「幸福度が高い国」日本は51位、しかし30歳以下だと…? 世界ランキングから見えたこと

J-WAVEの番組『STEP ONE』には、気になる海外ニュースをお伝えする「CHINTAI GLOBAL BEATS」というコーナーがある。ここでは2024年3月にオンエアされた同コーナーから、イチオシトピックを紹介する。

今回は「世界幸福度ランキング」に注目した模様をテキストで紹介する。

【オンエア:2024年3月25日(月)/ナビゲート:サッシャ・ノイハウス萌菜】  

最新の「幸せな国ランキング」で見えてきたことは?

今回、サッシャは国連の「世界幸福度報告書」2024年版に注目。オリジナルの膨大な調査資料、発表資料を確認したところ、興味深いポイントが見えてきた。

今年の世界一幸福度が高い国はフィンランド。首位に選ばれたのは7年連続となる。2位はデンマーク、3位はアイスランドが続く。

サッシャ:ちなみに日本は、全143か国中、51位です。真ん中よりは上ですけども、微妙なラインです。そして、今年の幸福度ランキングは年代別の幸福度にも着目したんですよ。そうすると、世代別にまったく違う姿が見えてきました。

全体1位のフィンランドだが、30歳以下で見ると、幸福度は世界7位。依然として高い順位だが、30歳以下の1位にはリトアニアが選ばれた。

サッシャ:ちなみに、30歳以下で見ると日本は73位と下がってしまいます。逆に60歳以上に絞ってみると、1位はデンマーク、2位はフィンランドで、日本は36位まで上がります。このように、年代によっての幸福度の違いが国ごとにはっきりしているんですね。

調査は年代別に4つに分かれている。全体1位のフィンランドの内訳は以下の通りだ。

・フィンランド幸福度ランキング
30歳以下:7位
30~45歳:1位
45~60歳:1位
60歳以上:2位


サッシャ:若い人が、少しだけ上の年代ほど幸せを感じていないんですね。

一方、30歳以下でトップだったリトアニアは、世代別の差が開く結果となった。

・リトアニア幸福度ランキング
30歳以下:1位
30~45歳:7位
45~60歳:20位
60歳以上:44位


サッシャ:全体だと19位で、若い人ほど幸福度が高い結果になりました。これは東ヨーロッパ全体的に見える傾向です。理由は不明なのですが、もしかすると民主化されたあとに生まれた世代は今を幸せに思っているのかもしれません。しかし、その前の世代を知っている人たちは「昔がよかった」と思うのかもしれませんね。

60歳以上でトップだったデンマークの世代別幸福度は、以下の結果となった。

・デンマーク幸福度ランキング
30歳以下:5位
30~45歳:3位
45~60歳:4位
60歳以上:1位


サッシャ:上の世代にいくほど微妙に高いという結果ですが、こちらは比較的先進国に共通している点です。

ノイハウス:やはり、若い世代が将来に不安を感じているのでしょうか。

サッシャ:先進国のなかでは社会保障どんどん削られて、そういう傾向にあるのかもしれません。

一見すると悲しい結果のように思えるが、コロナ禍を経て、人々の内面にプラス傾向となった調査内容もある。

サッシャ:コロナ禍を経て、その前後でどう行動が変わったかという世界全体の調査がありました。どの年代も一致して「他人を助ける」「寄付をする」「ボランティアをする」の指数がどれもアップしているんですよ。幸せ度合いは、国と世代によって色々ありますが、コロナ禍を経て人々は少し優しくなったのかもしれません。

ノイハウス:自分も苦しい体験をしたからこそ、他の人に手を伸ばしたいという気持ちがあるのでしょうね。

サッシャ:共生していく、共に生きていくということをより感じたのであれば嬉しいなという、希望も持てる調査でした。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「CHINTAI GLOBAL BEATS」では、番組独自の視点で世界を見渡し、国内ではまだ知られていない話題やニュース、ニューミュージックをお届け。放送は月曜~木曜の12時5分ごろから。
タグ

入野自由「ファンとの関係値で出来上がった作品」ベストアルバム『15』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
5月25日のゲストは入野自由さん!
ベストアルバム『15』について伺いました。

ナント7枚組のベストアルバム『15』。95曲+新曲1曲の全96曲を収録しています。「僕もビックリしたんですよ。この作品を持ってKiramuneを離れるんですけど“最後はベストアルバム出しましょう。全部行きます”って!」。入野さん曰く「オーバーチュア入れると97曲みたいな感じになるんですけどね」

改めて自分の楽曲と向き合ってどんなことを感じたのでしょうか?「この曲はこういう思い出があったといった形でライナーノーツを書いたんです。久しぶりに聞いてみたり、やっぱりいい曲だなと思ったり。音楽って凄いと思うのは記憶と直結してる。聞くとあの時、こういう思い出があったというのがすぐ出てくるんです。ファンのみなさんにも感じ取って頂けるかなと思います」

2009年6月24日にミニアルバム『Soleil』でデビューした入野さん。アーティスト活動を始めた頃の想いを聞いてみたところ「ポップスにめちゃくちゃ疎かった。僕はミュージカルソングをずっと聞いてきた人間。だからポップスを作るとか歌うことを考えたこともなかったんですよね。いざ歌いますとなって“どうやって作るんだろう?何を歌えばいいんだろう?”というところからアーティスト活動は始まりました」

そんなアーティスト活動の転機を伺ったところ「『glee/グリー』という海外ドラマで吹き替えを担当して洋楽に出会うんです。そこから素敵なアーティストを調べて、掘って行ったりして“こういう曲好きかもしれない”という自分の好きを発見して、そこから例えばジャケット、紙質だったり、やりたいことが明確になったという感じですね」

手探りで始まったアーティスト活動ですが、年を重ねるごとに出来ることが増えていきます。「ライブではギターやピアノの弾き語りを披露したんですけど、譜面が読めるわけじゃないから鍵盤の中でどこを弾くか目で覚えるんですよ。あるライブの最終日にどこを弾けばいいか分からなくなったことがあって。とっさにアカペラで歌ったんですけど途中で思い出したんです!宅録もはじめてオーディションテープも自宅のマイクで取れるようになりましたね。それこそ『千と千尋の神隠し』のオーディションはカセットテープ!」

アーティスト活動は“声優・入野自由”にどんな影響を与えてきたのでしょうか?「声優としての活動も舞台も作品があってキャラクターがあるから、自分がどうこうじゃない。でも歌をやるとなった時は自分が何をしたいかが全部。子役の頃から自己表現が苦手だった僕は“もっと個性があった方がいいよね”とずっと言われてきたんですけど、Kiramuneで活動をすることで、自分のやりたいこと、表現したいことを獲得出来たんです。今でも道半ばと思っているんですけど、自分が何者なのか、どんなことを考えてるのか向き合う時間でしたね」

ベストアルバム『15』に収録している新曲、“ふぁんも”で初解禁してくれた『SUGOI MUSIC』の話も伺いました。「佐伯youthKさん、Kohei Shimizuさんと共作したいと思ったんです。二人は僕の核となる曲を提供してくれたし、誕生日イベントに来てくれて3人で歌ったりしたことも。3人で作ったらどうなるんだろうと思って作り始めたんです。明確なイメージがあったわけじゃないけど、エモい曲を作りたいよねというところから始まって。ワンコーラス分の曲が出来たんだけど、僕が1ヶ月以上止めるっていう…」

難航した曲作り、進展のきっかけをくれたのはファンの存在でした。「ファンのみなさんと対面でリリースイベントで会う機会があったんです。その経験が深夜にビビビビってきて、15年を振り返るというタイトルでメッセージみたいなことを書き出したんです。二人に対しての言葉も書いて送ったら、いたく感動してくれて。アーティスト活動を通していろんな成長したので、やっぱり音楽って凄いと書いたら『SUGOI MUSIC』というタイトルを上げてきてくれたんですよ。そこから進んで行きました。完成した曲を聞いた時は感動しましたね」

6月4日からはツアーがスタートする入野自由さん。ベストアルバム『15.』は入野自由さんにとってどんな作品になったのでしょうか?
「最高の7枚が出来ました。ファンのみなさんとの関係値で出来上がった作品になっておりますので、みなさんに届けばと思っております。よろしくお願いします!」

Facebook

ページトップへ