富田望生が「ひと息つきたいとき」のお供にする楽曲は?

俳優の富田望生が、出演する映画について語り、リスナーにシェアしたい洋楽ナンバーを選んだ。

富田が登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『~JK RADIO~TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「PLAY IT LOUD!」。ゲストが「いま、一番好きな曲」「繰り返し聴いている曲」をシェアするコーナーだ。ここでは4月12日(金)のオンエアをテキストで紹介する。

再生は2024年4月19日(金)28時ごろまで

本人役で出演する、ロードムービー

富田は4月13日(土)公開の映画『日日芸術』に、富田望生本人役として出演。

出演 富田望生・齋藤陽道×音楽 パスカルズ(兼出演)×監督・伊勢朋矢 映画『日日芸術』予告編【4月13日・新宿K's cinemaより順次全国ロードショー!】

富田:ふと訪れた喫茶店で、マスターからセロハンテープで作られたメガネを受け取った私が恐る恐るメガネをかけてみると、なんと目の前がアートだらけの世界に変身します。メガネに導かれるように、個性豊かなアーティストたちに出会っていくのですが、落ち葉を折って動物を作る男性や、鳥の絵ばかり描く髪の青い女性、毎日コンビニで自分の顔をコピーする男性など、唯一無二の表現と生きざまに、表現の深さやこれからについてたくさん考えさせられるような、本当に宝物のような時間になりました。ぜひご覧ください。

個性豊かなアーティストたちから刺激を受ける富田。どこまでがドラマで、どこまでがドキュメンタリーなのか。唯一無二のアートに出会うロードムービーは、新宿・K's cinemaより4月26日(金)まで公開される。

ハスキーボイスが心に染み渡る

富田がリスナーとシェアしたい曲は、シンディ・ローパー『True Colors』。1986年リリース。グラミー賞の最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞の候補作品にもなった大ヒット曲だ。

Cyndi Lauper - True Colors (Official HD Video)

富田:シンディ・ローパーは、けっこう要所要所で出会うことがあるんですけど、最近よく行っている古着屋さんでかかっていて、改めて深く掘ってみたいなと思っていろんな楽曲を聴いている中で、『True Colors』に出会いました。シンディ・ローパーのハスキーな声が体にすごく染みわたるので、寝る前やひと息つきたいときのお供にさせていただいている曲ですね。優しくて愛のあるパワーを楽曲からいただいています。

富田の選曲に、カビラも「胸に迫る思いと優しい歌声を聴くと前を向けますよね」とコメントした。

『~JK RADIO~ TOKYO UNITED』のワンコーナー「PLAY IT LOUD!」では、さまざまな分野で活躍するゲストが「今、一番好きな曲」「繰り返し聴いている曲」を紹介する。放送は毎週金曜の7時45分頃から。
タグ

円安埋蔵金“外為特会”の活用議論にクギ 「国際政治的に絶対に無理」石川和男が断言

政策アナリストの石川和男が5月26日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送Podcast番組「石川和男のポリシーリテラシー」に出演。最近、国会で政策財源のひとつとして議論された「外国為替資金特別会計(外為特会)」について専門家と議論した。

※イメージ

政府・日銀は4月29日と5月2日、急激な円安の進行を阻止する狙いから、ドル売り円買いの為替介入を実施したと見られている。為替介入は、国の「外国為替資金特別会計」=通称“外為特会”の資金を使って行われるが、この資金をめぐって今、国会で議論が沸き起こっている。

財務省が公表しているデータによると、今年1月末時点の外貨準備高は1兆2917億ドル(約200兆円)で、このうち1兆ドル近くが米国債などの証券、残りがドル現預金とれているが、詳細な内訳は公表されていない。これらドル建ての米国債や現預金の円での評価額が、円安の影響で膨れ上がっており、その差額=「含み益」を政策財源に充てる案が国会で浮上している。

この話題について、ゲスト出演した岩手保健医療大学理事で経済評論家の濵田敏彰氏は「外国為替資金特別会計では、ドルを現金でも持っているが(ほとんどは)アメリカの国債で持っている。(含み益を円に戻して確定させるために)アメリカの国債を日本だけが大量に売るとなると、国際社会の中で生きているので調整が必要」だとして、現実的な選択肢ではないと指摘。石川も「それは国際政治的に絶対に無理」と断言した。

石川は「大量に何兆円というオーダー、あるいは何千億円のオーダーでボンっと一気に売ることになると、アメリカは逆のことをしかねない。日本に次いで、世界のドル保有国2位の中国でさえ、あれだけアメリカと貿易戦争をしておきながら、ドル(米国債)を売らない。それは、アメリカを怒らせたらろくなことはないという証拠」と言及。

濵田氏は「そもそも外為特会は特別会計で、1年で締めて、本当に利益が出たときは、その分きちんと国庫に納めている。今回、その上に売るというのは、為替の調整のためならまだしも、その金で国民にばらまくみたいな話は通らない」と述べた。

Facebook

ページトップへ