亀梨和也&菜々緒が"サイコパス"と感じた瞬間は? 『映画「怪物の木こり」公開直前スペシャル』

亀梨和也さんが主演を務める映画「怪物の木こり」が12月1日(金)に全国で公開。ニッポン放送では、映画の公開を記念した特別番組を放送し、亀梨さんとヒロインを務めた菜々緒さんが出演しました。(ニッポン放送『映画「怪物の木こり」公開直前スペシャル』2023年11月26日放送分)

亀梨和也と三池崇史が初タッグ! 超刺激サスペンス映画「怪物のきこり」

「第17回 このミステリーがすごい!大賞」(2019年)を受賞した倉井眉介さんによる同名の小説を実写映画化。目的のためには手段を選ばず、殺人すらいとわないサイコパス弁護士・二宮彰役を主演・亀梨和也さんが務めるほか、連続殺人事件を追う警視庁のプロファイラー・戸城嵐子役に菜々緒さん、二宮の本性を知らない婚約者・荷見映美役に吉岡里帆さん、二宮の協力者でサイコパス外科医・杉谷九朗役に染谷将太さん、過去の殺人事件の容疑者・剣持武士役に中村獅童さんら豪華キャスト陣が集結しました。

監督は『悪の教典』や『土竜の唄』シリーズなどを手掛けた三池崇史さん。亀梨さんと三池さんは今作で初めてタッグを組みます。主題歌には、SEKAI NO OWARIが本作のために書き下ろした新曲「深海魚」が起用されています。

あらすじ
絵本「怪物の木こり」の仮面を被った殺人鬼が斧で頭を割って脳を奪い去る、猟奇殺人事件が連続して発生。その殺人鬼が次に狙うのは、弁護士・二宮彰(亀梨和也)だったが、彼は殺人鬼を上回るほどの狂気じみたサイコパスだった。

映画『怪物の木こり』公式サイトはこちら

ニッポン放送『映画「怪物の木こり」公開直前スペシャル』(2023年11月26日放送)

ニッポン放送では、映画「怪物の木こり」が12月1日(金)に公開されることを記念し、11月26日(日)19時より特別番組『映画「怪物の木こり」公開直前スペシャル』を放送。番組には主演の亀梨さんとヒロイン・菜々緒さんが出演。フリーアナウンサー・荘口彰久さんの進行で、作品の感想や役どころ、現場のエピソードなどが語られました。

番組序盤では、亀梨さん、菜々緒さんにサイコパス的な要素があるのか、映画のサイコパス監修を手掛けた中野信子さんの著書「サイコパス」を参考に、「サイコパス・チェックリスト」と照らし合わせながらトークを展開。亀梨さんはリスト内の「刺激を求める」を例に、子どものころはジェットコースターやスカイダイビングが苦手だったものの、芸能活動を始めてからは舞台でバンジージャンプを取り入れたフライングや、今回の映画でも歩道橋から飛び降りるアクションをするようになったエピソードを披露しました。対する菜々緒さんは、普段お酒を全く飲まない中、お祝いの席や打ち上げでお酒を飲んだ際、人の好き嫌いが明確に出てしまうことを打ち明けました。

「2人はサイコパス?」を3分お試しで今すぐ聴く↓

サイコパス弁護士を演じる亀梨さんは脚本を読んだ際、当初の演技プランではさまざまな表情を作ることを想定していたものの、三池監督から「今回は引き算だ」、「お客さんを信じている」と声をかけられたそうです。菜々緒さんは「内から出るものをさらに体現している感じを感じ取れた」と亀梨さんの演技について語ると、二宮と戸城が対峙するシーンでは、ピンマイクに心臓の鼓動が拾ってしまうほどに緊張してしまったことを明かしました。

「脚本の印象」を3分お試しで今すぐ聴く↓

そのほか番組では、10月に亀梨さんが三池さんとともに参加したシッチェス・カタロニア映画祭のエピソードトークや、SEKAI NO OWARIによる主題歌「深海魚」を、映画公開前としては地上波初となるフル尺バージョンの楽曲をオンエア。

エンディングで亀梨さんは「派手な部分から考えさせられるような、深いメッセージが盛り込まれている作品に仕上がりました。こういったジャンルが苦手だなと思っている方たちも、ぜひ劇場に足を運んでいただきたいなと。そこを超えて、その先にある素晴らしいこの映画が掲げるメッセージにたどり着き、受け取っていただけたら幸せだなと思います」と呼びかけました。

映画「怪物の木こり」公開直前スペシャル
放送局:ニッポン放送
放送日時:2023年11月26日 日曜日 19時00分~20時00分
出演者:亀梨和也、菜々緒、MC:荘口彰久
番組ホームページ

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#怪物の木こり」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

halca「幸運のお守りになりますように」ニューシングル『Good Luck Waker』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
2月24日のゲストはhalcaさん!
ニューシングル『Good Luck Waker』について伺いました。

『Good Luck Waker』はTVアニメ『ぽんのみち』エンディングテーマ。halcaさん通算10枚目のシングルです。「自分がデビューしたばかりの頃、10枚目を出す頃にはCDを作るのが日常みたいになってるのかなって想像があったんですけど、全然そんなことなくて。いまだに1枚1枚リリースが決定するたびに感動します」

元雀荘を遊び場にする女子高生たちの日常を描いている『ぽんのみち』。halcaさんは麻雀を知っていたのでしょうか?「お母さんが凄く好きなので、気になる存在ではあったんですけど、難しそうだなって思っていて。たまにオンラインで出来る麻雀をしていたんですけど、ポンとかカンとか全然意味分からなくて。“ぽんのみち”をきっかけに役を少しずつ覚えて分かるようになってから楽しくなって。友達、お母さん、音楽プロデューサーさんとアプリで遊ぶようになりました」

最初に聞いた印象は「平和で、ほのぼのしたように聞こえるんですけど、歌詞をよく読むと、楽しい時間は永遠には続かないから、今を大切にしようって思わされる内容だと思いました」

レコーディングではどんなことを意識しながら歌われたんでしょうか?「歌詞の内容からイメージして、今という時間や君を大切にしたいっていう気持ちは嘘じゃないけど、自分を守るためにも、この曲の主人公は何か期待しすぎないようにしている感じがしたので、歌声もあんまり情熱的になりすぎないように歌うことを意識しました」

halcaさんの寝顔が堪能できるMVについても伺いました。「海外サスペンスドラマのオープニングでよく見る、トラックが1本道を走り続ける、ちょっと不穏なことが起きりそうなシーンを撮ってみたいっていうところから始まって。それだけのところから、肉付けしていったんです。撮影場所は、おばあちゃんが1人で管理している牧場でした」

カップリングの『IN THE BRAIN』は作曲・編曲を手がけている山崎真吾さんとの共作で書かれています。「頭の中でモヤモヤしていることを書いたんです。人にやさしくしなきゃいけない場面ってたくさんあると思うんですけど、それを悟られないようにすることが本当のやさしさだとも思っていて。やさしさを人に伝えるのって難しいよなって思って書いてみた曲です。山崎さんから仮段階で頂いた歌詞の内容が遊び心満載だったので、そこからヒントをもらって色々やってみた結果、こうなりました。よく自分が使う顔文字を使ってます」

初回生産限定盤は昨年のツアーの東京公演を収録したBlu-ray付きです。「もうなんかLive Blu-ray出しましたと言ってもいいくらい。ライブフォトブックレットもついてくるので、まだ足を運んだことなくて、ちょっと怖そうだなみたいに思ってる方、これを見て大丈夫だよ、怖くないよって(笑)」

乗り換え案内のアプリでグッと楽になったというhalcaさん。ニューシングル『Good Luck Waker』はhalcaさんにとってどんな作品になったのでしょうか?

「今を大切にしよう、気持ちが明るくなる、そんな目覚めの1枚になれたらうれしいなと思います。みなさんにとって、このシングルが幸運のお守りみたいになりますように」

Facebook

ページトップへ