群馬の情報からクイズ、大喜利、電話コーナーまで賑やか!群馬県のおすすめラジオ番組

都道府県別にラジオ番組を紹介するシリーズ。今回は群馬県の民放ラジオ局(FM GUNMA)の番組の中からご紹介します。

FM GUNMA

FM GUNMAは2022年7月に新社屋(前橋市千代田町)に移転(以前は同市若宮にありました)。公式サイトには新社屋のプロモーションムービーが公開されています。キャッチフレーズは”ワクワクマシマシ”。FMラジオ局(JFN系列)としては唯一、全国高等学校野球選手権大会群馬県大会実況中継を実施しています。

『WAI WAI Groovin'』

2015年スタート。放送8年目に突入した人気朝ワイド。パーソナリティーは群馬市藤岡市出身(ぐんま観光特使・藤岡市観光特使)、中学3年生の頃からDJを夢見ていたという内藤聡さん。ポップな語り口調に話す内容は人情たっぷり。ラジオと音楽、人と話すことが大好きな内藤さんが群馬のリスナーを元気にします。オープニングのお決まりの挨拶は「ボンジーーアーーー!!」(ポルトガル語で「おはようございます」の意味)。

コーナーの一部を紹介すると、8時を過ぎると音楽クイズ「ミミモン!!」の出題があります。イントロクイズ、曲の一部分から曲名を当てるクイズ、曲のはじめの部分の逆再生を聞いて曲名を当てる「逆再生問題」(難題)などがあります。そのほかさまざまな専門家に話を訊く「WG WATCH」(金曜は上毛新聞の運動部の記者が登場)、しりとり形式で選曲する「MUSIC CONNECT」など。

9時台の「今日のラッキーさん」は、その日のテーマに沿ったリスナーさんと電話でおしゃべり。「HI! 心呼吸」は内藤さんの珠玉の選曲でリラックス。紹介した曲と解説は『WAIWAI Groovin'』のブログに綴られてあります。10時台には日替わりコーナー「年中夢中で若宮中」のほか、中継企画(火曜)もあります。

WAI WAI Groovin'
放送局:FM GUNMA
放送日時:毎週月曜~金曜 7時30分~9時00分
出演者:内藤聡
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「#WG863」

※放送情報は変更となる場合があります。

『POT LUCK』

”POT LUCK“とはみんなで開く持ち寄りパーティー。 ゲストやリスナーと「好き」や「おすすめ」を持ち寄って、音楽、映画、本、アートなど、エンタメ・カルチャーの話題を生放送でお届けします。パーソナリティーは前橋出身の木暮あかりアナウンサー。

なかでも17時台前半に注目。月曜には群馬県出身の女優・新條由芽さんが昭和の名曲を歌詞の朗読とともにお届けする「新條由芽 黄昏ミュージック」。王道から、時にはちょっと変わった曲まで紹介します。 火曜は県内の大学生の今を伝える「ユニラジ」、水曜は高校生のトレンドや活躍する部活の紹介などを紹介する「高校タイムズ」があります。 17時台中盤にはさまざまな人がとっておきのものを紹介する「今日のひとしな」のコーナーもあります。地元の人がおすすめする、ちょっといいものにご注目ください。

POTLUCK
放送局:FM GUNMA
放送日時:毎週月曜~水曜 16時00分~16時50分
出演者:木暮あかり
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「#POTLUCK863」

※放送情報は変更となる場合があります。

『news ONE』

パーソナリティー・揚妻由璃子さんが全国および県内ニュースをはじめ、気になる話題を丁寧に伝えます。ニュースヘッドラインから始まり、ニュースプラス、特集企画、ニュースワンアラカルトと展開。ニュースワンアラカルトではスポーツの話題、気になる用語の解説、上毛新聞記者リポートなど日替わりで放送されます。

news ONE
放送局:FM GUNMA
放送日時:毎週月曜~水曜 18時00分~18時55分
出演者:揚妻由璃子(コーナー出演:岡部哲彦、笹川裕昭、榊原博、大津瑛寛 他)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「#newsONE」

※放送情報は変更となる場合があります。

『148neo』

ネタ投稿コーナーが盛りだくさんの番組。リスナーは“アミーゴ”と呼ばれています。パーソナリティーはアミーゴに対する“飴と鞭”を駆使したトークが面白い高橋和実さんです。

コーナーは、初投稿のリスナーやネタコーナーで読まれないリスナーからのメッセージを紹介する「チェリーボール・チェリーガーイ」、リスナーと一緒に「BOSS BLACK」とおやつを楽しむ「BOSS BLACKタイム」と「おやつタイム」、いろいろな“あるあるネタ“を紹介する「148あるある」、自虐ネタ満載「俺くらいシリーズ」、その名の通りおじいちゃん、おばあちゃんネタの「うちのじーちゃんばーちゃん」、3つめでオトす「ホップ・ステップ・バカ」、CMの時間まで投稿したアミーゴのラジオネームを紹介し続ける「ラジオネームでガッツポーズ」、とにかくおバカな投稿を紹介する「148バカ一代」、100年後のアミーゴに送る「迷言148」ほか。

148 neo
放送局:FM GUNMA
放送日時:毎週木曜 13時00分~13時55分
出演者:髙橋和実
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

『G★FORCE』

群馬で活躍する人や会社を楽しく紹介する企画とリスナー参加のおふざけ企画のバランスが絶妙な番組。パーソナリティーは竹村淳矢さん(手作り餡子の甘いやつ)とツッコミが素早い櫻井三千代さんで、かけあいが楽しいコンビです。

地元にまつわるさまざまな人や情報を知ることができる「人間力向上委員会」、をはじめ、リスナー投稿企画「超能力クイズ」、公式サイトに公開された写真に一言を添える「写真でひとこと」、リスナーのミステリー体験やお気に入りの都市伝説、 興味のあるオカルト案件などを紹介する「World Wide Wonder」、良い意味でくだらない「シアター★G」など。

G★FORCE
放送局:FM GUNMA
放送日時:毎週月曜~水曜・金曜 12時00分~12時55分
出演者:竹村淳矢、櫻井三千代
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほか、広島出身・高崎在住のシンガーソングライター・玉城ちはるさんが若手アナウンサー・大津瑛寛さんと送る昼ワイド『FRIDAY フルスロットル!!!』(金曜 12時〜14時50分)、伊勢崎市出身の和田颯さんが送る『Da-iCE 和田颯のハヤラジ』(木曜20時〜20時30分)、毎回ひとつのおしごとをテーマに深堀りする『蛙亭のおしごとおたまじゃくし』(第1火曜 15時〜15時55分)など盛りだくさんです。

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

タグ

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ