山本彰吾、吉野北人、岩谷翔吾、陣、RIKU…THE RAMPAGEメンバーのラジオ番組

1月25日(水)にニューアルバム『RAY OF LIGHT』をリリースするTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下:THE RAMPAGE)。1月21日(金)は、山本彰吾さん、吉野北人さん、岩谷翔吾さんがパーソナリティを務める『THE RAMPAGEのオールナイトニッポンX(クロス)』が放送されます。

今回は陣さん、RIKUさんがレギュラー出演している番組も含め、THE RAMPAGEのメンバーが出演するラジオ番組をご紹介します。

4回目の『オールナイトニッポンX(クロス)』パーソナリティを担当!

山本彰吾、吉野北人、岩谷翔吾出演 ニッポン放送『THE RAMPAGEのオールナイトニッポンX(クロス)』

1月21日(金)24時からニッポン放送にて『THE RAMPAGEのオールナイトニッポンX(クロス)』が放送されます。

山本彰吾さん、吉野北人さん、岩谷翔吾さんが『オールナイトニッポンX(クロス)』のパーソナリティを務めるのは今回が4回目。1月25日(水)にリリースされるニューアルバム『RAY OF LIGHT』の宣伝のため、3人が即興のラジオCMに挑戦します。

『オールナイトニッポンX(クロス)』公式Twitterでは、リスナーからCMで使うキャッチコピー(文言)を募集しています。

放送はスマホに特化した短尺のバーティカルシアターアプリ「smash.」と連動し、スタジオの様子を映像で生配信。番組終了後には「smash.」限定のアフタートークの配信も予定しています。

山本彰吾さんのコメントはこちら!

皆さんお久しぶりです! THE RAMPAGE です! またまたオールナイトニッポンXさんへ出演させていただけることになりました! 今回も3人で楽しくレギュラーを勝ち取る為に頑張りたいと思いますので、皆さん是非聴いてください!

THE RAMPAGEのオールナイトニッポンX(クロス)
放送局:ニッポン放送
放送日時:2022年1月21日 金曜日 24時00分~24時53分
出演者:山本彰吾・吉野北人・岩谷翔吾(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#RMPGANNX」

※放送情報は変更となる場合があります。

THE RAMPAGEメンバーのレギュラー番組

陣出演 TOKYO FM『JUMP UP MELODIES TOP20』

毎週金曜のお昼にSpotify 協力の元、その週にアクセスが急上昇した上位20曲を生放送でカウントダウンしていく番組、通称『じゃんめろ』。THE RAMPAGEのリーダー・陣さんが、人気放送作家・鈴木おさむさんと共にパーソナリティを務めます。

毎週チャートに関連したさまざまなアーティストがゲスト出演。最新の音楽情報をチェックできるのはもちろん、ゲストと陣さんとのトークにも注目です。

JUMP UP MELODIES TOP20
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週金曜 13時00分~14時55分
出演者:鈴木おさむ / 陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#じゃんめろ」

※放送情報は変更となる場合があります。

陣、RIKU出演 bayfm78『WEEKEND THE RAMPAGE』

THE RAMPAGE初のレギュラーラジオ番組として、2017年にスタートした通称『ウィーケン』。陣さんとRIKUさんがDJを務め、テンション高く楽しく毎週金曜の夜を盛り上げます。

「ウィーケン学園高等学校」と題してリスナーから“ワルエピソード”を募集しているほか、陣さん、RIKUさんが探検隊に扮しリスナーから寄せられた未確認生物の情報を調査する「ウィーケン探検隊」という独特なコーナーがあります。放送は、ニコニコ動画とコラボレーションし、放送後には「ニコニコチャンネル」で番組では聴けない、スペシャル動画配信も行われています。

WEEKEND THE RAMPAGE
放送局:bayfm78
放送日時:毎週金曜 21時00分~21時30分
出演者:陣 / RIKU (THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組ホームページ
公式Twitter

番組公式ハッシュタグ「#rmpg」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

戦後沖縄初のアナウンサー 川平朝清がナビゲート!沖縄ならではのジャズ=ウチナージャズの魅力を探る特別番組をJ-WAVEでオンエア

左:ジョン・カビラ、右:川平朝清/番組収録は息子ジョン・カビラのサポートのもと実施

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)では、7月10日(日)22:00~22:54、沖縄で戦後のアナウンサー第1号となった川平朝清(94歳)のナビゲートで、「沖縄ジャズの戦後史」をテーマにした特別番組『J-WAVE SELECTION UCHINA JAZZ CHRONICLE ~沖縄ジャズの戦後史~』をオンエアいたします。

米軍統治下にあった沖縄では、基地内に兵士のための20以上のジャズクラブが立ち並び、ビックバンドのコンサートが頻繁に開かれていました。1950~60年代には沖縄だけで400人以上ものミュージシャンが基地での演奏に従事し、売れっ子ミュージシャンともなると高給が保証される全盛時代を迎えます。しかし、1972年の日本本土復帰により状況が一変。400人以上いたプレイヤーの9割は失業し、ジャズマンたちの仕事場はホテルのラウンジやライブハウスに移っていきます。その後、沖縄のジャズは、沖縄ならではの要素を吸収しつつ、独特の発展を遂げていきます。

今年5月、沖縄が本土復帰50年の節目を迎えました。この番組では、長兄の朝申さんと共に米軍政府運営の下「AKAR」を設立し、沖縄で戦後のアナウンサー第1号となった川平朝清のナビゲートで、沖縄ならではのジャズの発展を振り返ります。

今なお現役ミュージシャンとして沖縄ジャズをけん引するドラマー 上原昌栄(86歳)をはじめ、これまでウチナージャズを支えてきたミュージシャンや関係者たちにインタビューを実施。長い時をかけて、沖縄ならではのジャズに昇華した「ウチナージャズ」の魅力を探るとともに、ジャズから見た沖縄の戦後史に迫ります。

番組内容

① 川平朝清 沖縄のジャズの思い出
沖縄で戦後初のアナウンサーとしてラジオ番組を担当していた頃の沖縄ジャズシーンを振り返ります。

220704_uchinajazz_2.jpg


②ウチナージャズプレイヤー それぞれの戦後史
上原昌栄ほか、ウチナージャズプレイヤーたちがそれぞれがどのように戦後ジャズと関わってきたかを紐解きます。

220704_uchinajazz_3.jpg


③『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』レコーディングの様子
真栄里英樹の総合プロデュースのもと、ウチナージャズプレイヤーが集結し制作されたアルバム『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』のレコーディングに潜入。同アルバムには、沖縄の新世代ビッグバンド・メンバーと、戦後米軍基地のクラブで活躍したレジェンド・ミュージシャンたちが融合した、<ウチナージャズ>が全15曲収録されています。真栄里英樹に加え、女性ジャズ・ヴォーカルの継承者 安富祖貴子、そして同レコーディングに最年長として参加した、今年92歳になる現役サックス・プレイヤー アラン・カヒーペのインタビューを交えながら、ウチナージャズの現在をお届けします。

220704_uchinajazz_jacket.jpg

番組概要

放送局:J-WAVE(81.3FM)
番組名:J-WAVE SELECTION UCHINA JAZZ CHRONICLE ~沖縄ジャズの戦後史~
放送日時:2022年7月10日(日)22:00~22:54
ナビゲーター:川平朝清
番組サイト: https://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/

Facebook

ページトップへ