人気ラジオ『宮下草薙の15分』の魅力に迫る!15分しかないのに喧嘩することも!?

お笑い芸人のラジオ番組の中でも異色の15分という短さで、毎週金曜日に放送されている『宮下草薙の15分』。"お笑い第7世代"の人気コンビ・宮下草薙が贈る本番組の魅力を解説します!

宮下草薙出演 文化放送『宮下草薙の15分』とは?

毎週金曜日深夜に放送されている文化放送『宮下草薙の15分』は、2020年2月にスタートしました。番組名通り、放送時間は15分で宮下さんと草薙さんの2人がトークを繰り広げます。

しかし、番組開始当初、2人は15分という短い時間でもトークを続けられないという弱点が……! その悩みを解決するべく2人が出演したのが、教養バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)でした。「宮下さんは草薙さんから想定外のツッコミを入れられると軌道修正ができない」、「草薙さんは事前に用意してきたトークを15分の間にまとめられず、途中でカンシャクを起こす」という問題をマネージャーから暴露された2人は、アルコ&ピース・平子祐希さんや、ハライチ・澤部佑さんなど冠ラジオ番組を持っている先輩芸人の前で模擬ラジオ番組を披露することに。

すると「最近何かあった?」、「宮下は?」とお互いにトークの主導権を押し付け合う様子に平子さんも澤部さんも苦笑い。そして、平子さんと澤部さんから指摘を受けた2人はお互い険悪なムードになってしまったのでした。その後、宮下さんはオードリー・若林正恭さんから「クールダウンしよう」と促され、草薙さんは「俺が悪いんだな」と反省。『しくじり先生』に出演したことで、改善点を知ることができたのでした。

また、『しくじり先生』への出演で番組の注目度も上がり、放送スタートから2年半以上が経過した現在では、「素の2人のトークが心地良い」、「グタグタなところが逆にいい」と多くのリスナーに愛されています。放送100回目を迎えた2021年12月には初めての生放送と生配信を行い、リスナーを楽しませました。そのほかにも通常の15分から大幅に延長した60分の特番も放送され、宮下草薙をあまり知らない人でも面白く聴ける、思わずクスッと笑ってしまう番組です。

宮下草薙の15分
放送局:文化放送
放送日時:毎週金曜 26時45分~27時00分
出演者:宮下草薙
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「#宮下草薙の15分」

※放送情報は変更となる場合があります。

過去の放送内容エピソード紹介

祝60分特番!草薙のNSC面接エピソードにリスナーは「激ヤバ…」(2020年2月8日放送)

『宮下草薙の15分』の放送がスタートしてから約1か月に放送されたのが、特番『宮下草薙の60分』(2020年2月8日放送。通常よりも4倍長い時間で放送されたこの日、リスナーの注目を集めたのは草薙さんの“面接”のエピソードでした。

現在、太田プロダクションに所属している宮下草薙の2人ですが、草薙さんは現在の事務所に所属する前、吉本興業の養成所・NSC(吉本総合芸能学院)を受験したのだそう。受験の結果は不合格だったものの、草薙さんのNSC受験は吉本興業のスタッフと所属芸人に強烈なインパクトを与えていました。草薙さんがNSC受験当時のことを「あまり覚えていない」と話す一方で、宮下さんは吉本芸人からある噂を聞いていたようで「おまえ、履歴書の自己PRに『落ちたら死にます』って書いたんだって?」と、草薙さんが履歴書に書いた内容を語りました。

宮下さんが聞いたところによると、草薙さんが書いたその自己PRは吉本興業内で「ヤバイやつが来る!」と話題になりましたが、草薙さんは面接当日にまさかの遅刻。雨でびしょ濡れになりながらも2時間遅れて面接会場にたどり着くと、すでに片付けをしていたスタッフを目の前に呆然と立ち尽くしたんだとか。

「すみません」の一言もなく、ただ立ち尽くす草薙さんの様子にスタッフは「怖っ!」と恐怖を感じ、「刺激しないように面接だけはしよう」と草薙さんの面接を行ったそうです。呆然と立ち尽くしていたことについて草薙さんは「当時、『遅れてすみません』を習っていなかった」と釈明し、さらに「めっちゃ遠かった!面接官が壁に張り付いてた」とスタッフとの間に距離があったことを思い出し、「バット持ってるスタッフさんがいた」と厳重な監視の中で面接を受けたことを話すと、リスナーから「激ヤバ…」と驚きの声が上がっていました。

放送100回目記念で、草薙“板割り”チャレンジ!その結果は?(2021年12月3日放送)

先述の60分特番『宮下草薙の60分』や、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』での先輩芸人からのダメ出しを受けつつ、番組は2021年12月3日に放送100回目を迎えました。この日は生放送に加え、文化放送の公式YouTubeで番組放送前の深夜2時から生配信も行われました。

放送を締め括ったのは、草薙さんによる“板割り”。放送100回目を迎えるおよそ1年前から、正拳突きに取り組んでいた草薙さんは「100万回正拳突きをこなしたら板を割る」を目標としており、当時はまだ40万回でしたが、100回目の節目にあわせて板割りを披露することになりました。

これまでの修行の成果から「最初の頃とは全然音が違う」と、自信を見せ「バッ、バッ、バッ」と正拳突きができると豪語した草薙さん。しかし、厚さ数センチある板を目の前にすると「軽くポンって当ててみたけど、これは硬い…」という感想を述べていました。

そして、板割り本番。「本当、みなさんに感謝。ありがとうございます。こんなラジオにお付き合いいただいて」、「至らない時とかもありましたけども、本当にありがとうございました」と再度リスナーへ感謝の言葉を述べ、「いくぞ!」とひと突き。すると、草薙さんが放った拳は力強く板にぶつかり、見事真っ二つに。これには拳を振り上げ、雄叫びを上げた草薙さん。ラジオブースから飛び出し、体全体で喜びを爆発させました。

宮下の唐突な婚約報告に草薙ビックリ「そんなフワッと言う感じじゃ」(2021年11月19日放送)

予想もつかないトークが醍醐味となっている『宮下草薙の15分』。2021年11月19日の放送では、草薙さんもビックリした宮下さんのある報告が話題になりました。

ハロウィンも終わって半月が経過したこの日は、リスナーから「思い出に残るハロウィン」について質問が届きました。「ないね」と話す草薙さんに、「仮装しないもん」と口を開いた宮下さんは続けて「31日ですよね?…10月の」と、含みを持たすと「仮装とかしないけど、今年の10月31日にプロポーズしました」とまさかの婚約を発表! これには草薙さんも驚きながら「そんなフワッと言う感じじゃ!」と、ツッコミを入れていました。

その後、宮下さんは自身のプロポーズに言及。ロマンチックなプロポーズはハードルが高いと思う一方、何気ない日常の中で「結婚しよう」とプロポーズするのも「ベタだな」と感じていた宮下さんは、なかなかプロポーズができないことが続いていたそうです。すると交際していた女性から「どうとでもいいから、しな」と、プロポーズを迫られてしまい、10月31日に2人で都内に出かける際、ドアを開けたら指輪を持っている宮下さんがいる……というシチュエーションでプロポーズをしたと語りました。

なかなかプロポーズできなかった相方に対し、「プロポーズにベタとかないよ」と笑っていた草薙さんでしたが、「おめでとう!」と宮下さんの婚約を祝福していました。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ