佐久間宣行「失敗してもラジオで話せばいいか!」『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』インタビュー

元・テレビ東京プロデューサーである佐久間宣行さんがパーソナリティを務める『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』。2019年4月にスタートして、この春で放送4年目を迎えます。

ラジコ編集部では、昨年七夕にSNS上で行った「インタビューしてほしいパーソナリティは?」 という質問に対してユーザーから多数回答をいただいたこともあり、今回佐久間さんにインタビューを実施。佐久間さんが思う番組の魅力や、ラジオを初めてからの心境の変化、印象に残ったゲストなどをお聞きしました。

番組の魅力は「リスナーメールのレベルの高さ」

ーーご自身で番組にキャッチコピーを付けるとしたらどんなものになりますか?

何だろう? 仕事のことも普段の生活のことも結構喋るので……実際は「おじさんドキュメントラジオ」だと思います。

ーー番組の魅力を一言で教えてください。

番組の魅力は、やっぱりリスナーが送ってくるメールのレベルの高さ。とにかくリスナーから届くメールがめちゃくちゃ面白いんですよ。「なんでこんなに面白いんだろう」と、毎回思っています。

放送がある日のタイムスケジュール紹介

放送がある日のタイムスケジュールの一例をお聞きしました。

10時半〜13時半:担当番組の会議

13時半〜15時:編集・最終調整(MA作業)

15時〜21時:番組収録

21時〜22時:収録終わりの打ち合わせ

22時:帰宅
入浴後、1時間半ほど仮眠
番組で話すことが前日までに浮かんでいれば寝られるけれど、思いつかない時はこの時間に考えることも…話すネタは移動中にスマホにメモしている。

25時:スタジオ入り
スタジオ到着後は、リスナーからのメールをチェック。

27時〜28時30分:『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』オンエア
帰宅後は弁当作りのあと就寝。

佐久間宣行が過去に聴いていた&現在聴いているラジオ番組

ーー過去に聴いていた番組や好きだった番組を教えてください。

一番最初に聴き始めたのは、伊集院さんの『伊集院光のオールナイトニッポン』(ニッポン放送 1988年〜1990年)。それからとんねるず(『とんねるずのオールナイトニッポン』ニッポン放送1985年〜1992年)とか、電気グルーヴ(『電気グルーヴのオールナイトニッポン』ニッポン放送 1991年〜1994年)とか、コサキン(※)を聴くようになリました。

※コサキン(小堺一機さん・関根勤さん)による番組が1981年〜2009年にTBSラジオで放送。改編のタイミング等で番組タイトルは度々変更された。

ーーそれらの番組にハガキを送った経験はありますか?

『伊集院さんのオールナイトニッポン』にハガキを書いたことがあります。抽選で賞品がもらえる企画に合わせて書いたような気がします……ちなみにハガキは読まれてないです(笑)。あとはコサキンにも送ったかもしれません。

ーーまた、現在放送中の番組で普段聴いている番組はありますか?

『オールナイトニッポン』を結構聴いています。よく聴くのは星野源さん、Creepy Nuts、もちろんオードリーも!

「何でもネタになる」ラジオを初めてからの心境の変化

ーー普段のお仕事とラジオのお仕事の違いはどんなところですか?

普段の仕事は番組を作る側なので、全然違いますね。僕は基本的に「出演者をどう活かすか」を一番に考えています。僕が作る番組では、出演者にいつもと違う表情を見せてほしいので、とにかく「この人が普段やっていないことはなんだろう」と考えていることが多いです。

ーーラジオをやるようになってからご自身の中での変化はありますか?

パーソナリティを担当するということで、まさか自分が商品になるとは思っていませんでした。そこで割り切って、あけすけに喋っていたら番組が続いているという感じです。昔から「何かあったら人に話を聞いてもらいたい」という気持ちがあったので、それをより強く感じるようになりました。

あと、ラジオをやるようになってからは「何でもネタになる」と思って過ごしています。何か起きてもそれを番組で話すことで「失敗が失敗ではなくなるな」と、気持ちが楽になりました。普段はどちらかというと「石橋を叩いて渡らない!」くらい慎重な方なんですが、番組があるおかげで「失敗してもラジオで話せばいいか!」と、色々なことに挑戦しようと思えたのは大きいかもしれません。

千鳥、伊集院光…今まで印象に残ったゲスト

ーー今までの放送で印象に残ったゲストを教えてください。

千鳥ですね。最近だと『トークサバイバー!~トークが面白いと生き残れるドラマ~』(Netflix配信で佐久間さんが企画演出を務めるバラエティ番組)の番宣を兼ねてでしたが、放送が始まって間もないタイミングにも来てくれて、3年間の間に2回出演してくれました(2019年6月13日、2022年3月9日放送)。

千鳥に「佐久間さん3年前に比べてすげーラジオパーソナリティっぽい!」っていじられたけど、そんなことよりこの3年間の間に「お前らめちゃくちゃ売れたな!」って思いました(笑)。スタジオに入ってきた千鳥からは売れた芸能人の”覇王オーラ”みたいな、すごいオーラが出ていて、もちろんトーク中もめちゃくちゃ面白くて。それがかなり印象的でした。

あとは、これも始まってからすぐのタイミングで伊集院さんが来てくれた回(2019年6月20日放送)。僕は、先ほど話した伊集院さんのラジオを聴いていたし、しかも同じ水曜深夜3時の放送(※)を聴いてラジオを好きになったので。同じ水曜深夜3時に放送している、同じ『オールナイトニッポン』の自分の番組にゲスト出演してもらえてすごく嬉しかったです。

※『伊集院光のオールナイトニッポン』(ニッポン放送 1988年〜1990年)は、1988年10月から1990年3月までは毎週水曜日27時〜29時放送。1990年4月から同年9月までは毎週金曜日27時〜29時放送。

 ーー今後ゲストに呼びたい方はいますか?

まだまだ話したい芸人さんはたくさんいます。それ以外ではプロデューサーとか、映画監督とか、作り手側の人と話してみたいですね。話を聞きたいのは、難しそうだけど片岡飛鳥さんとか。あとは僕が見て面白いと思ったYouTuberとも話したいなと思っています。

ーー最後に番組を聴いているリスナーやradiko news読者に向けてメッセージをお願いします。

4年前に番組が決まって「夢のようなことだな」と思ってから、まさか放送4年目に突入するなんて思っていませんでした。番組が継続しているのは聴いてくださった皆さんのおかげですし、こんな夢のような時間を続けさせてくれてありがとうございます。

ラジオで何でも喋るので「40代のおじさんドキュメント」を、これからもぜひお聴きいただきたいなと思います。

【番組紹介】佐久間宣行出演 ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO) 』

元・テレビ東京プロデューサーである佐久間宣行さんがパーソナリティを務める番組。

佐久間さんは、2015年8月29日放送の『オールナイトニッポンR』を経て、2019年4月3日より『オールナイトニッポン0(ZERO)』の毎週水曜日を担当しています。放送始当時の佐久間さんはテレビ東京に勤務し、中学1年生の娘がいる43歳の会社員であり、現役テレビ局員として初のレギュラーパーソナリティという点が大きな話題となりました。

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週水曜 27時00分~28時30分
出演者:佐久間宣行
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#佐久間宣行ANN0」

※放送情報は変更となる場合があります。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO) 』詳細はこちら

過去の放送回紹介(※一部)

三四郎・小宮、佐久間宣行と衝撃の『ゴッドタン』初出演を振り返る

佐久間P、3月末でのテレビ東京退社を報告「執拗な引き止めがあると思った。全然無い(笑)」

テレ東・佐久間P、番組配信イベントの裏話を語る!「振替は絶対やります。ただ、たぶん匂わせた日じゃないです(笑)」

加藤浩次、佐久間Pにドラマ『GTO』出演辞退の真相を語る「正直じゃないというか、あれはかっこ悪い」

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

2027年までにトマホーク500発の購入を検討の報に大竹「抑止力は、専守防衛の中で大事だけど、ちょっとノリを超え始めてるんじゃないかな」

11月30日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)にて、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討しているというニュースを取り上げ、大竹がコメントした。

読売新聞によると、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討していることがわかった。岸田首相は13日のバイデン米大統領との首脳会談で購入交渉を進展させる方針を確認し、「反撃能力」の保有に向け、準備を加速させている。

防衛省は改良された12式の配備が遅れたとしても、反撃能力を早期に確保するため、トマホークを導入したい考えだ。北朝鮮がミサイル発射技術を急速に進展させていることなどを踏まえ、最大500発の保有が必要だと見積もっているという。このニュースを受けて大竹は、次のようにコメントした。

大竹「これはやっぱしクリミア併合あたりからの今のロシアとウクライナの戦闘状況、アジアでは中国の脅威、それに合わせて北朝鮮という条件が重なって、にわかに我が国の専守防衛の問題が国会でこのままの防衛費で足りるのかしらと。もうちょっと上げた方がいいんじゃないのっていう議論が始まって2027年までには防衛力を上げていこう、今までの1%ちょっとから2%まで上げるという話になってきた。これによって日本の防衛予算はアメリカ中国に次ぐ防衛予算は、第3位に躍り出るということになる。それが本当の日本の専守防衛の形になるのか」

さらに番組では東京新聞による柳沢協二・元官房副長官補の発言を取り上げた。

「最大の問題は、日本を狙う攻撃の着手を事前に認定できても、たたけば結果として日本が先に相手の本土を攻撃する構図になることだ。国際法上は先制攻撃ではないとの理屈でも、相手に日本本土を攻撃する大義名分を与えてしまう。確実に戦争を拡大させ、際限のないミサイルの撃ち合いに発展する」
これに大竹は同意し、次のように続ける。

大竹「前にも言ったけどウクライナはあれだけ国内にロシアからの攻撃を受けつつも、ロシア本土の攻撃はしていない。それには、諸事情、NATOとの関係、アメリカとの関係とかいろいろあるだろうけども、もしこれを攻撃するようなことになれば、火種がここで収まらないであろうということが簡単に想像できる。だからそれも含めてしないんだろうなという想像はできる。日本は、もうこれ無理だととあるコメンテーターが言っている。中国も、北朝鮮もこっちにたくさんミサイル向いてる。1カ所攻撃したところで、何箇所でも攻撃したところで、それをやったらとんでもない目に遭うだろうというようなことがもうわかりきってる。何千発のミサイルがこちらを向いているって言ってもね言い過ぎじゃないくらいの状況だと思うよね。そういう中で国としては、建前かもしれないけども、抑止力だと。それは俺もわかる。抑止力は、専守防衛の中で大事だけどこの抑止力が、敵基地攻撃能力とか、相手の軍事施設とか相手の国会とかそういうところを攻撃するっていうのがちょっとノリを超え始めてるんじゃないかなっていう危惧は十分にあるよね。

Facebook

ページトップへ