桑原由気が笑いすぎて涙からのハプニング?!声優が気をつけるべきこととは

声優の桑原由気(写真左)と本渡楓 ©ラジオ関西『桑原由気と本渡楓のパリパリパーリィ☆』

パーソナリティーを務める声優の桑原由気、本渡楓と、リスナーの間で、毎週土曜深夜にひっそりと盛大にパーティーを楽しむ密室型空間バラエティ番組、ラジオ関西『桑原由気と本渡楓のパリパリパーリィ☆』(23:30-24:00)。5日放送回のオープニングでは、なんと桑原が笑いすぎて涙を流すシーンからスタートした。

「こんな始まり方ないよね。この半年で一番笑った。ズビー!」という桑原に、「ちょっと鼻かまないで! 女性声優でがんがんマイクにのせて鼻かむ人、初めてかも……!」と本渡が驚くのも納得。実際、ラジオに限らず収録現場では出演者やスタッフは、周囲の音にもかなり気を配っている。

基本的にラジオ収録はスタジオの防音ブースの中で行われるので、外の音はまったく入らないが、ちょっとした小さな音がマイクに”のって”しまうことがある。生放送の場合は仕方がないが、それ以外は編集でNG箇所を切ることはできる。とはいえ、出演者はなるべく他の音を出さないようにかなり気を使っている。

以前、現場でベテラン声優が、風邪を引いてしまったらしく、咳を我慢して収録に臨んでいたことがあった。一旦収録が途切れたときに咳をして、水を飲む、飴を口にするなどして喉を守っていた姿が思い出される。現在は編集作業も比較的簡単にはなったと言われるが、オープンリール(テープを巻いたリール)で収録していた時代は、テープを切り貼りするなど編集作業は一苦労だったとの話もあり、出演者ならではの気づかいを感じる場面だった。

実際、声優がアフレコ現場でマイクにのらないように気をつけている音の代表例は、靴の音、服の音(シャカシャカ系の素材の服)、身につけているアクセサリーの音、台本をめくる音、咳やくしゃみなど。もちろん携帯電話の音(マナーモードでもかなり響くらしい)も要注意である。さらに、なんとお腹の音までも高性能のマイクならば拾ってしまうとのこと。

アフレコとラジオ収録とでは使用するマイクの性能に違いはあるものの、ラジオではそういった現場の音により臨場感が伝わることが、親近感の生まれる所以でもある。『パリパリパーリィ☆』の番組中盤の「パーリィ☆ゲーム」のコーナーでも、出演者の声とともに手拍子の音をマイクにのせていたり、途中で構成作家の笑い声も入ったりなど、ラジオならではの臨場感たっぷりの構成に。声だけではなく、色々な音が入ってこそラジオの魅力が伝わる場面もある。笑い涙を流しながら始まった番組も終盤は和やかな雰囲気となり、本渡は「本能のままでした!」と見事に締めた。

桑原由気と本渡楓のパリパリパーリィ☆
放送局:CRKラジオ関西
放送日時:毎週土曜 23時30分~24時00分
出演者:桑原由気、本渡楓
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

賀来賢人「SNSに依存せず、ほどよいお付き合いを」リスナーに提言

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。3月23日(月)~3月24日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

パーソナリティの賀来賢人



◆SNSは「使い分けがわからん!」
3月23日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)がクラブ会員からのメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は最近SNSを始めたのですが、ちょっとしたつぶやきが知らない人に拡散されて、何千人とかに一気に広まり、ビックリしながらも新鮮な毎日を送っています。SNSをやっていて“これはビックリだった!”といったエピソードはありますか?」(女性)

現在、TwitterとInstagramをやっている会長は、「使い分けがわからん!」と実感を語ります。

そもそもTwitterを始めたきっかけは「舞台の宣伝とかのため」。そしてInstagramは、「みんなやっているから」。そんないきさつで始めたSNSについて「どっちもやり始めちゃったもんだから、引くに引けない状況なんですよね(苦笑)」と打ち明けます。

昨今のネットニュースについて「例えば、『僕が誰々と写真を撮りました』ということですら、ニュースになるわけですよ。いい宣伝になることもありますし、恐ろしいこともありますよね」とコメント。

そして、このクラブ会員に向けて「気をつけてくださいね。あまりSNSに依存せずに……でも、ないと生きていけない時代なのかもしれないですから、(SNSとは)ほどよいお付き合いを」と呼びかけていました。

◆クラブ会員の質問や相談に回答
3月24日(火)の放送では、クラブ会員から寄せられたメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は今、お箸や器を商材にしたお店で働いているのですが、いまだに苦手なシチュエーションがあります。それは、1人でイヤホンをつけて来店されるお客さまです。接客方法に縛りはなく“何をしてもいいよ!”という感じの社風なのですが、どういう風なアクションをすれば、お客さまが嫌な気持ちにならずに接客ができるのか、と毎日悩んでいます。海外の方には勢いでいけるのですが、日本人の方だとどうしても顔色を伺ってしまいます。会長だったらどうしますか?」(女性)

このメッセージに、「店員さんとしては、難しいですよね~。イヤホンをつけている人は“あまり声をかけてほしくない”っていう意味だと思います……僕もどちらかと言うとそうかもしれない」と答えます。そして、「ほどよい接客は、難しいでしょうけど、頑張ってください」とエールを送りました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は学校でよく『怒ってる?』と聞かれます。そんなつもりはないので『どうして?』と聞くと、『真顔が怖いから、怒っているみたいだよ』と言われました。けっこう“グサッ”ときています。真顔が怖いからといってずっと笑っているわけにもいかず、とても困っています。賢人会長ならどうしますか?」(女性)

この相談に、開口一番「僕もなんですよ!」と共感する会長。「何にも考えていないのに、『ピリついている』みたいなことをよく言われるんですよね。特に女優さんとか。僕は、緊張してあんまり女優さんに話しかけないんですよ。それが『怖い』って影で言われていたことがけっこうあって。こちとら緊張しているだけなのに……第一印象って大事ですよね」と同じ悩みを抱えている様子。

体が硬くて姿勢が悪いのを悩んでいた会長は、年明けの放送で、2020年の抱負は「体を柔らかくする」と宣言。最近、姿勢の矯正に通っているそうで、「姿勢をよくしてから、先生が『顔の“険”が取れた』ってよく言うんです。だから、体とかも(表情に)関係してくるのかもしれないです」と自身の経験をアドバイスとして送りました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ