「サッカーの神様が見ている」槙野智章、忘れられない試合は? ラジオへのレギュラー出演がスタート

市川紗椰がナビゲートするJ-WAVEの番組『ORIENT STAR TIME AND TIDE』が、この4月にパワーアップ。元サッカー日本代表の槙野智章をナビゲーターに迎え、ふたりで番組をお届けしていく。

同番組は、ゲストの「現在」「過去」「未来」を掘り下げていく。槙野の初登場となった4月6日(土)の放送では、槙野の「現在」「過去」「未来」に迫った。

この番組は、ポッドキャストでも配信中だ。

・ポッドキャストページ

現役を引退して変わったこと

槙野は1987年生まれ、広島県出身。元サッカー日本代表、解説者。2000年にサンフレッチェ広島Jr.ユースに入団し、11年間広島でプレー。その後ドイツ・ブンデスリーガのFCケルン、浦和レッズ、ヴィッセル神戸で活躍し、2022年のシーズンをもって現役引退を発表。現在サッカー解説者はもちろん、バラエティなどさまざまな番組に出演。それと並行して品川CCで監督としても活動している。

そんな槙野に、まずは「現在」について話を聞いた。

市川:ちょうど現役を引退されて2年目。一番変わったものはなんですか?

槙野:緑の芝生の上に行く機会が減りました。7歳からサッカーを始めたんですけど、当たり前のようにそこにグラウンドがあってサッカーボールがあったのが、今は目の前にカメラがあることが多くなりましたね。

市川:素人質問ですみません。現役のときは絶対に毎日ボールに触っていたんですか?

槙野:絶対毎日です。どんなことがあろうが練習場に行ってサッカーをして、トレーニングして治療を受けて帰る。プロ生活17年間、毎日そうでした。

市川:今はボールに触らない日もあるわけですよね。

槙野:全然ありますよ。

市川:それは変な感じですか?

槙野:変な感じがしますね。ただ監督業をやっているので、一応サッカーをする環境は整っています。ただ、自分がプレーすることはなくなりました。

市川:「やりたい」となりますか?

槙野:いや……やめたきっかけ、引き際として「ちゃんとやり切った」と思いがあるので、そこに対しての悔いや「やりたい」というのはまったくないです。解説者の方がよく言うのが「現場に行くとモヤモヤする」とか、気持ち悪くなる、やりたくてもんもんとするんですって。でも僕はそんなことはなくて、楽しく現場に行っています。

市川:解説のスタイルは解説者によってけっこう違いますよね。目の前のことをしっかり実況する方や、選手のバックストーリーを教えてくださる方がいると思いますが、槙野さんは?

槙野:僕はどちらかと言うと「未来型」です。今起きている現状から「じゃあ、こういうサッカーをする」「こういう展開だったらこうなりますよ」という未来型の解説をします。

市川:そんな預言者みたいな解説者いるんですか?

槙野:サッカーのやり方や時間帯を観ていると、この後の流れがどうなるか予測してしまうんです。

市川:すごい。

槙野:たとえば選手が今こういう風なことをしていますよね、こうなると点を取るのが難しいですよとか、逆にこういうことをしていると点を取られますよ、とか。あとはお茶の間で一緒にリビングでお酒を飲んでごはんを食べている感覚と同じように、横にいるようなワイワイする解説も。いろいろなタイプやコンテンツに応じて分けています。

続いて槙野が監督を務めている社会人サッカーチームの品川CCについて語った。

市川:指導はどういう風にやっているんですか?

槙野:現役でプレーしていたときに、次の目標や夢として、必ず監督になりたいと僕は思っていたんです。監督になるためにいろいろな作業をしなくてはいけなくて、まずは自分で指導する現場を持ちたいと思っていて。プロとはちょっと下のカテゴリーの社会人リーグを指導することをやっています。

ストイックな練習で、顔が腫れてしまったことも

続いて時をさかのぼり、槙野の「過去」について話を聞くことに。槙野は子どものときに「プロサッカー選手になりたい」という夢を抱き、プロサッカー選手になったあとは「ワールドカップに出たい」という目標のために過酷なトレーニングを続けてきたという。

槙野:僕は最初の落選からワールドカップに行くまで8年かかったんです。その8年間ほとんど朝から夜までほぼずっとトレーニングしていたんです。だって夢なので。

市川:そうですよね。

槙野:その夢がかなったワールドカップを掴んだときに、顔がパンパンに腫れて。頑張りすぎて自分の体の異変に気付かないぐらい、本当にストイックに休まない、とにかくトレーニングをする。ちょっとでも休んだら「周りの人はもっとトレーニングしている」と思うんですよ。だからずっとトレーニングしていて回復できていないんです。体をいじめるんです。そうなったときに、朝起きたとき顔がパンパンに腫れ上がっていて。

市川:それはなにか原因があったんですよね?

槙野:あったと思います。まあオーバートレーニングですよ。僕も初めてです。ふと鏡を見たときに、僕は気づかなかったんです。それでワールドカップの自分が試合に出る前にチーム全員と顔合わせをしたときに「おまえ、顔大丈夫?」と言われて、「なんで?」と訊いたら「腫れているよ」と言われました。「腫れているかな?」と思ったんですが、5分、10分経ったらどんどんパンパンになって。次の昼ごはんのときには顔中がとんでもないことになって、これはやばいなと思いました。

市川:一番ストイックだったときなんですね。

「サッカーの神様が見ている」印象的だった試合

さらに槙野は、記憶に残っている忘れられない試合について語った。

槙野:「サッカーの神様が見ているな」と思った試合は、長く在籍した浦和レッドダイヤモンズの選手としての最後の試合です。ゴールを決めて優勝して、僕退団しているんです。

市川:かっこいい。

槙野:自分で言うのもなんですけど、もっているんです(笑)。浦和で退団を発表して最後の試合となって決勝戦に進みました。同点で迎えた試合終了2分前に僕がゴールを決めて優勝して「じゃあ」と退団するという。

市川:もう漫画じゃないですか。

槙野:脚本家も描けないようなストーリーがそこに待っていました。それは忘れられないですね。

プロリーグ監督までの道のり

続いて「未来」について語った槙野。現在プロサッカーリーグの監督になるための資格を取得するため努力をしている。しかし目標を達成するまでには険しい道のりがあるという。

槙野:野球と違ってサッカーは監督になるためにライセンスが必要なんです。今、日本サッカーが定めている資格は、順番でいくと、D、C、B、Aと段階を踏まないといけない。僕は今Aまで持っていて、Aの次がSです。Sを取らないとプロサッカーリーグの監督はできません。さらに、このSを取るのにはかなり時間がかかります。

市川:そんなに難易度が高いんだ。

槙野:時間もお金もめちゃくちゃかかります。でも僕はこのカリキュラムを3年で終わらせようとしています。

市川:もうAまできているわけですよね。

槙野:このSを取るのに1年間かかるんです。1年間このプログラムをやれば合格なんですが、このS級を取りにいけるのも日本で1年間に20人しかいなくて。狭き門なので、ここに受かるためのテストや面談、口頭試験、パソコンといった試験に合格してやっと受けにいけるという感じです。めちゃめちゃ難しいです。

市川:主にどういうことを試されるんですか?

槙野:まずはサッカーの知識のテストです。たとえば5分間映像を見せられて「今これがどういう状況なのか」という説明をします。

市川:それはできますよね。

槙野:得意です。どういう状況かを説明しながら、自分だったらどういう練習メニューを組んで改善していくか、そういうプレゼンもします。今度はそのプレゼンの映像を自分でパソコンで編集します。

市川:そういうことまで、できなくてはいけないと。

槙野:5分間与えるので、みんなの前で発表、プレゼンしてくださいと。ミーティングの練習ですね。そういうのもやります。栄養学、医学も全部やります。いろいろな分野をテストして勉強して、最後は海外研修に2週間行ったりします。国内のチームに1週間帯同して、実際の現場のプロレベルの空気感を知るとか、そういうのも全部テストします。

市川:それができてプロのチームの監督になると。でも、近い夢なんですよね。

槙野:近いと思います。僕は今年37歳なんですが、日本サッカーで30代の監督がいないんです。大体40代50代の方たちが今、指揮をとっているんですが、ヨーロッパの監督さんは20代や30代が当たり前にいるんですよ。若くして経験をした方が早く現場に戻ることが大事なんです。だから僕はそこをやりたくて、必死でもがいて現場に戻ろうとしています。

ほかにも「自分の番組がやりたい」とテレビ番組のMCへの意欲も見せた槙野は、今後番組で会ってみたいゲストについて語った。

槙野:僕がアスリートでスポーツ界のことはある程度わかっているので、自分がこれまで触れあったことがないジャンルの方たちにやっぱり興味があります。

市川:たとえば?

槙野:アイドルや声優の方たちとか。「どんなお仕事をしているのか」という。交通系の方たちも興味があります。

市川:本当ですか? 完全に裏方系の方々も来ますので、楽しそうですね。

槙野:IT系の方たちも面白いなと思います。

市川:今後いろいろな方をお迎えしていきましょう。

ゲストの過去・現在・未来に市川紗椰と槙野智章が迫る──J-WAVE『ORIENT STAR TIME AND TIDE』の放送は毎週土曜日の21時から。オンエア終了後からはradikoでも1週間、再生可能だ。

4月20日28時ごろまでは、編集者、ジャーナリストの鈴木正文さんのゲスト回が楽しめる。業界紙の英字記者を経て、1984年に自動車雑誌「NAVI」創刊に参加してキャリアをスタート。その後は「ENGINE」や「GQJAPAN」などで編集長をつとめ、フリーに転身。マルチプラットフォーム「ツァイトガイスト」を主宰するなど、ファッションのことはもちろん、ジャーナリストとして時代の移り変わりと共に、さまざまなカルチャーを目の当たりにされてきた鈴木さんの現在・過去・未来とは。
タグ

今日の運勢占い5月26日(日)12星座占いランキング第1位は乙女座(おとめ座)! あなたの星座は何位…!?

2024年5月26日(日)の毎日占い「12星座ランキング」を発表!
ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」では、今日の運勢や今週の運勢、心理テストなどを配信中です。2024年(令和6年)5月26日(日)のあなたの運勢を、東京・池袋占い館セレーネ所属・占い師の莉瑠(リル)さんが占います。「12星座別ランキング&ワンポイントアドバイス」第1位は乙女座(おとめ座)! あなたの星座は何位……?





【1位】乙女座(おとめ座)
恋愛運が好調で楽しいことが広がりやすい運気の日です。クリエイティブな才能も開花しやすい日なので、抽象画などを描いてみるのも良さそうです。

【2位】牡牛座(おうし座)
今日は成長につながりそうな日。今日は自分自身の感覚を大切に過ごすと、とても良い選択ができそうです。海外に関することに触れてみるのも良さそうです。

【3位】山羊座(やぎ座)
好調な運気で楽しい1日を過ごすことができそうです。今日は、新しいものを購入したり、新しいことを始めたりすると運気アップに。挑戦してみたいことがあるのなら思い切ってチャレンジをしてみましょう。

【4位】蟹座(かに座)
対人運が好調です。真剣な交際相手やパートナーを求めている人にとってはチャンスの日なので、積極的に行動ができると素敵なご縁がありそうです。良いビジネスパートナーが見つかる場合もありそうです。

【5位】魚座(うお座)
人付き合いが広がりやすい運気です。特にグループや複数の人と関われると良さそうです。今日は特に聞き手になることを意識できると、面白い情報をキャッチすることができそうです。

【6位】牡羊座(おひつじ座)
仕事運が好調で忙しい1日となりそうです。仕事が休みの場合も、やらなくてはいけないことがいろいろと出てきてしまいそうです。1人で抱えすぎず、上手く周りを頼りながら進めることを意識して過ごしてみましょう。

【7位】蠍座(さそり座)
コミュニケーション運が好調で、友達やきょうだいなど身近な人との交流が深まりそうです。メールなどのやり取りも増えそうな日なので、積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

【8位】水瓶座(みずがめ座)
今日はインスピレーションが湧いてきやすい日なので、心の声や感じることを素直に受けとめられると良さそうです。瞑想をするなど、心が落ち着くことを意識して過ごしてみましょう。

【9位】天秤座(てんびん座)
今日はお家で過ごす時間を大切にできると良さそうです。部屋の掃除や、断捨離をすると良い運気が入ってきそうです。夜はゆっくりとお風呂に浸かり、早めの就寝がおすすめです。

【10位】射手座(いて座)
金運が好調です。副業や新たな収入源の開拓を意識して過ごせると、今後のためになりそうな良い情報が入ってきそうです。SNSで情報収集してみると良いかもしれません。

【11位】双子座(ふたご座)
今日はいろいろな情報が入ってきて、迷いやモヤモヤした気持ちが出てしまうかもしれません。迷ったときは信頼できる友達に相談をすると良さそうです。

【12位】獅子座(しし座)
疲れが出やすい日です。今日は頑張りすぎず、なるべく休むことに徹すると良さそうです。温泉や銭湯などリラックスできる場所に行くのも◎

【今日の一言メッセージ】
木星が牡牛座から双子座へと移動するので、これからの運勢に大きな変化がありそうです。26日前後からの変化や直感的に感じることは意識を向けてみると良いでしょう。まずは冷静な視点で変化を観察してみましょう。

■監修者プロフィール:莉瑠(リル)
占い館セレーネ所属。10代に占いに出会い、勉強、コミュニケーションなど苦手な部分を克服。成績も最下位からトップに。OL、芸能活動を経て、悩みやコンプレックスを持つ方に寄り添いたいと本格的に占いの世界に進出。SATORI電話占い月間ランキング連続1位。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
オンライン占いセレーネ:https://online-uranai.jp/

Facebook

ページトップへ