないの(笑)。

「旅行行った気分になろう」が〜まるちょばの猛練習!

配信イベントのアーカイブチケット購入を悩んでいるリスナーから「が〜まるちょばをやったのか」というメッセージが届きました。佐久間さんは先週(1月6日)の放送で提案された、がーまるちょばのパフォーマンスに乗り気でなかったようですが……。

佐久間:7日の夜くらいに、石井から何の説明もなくが〜まるちょばの動画だけ送られてきたのよ(笑)。最初は無視してたの。「一応送っただけでしょ」って言ったの。その半日後にもう1回返答がないのを見て、がーまるちょばの動画が送られてきたんですよ(笑)。「ええっ、が〜まるちょばやるのか!?」って思って。

結局、が〜まるちょばのトランクを使ったパントマイムをイベント開催までの数日間で猛練習する事にした佐久間さん。リモート会議の終わりや家族が不在の間、玄関前に姿見を置いて練習をしていたそうです。

佐久間:なんとかが〜まるちょばに見えるようにして練習を始めた時に「ガチャッ」と扉が開いて、同じマンションに住んでるお義母さんが来て。が〜まるの練習姿を完全に見られるっていう(笑)。お義母さんは意味分からないし、あとコロナだから、今ご年配の方に会わないようにしてるの。同じマンションでも2、3週間会ってなかったわけ。久しぶりに会ったら、俺がが〜まるちょばをやってるから。玄関でカバンを持ってるから、もう気が触れた人だなと……(笑)。

で、「違うんです」と。「これはちょっとイベントの出し物というか。まだやるか決まってないんですけど」みたいな。その時点で諦めてないから。俺はやらない事を……ははは(笑)。ただ旅行に行きたい人(笑)。「ああ、コロナで旅行行きたいな〜」って言って、旅行行きたいなっていうのを鏡に映して見てる人だから(笑)。旅行のマイムをしてる人だから。「旅行行った気分になろう」みたいな(笑)。

また家族との会話中、無意識に「が〜まるちょばされいなければ…」と、口にしてしまった事も明かしました。

佐久間:俺、家族でさ、前日に飯を食べてる時に、俺全然まったく無意識にだよ? 「が〜まるちょばさえいなければ…」って言ったんだって……はははは(笑)。正確に言うと奥さんが「えっ? "ちょば"さえいなければ? 何かあったの?」っていう。「(佐久間)えっ、俺なんか言った?」、「いやなんか、"ちょばさえいなければ"みたいな事言ったよ」って言って(笑)。

俺、「が〜まるちょばさえいなけば」っていう、「が〜まるちょばさえいなければ、やんなくて済んだ」なんていう、が〜まるちょばの消滅を…祈ってるみたいな感じになってたのよ(笑)。結局、が〜まるちょばは何も悪くないのよ(笑)。若手のパントマイマーというか、「が〜まるちょばいなければ天下取れるのに」って……(笑)。

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週水曜 27時00分~28時30分
出演者:佐久間宣行(テレビ東京・プロデューサー)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#佐久間宣行ANN0」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Zypsy・玉井和佐の仕事論「やりたいことが“人のためになること”に転換できたときに、自分のキャリアになる」

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DIGITAL VORN Future Pix」。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。11月27日(土)の放送は、ウェブデザインサービス「Zypsy」の共同創業者でCEOの玉井和佐(たまい・かずさ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


(左から)笹川友里、玉井和佐さん


◆スタートアップを次のステージへ押し上げるために

1990年生まれの玉井さんは、Mercariアメリカオフィスの立ち上げにインターンとして参画の後、2018年サンフランシスコにてスタートアップに特化したデザインスタジオ「Zypsy, Inc.」を創業。シリコンバレーのスタートアップのデザイン及びグロース支援を多く手掛けています。

「デザインって、1つのスキルセットではない」と玉井さん。例えば、戦略を考える人、コピーを考える人、ロゴを作る人、アドやプロダクトを作る人など、「一つひとつの専門スキルが違う」と言います。

とはいえ、少人数で創業したばかりでこれらすべてのスキルを有する人材を雇うことは難しいことから、「Zypsyでは、創業初期のファウンダーたちに対して、一つひとつの“分業”に対するエキスパートを世界中から集めてチームを作り、長期的に一緒にプロダクトを作って育てている」と自身の事業を説明。2018 年の創業以降、現在は45名を超える精鋭が集結するまでに成長を遂げています。

また、アーリーステージ(起業直後)の資金調達前のスタートアップに対しては、「株式と引き換えにデザインのエキスパートを提供して、アーリーステージから次のステージまで支援している」と言います。そのため、「大きな予算を取るよりも、次のステージに連れて行ってあげられるだけの収益やユーザー数、トラクション(牽引力)づくり、ポジショニングづくりなど、最初に必要なものを一緒に作っている」と説明します。

また、玉井さんは「スタートアップは主に、“チーム(誰がやっているのか)”。“プロダクト(どんな事業に取り組んでいるのか)”。“トラクション(どのぐらいユーザー数がいて、収益が上がっているのか)”。この3つで評価される」と強調します。

ところが、「アーリーステージのスタートアップのほとんどが、自分たちが何者であって、なぜあなたたちに使われる価値があるのか、というところのコミュニケーションができずに死んでいくんです」と現状を語ります。

そのため、Zypsyでは「コミュニケーションの部分とディストリビューションの2つに特化したデザインをしている」と玉井さん。「どうやったら世の中のユーザーの人たちにわかりやすく伝えられるのか、どうやったら使ってもらえるだけのコミュニケーションができるのか、というところを起点に、ブランドを作ったリ、プロダクトのUX(ユーザーエクスペリエンスの略。サービスとユーザーをつなぐ接点)を作ったりしている」と話します。

◆「“成功の再現性”を作っていきたい」

玉井さんがMercariアメリカオフィスの立ち上げに参画していた頃は、「僕自身が何をやりたいのか非常に迷っている時期があって、右往左往して焦っていた」と振り返ります。そんなときに、“恩師”と慕う起業家の小林清剛さんと出会い、「“こういう生き方ってかっこいいな”と思って始めたのが、僕の起業家としてのファーストステップだった」と転機を語ります。

そんな自身の経験から、人生の行き先に悩んでいるときこそ「今できることをやってみること」とアドバイスも。そして、「できることをやっていくと、やれることが増える。やれることが増えると、やりたいことが増えるようになる。そして、やりたいことを“人のためになること”に転換できたときに、それが自分なりのキャリアだったり志になっていくのかなと思う」と語ります。

あらためて、「僕の場合、“人のためになること”を事業化することで、提供できる価値が最大化するという理由で起業家をやっていて、その提供できる価値が世界中に行き届くから、今サンフランシスコにいる」と語ります。

“シリコンバレー”という地については、「世界中の優秀な人たちが、彼らの抱えている問題を解決するために、ここでチャレンジしているという意味ではスケールがすごく大きいなと感じますし、そこに入ってくる投資家やタレントたちも、今までに見たことのないぐらい優秀なレベルの人たちがいる」と言い、「それだけ“期待値に応えられるサービスを提供しないといけない”というプレッシャーも大きいですけど、そこから作り出せる価値はすごく大きい。そういう意味でも、すごく楽しい仕事だと思っている」とやりがいを語ります。

ここで笹川が、シリコンバレーで対等に渡り合うために努力し続けていることを聞くと、玉井さんは「成功の再現性」と回答。その深意について、「“やったことがある”ということが大切だと思うんですよね。誰かを採用するときも、“いいプロダクトを作ったことがあるか”“アーリーステージからグロースステージ(軌道に乗り始め成長しつつある時期)まで、ちゃんと引っ張ったことがあるリーダーか”など、“やったことがある”を蓄積することで、ほかの会社やプロジェクトに行っても、それをまた再現できる。だから、“やったことがある”ことから、いろいろなものを学ぶことがすごく大切」と説明します。

そして、Zypsyに在籍する人材から学べることもすごく大きいと言い、「一人ひとりの知識や経験から学びを蓄積していくこともすごく大切にしている」と話します。

Zypsyが見据える今後についても、「“成功の再現性”を作っていきたい」と言います。「(今後も)“たくさんのスタートアップを支援したい”という気持ちはあるが、量に対して質を犠牲にするようなことはしたくない。一件ずつ、丁寧にスタートアップのファウンダーと話をしながら、我々が本当にフィットするかを見極めつつ、少しずついい成功事例を作っていきたい。また、今やっている株式でのパートナーシップも徐々に増やしつつ、金銭的にも体験的にも一緒に成功できるような仕組みを作りながら成長していけたら」と展望を語りました。

次回12月4日(土)の放送は、トヨタ自動車株式会社ZEVファクトリー ZEV B&D Labグループ長の谷中壮弘(やなか・あきひろ)さんをゲストに迎え、お届けします。トヨタが提案する新たな移動の形、未来のモビリティについての貴重な話が聴けるかも!? どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年12月5日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/podcasts/futurepix/

Facebook

ページトップへ