TOKIO・松岡昌宏、中田英寿とラジオ対談! 食へのこだわりを語る

中田英寿さんがナビゲーターを務める『TDK VOICES FROM NIHONMONO』(J-WAVE)。9月3日の放送は、TOKIO・松岡昌宏さんがゲスト出演しました。(J-WAVE『TDK VOICES FROM NIHONMONO』2023年9月3日放送分)

TOKIO・松岡昌宏、中田英寿と約25年ぶりの再会!

元サッカー日本代表・中田英寿さんが日本全国を巡る旅の中で出会った、日本の本物とその作り手の声を紹介する『TDK VOICES FROM NIHONMONO』。スペシャルウィークの9月3日(日)は、中田さんがスタジオに登場する「月イチにほんもの」を放送。TOKIO・松岡昌宏さんをゲストに招きました。

中田さんと松岡さんは、ともに1977年1月生まれの同級生。松岡さんとは20歳ごろからの付き合いという中田さんは、現役時代の1998年にイタリアへ渡って以来、実に25年ぶりの再会であることをオープニングで語りました。松岡さんがスタジオに登場すると、お互いの見た目に触れながら当時の思い出を振り返ります。中田さんが麻布十番のバーで飲んでいた際、松岡さんが料理を作っていたそうで、松岡さんは「すごくバーテンダーに憧れていて、いろんなお酒の勉強とかをしていて。ヒデがカウンターに座ってて、俺が(カウンターの)中に入って作ってた」と語りました。名古屋のバーで飲んだ際は、マスターが気を遣ってくれた中、店内で流れていたFMラジオから2人が飲んでいる情報が流れてきたエピソードも披露されました。

「25年ぶりの再会」を3分お試しで今すぐ聴く↓

料理好きとしても知られ、テレビ番組などで腕前を披露することも多い松岡さん。料理を始めた時期は、3歳で従兄弟と玉子焼きを一緒に作ったのが最初と答えると、中学生時代には母親の分までお弁当を作っていたことを明かしました。大人になった現在もストレス発散を目的に「週3は包丁を握らないと嫌」だと語り、ドラマの収録でホテル暮らしが続くと、料理が出来ないことによるストレスを感じるそうです。

『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)などで長年にわたり、日本各地でものづくりや農業に携わる人たちと多く交流してきた松岡さんですが、道具や食材のこだわりについて、その土地の食材や風土色を踏まえながら農家たちと話し合ってものづくりを行っていると語りました。

「料理好きのきっかけ」を3分お試しで今すぐ聴く↓

北海道出身の松岡さんは「北海道でおすすめのもの」について聞かれると、「氷下魚(こまい)」と回答。子どものころから、氷下魚を乾燥させたものや一夜干しなどをおやつで食べていたことを明かすと、中田さんは「子どもが食べるものじゃない。大人が酒のあてに食べるやつ」と驚きの反応。北海道の子どもにとって氷下魚はおやつ、と改めて主張する松岡さんは「駄菓子屋に通ってた子どもは居酒屋に行くよ。大人になると、あの味覚を覚えてるから」と氷下魚の魅力について語りました。「子どものころは、甘いものがおいしいと思う」という中田さんの考えには、「塩辛、すじこ、氷下魚だからねえ」と否定し、北海道出身ならではの食のこだわりが感じられました。

「北海道のおすすめ」を3分お試しで今すぐ聴く↓

TOKIOとしては、2022年5月にアウトドア開拓フィールドの活動拠点「TOKIO-BA(トキオバ)」(福島県西郷村)を開設。将来のヴィジョンについて聞かれると、「いろんな会社だったり、農業をしたい人だったり、アウトドアだったり、いろんな人がタッグを組んで作っていく、ひとつのコミュニティの場としたい」と意気込みを語りました。農業を仕事とプライベート、どちらでやってきたいかを中田さんに聞かれると「自分が何を食べたいかによると思う」、「新しい料理を作るのが大好きだから、きっとそれが仕事に代わるし、将来はプライベートだと思う」と答えました。

「将来のヴィジョン」を3分お試しで今すぐ聴く↓

TDK VOICES FROM NIHONMONO
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週日曜 12時00分~13時00分
出演者:中田英寿、笹木かおり
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#にほんもの」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「音楽」は“歌詞 or メロディー”どっちから好きになる? 津田健次郎「完全にリズム、もしくはメロディー派」

声優・俳優の津田健次郎がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの新ラジオ番組「津田健次郎 SPEA/KING」(毎週日曜 12:00~12:30)。声優として数々の人気アニメ作品、俳優としても話題のドラマ・映画に出演。今もっとも注目を集める才能・津田健次郎のパーソナルな一面が知れるレギュラーラジオ番組です。5月12日(日)の放送では、20代の女性リスナーから届いた「音楽」に関する質問に答えました。


パーソナリティの津田健次郎



◆「リズム or 歌詞」どっちから好きになる?

<リスナーからのメッセージ>
「毎週(番組内で)津田さんが選曲されている素敵な音楽に関して質問があります。津田さんが音楽を聴くとき、リズムから好きになるか、歌詞から好きになるか、どっちが多いですか? ちなみに私は、リズムやメロディーを聴いて好きになるパターンが多いです」

津田:僕は完全にリズム、もしくはメロディー(から好きになる)派で、その後に歌詞を知ることもすごく多いです。音楽をよく聴いていた頃は洋楽のほうが多かったので余計にそうだったのかもしれないですけど、(歌詞の内容を知って)“こんな歌詞だったんだ!? 全然印象が違うじゃん”っていう曲もあるし、“メロディーにドンピシャに合ってるね”もあるし、“あれ? 意外とエッチなのね”もあるし(笑)。

メロディーから入る派としては“歌詞を後から知る”っていうのも1つの面白い楽しみ方ですよね。もちろん、歌詞から入る方もいらっしゃるでしょうし、そこからまた曲の世界が広がっていくと、すごく面白いでしょうね。

<番組概要>
番組名:津田健次郎 SPEA/KING
放送日時:毎週日曜 12:00~12:30
パーソナリティ:津田健次郎
番組Webサイト:https://15audee.jp/articles/news/arzGScruNeYzMYs9hC6vN9xF

Facebook

ページトップへ