Aile The Shotaが大事にする曲作りの方法とは?

Aile The Shotaが、最新EPの制作エピソードを語った。

Aile The Shotaが登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・ノイハウス萌菜)。11月21日(月)のオンエア内容をテキストで紹介する。

最新EPを11月23日にリリース!

11月23日(水)、Aile The Shotaは3rdEP『LOVEGO』(ラブゴ)をリリース。リリースに伴い、YouTubeでは本作のリードトラック『LOVE』のインストゥルメンタルリリックビデオが先行で公開された。
サッシャ:インストでAile The Shotaの声は入っていないんだけど、歌詞はテロップで出てくるんですよね。リリックビデオのカラオケ版って感じ。

Aile The Shota:面白いですよね。

サッシャ:それを観てから想像しつつ、実際に一足早くボーカル入りを聴かせていただきました。想像を超えました。

Aile The Shota:やった(笑)! 嬉しい。

『LOVE』のプロデュースはtofubeatsが手掛けており、Aile The Shotaは「大ファンだからこそtofuさんのビートを思い切り活かすメロディになったなと思います」とコメント。

Aile The Shota:プロデューサーのビートの味をキャッチしてオリジナルのフローを生み出しています。

サッシャ:コラボワークって感じですね。

Aile The Shota:すごく楽しかったです。

ノイハウス:コラボのときはいろいろ試されるのでしょうか?

Aile The Shota:この曲の場合は歌詞とメロディを同時に作っていくタイプだったので、歌詞をAメロに置くのかBメロに置くのかみたいに、パズルの感じで作っていきました。

サッシャ:言いたいことが先にあって、どこに置くかを決める?

Aile The Shota:この曲の場合はそうです。歌詞メモのなかからすごくたくさん引っ張ってできた曲なので、言いたいことが詰まっている曲でもあります。

サッシャ:へええ!

Aile The Shota:歌詞メモは恋愛かそうじゃないかでわけています(笑)。

サッシャ:(笑)。どっちのが多いの?

Aile The Shota:元々は恋愛じゃないほうが多かったんですけど、今は半々です(笑)。

サッシャ:リリックビデオには東京のスカイツリーとかいろんな映像が使われていますよね。あれも歌の世界観を意識しています?

Aile The Shota:今までの僕のバックグラウンドとか僕が大事にしているものを景色でも表しました。それまでに出してきた作品とかの世界観も活かしていて、衣装が置いてあるところもあったりして、こだわりが詰まっているリリックビデオなので、よく観てほしいなって思いますね。

頭のなかの楽曲イメージを言語化できるようになってきた

EPには4曲収録されており、それぞれの楽曲のプロデュースをAile The Shotaみずからがオファーしたという。

Aile The Shota:『無色透明』のTAAR君は前から一緒にやりたいねって話はしていました。曲が出来上がりはじめたときに「ここにハマるピースは誰だろう」と思って、TAAR君にオファーしました。『gomenne』のTOSHIKI HAYASHI(%C)さんもライブでお会いしたりしてお話しました。人としても繋がって曲をやるっていうのが僕の曲作りの大事な部分なので、それがやれてよかったですね。

サッシャ:いいですね。クリエイティブな部分でやりたい人と「こういうものを生みたいからやる」っていうのは重要だよね。

Aile The Shota:そのまんまやれたって感じが4曲とも出ていると思います。

ノイハウス:素晴らしい。

サッシャ:思い描いたものを出すってけっこう難しいと思うんですけど、いかがですか?

Aile The Shota:難しいです。僕はビートを作る人間ではないので、なんとなく抽象的に伝えてそれをおこしてもらうのですが、それがばっちりハマったなって感じがしています。

サッシャ:やっていくうちに伝え方も自分のなかで学んでいったんじゃない?

Aile The Shota:そうですね。最初の頃よりわかってきました。この音を出したかったらこの言葉で伝えるみたいなことがわかってきて、自分の作りたい作品をより忠実にというか、頭のなかのイメージを形にできるようにはなっています。

サッシャ:抽象的なものだから難しいですよね。

Aile The Shota:オファーする段階ではリリックの世界観が決まっていないものも多かったりするので、なんとなくこういう感じでって伝えますね。

楽曲のイメージを伝える際には色を使うことも多いそうだ。

Aile The Shota:『gomenne』はオレンジ系でトラップマナーで、優しくて……みたいな(笑)。

サッシャ:ミュージシャンってすごいですね。できたものが来るとそのとおりのものが来るの?

Aile The Shota:ドンピシャでした。

サッシャ:すごいねえ。僕がオレンジって言われた「オレンジって何だろう」って思っちゃう。

Aile The Shota:(笑)。みなさんに助けられていますね。

Aile The Shotaの最新情報は、公式サイトまたは、オフィシャルTwitterまで。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。
タグ

「聴くだけでワクワクしちゃいます」村上春樹が考える「イントロ」ベスト3とは?

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00~19:55)。1月29日(日)の放送は「村上RADIO ~1980年代、ヒットソング・オンパレード~」をオンエア。

今回の「村上RADIO」は番組史上初めて、リスナーのみなさまからのオールリクエストをオンエア。マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパー、スティーヴィー・ワンダー、ポリス、小泉今日子など、誰もが思わず口ずさんでしまうような、80年代を彩ったヒット曲のオンパレードでお送りしました。
この記事では、カイリー・ミノーグ、ジョー・ジャクソン、トーキング・ヘッズの楽曲をオンエアしたパートの内容をお届けします。


◆Kylie Minogue「I Should Be So Lucky」
というところで、僕からの個人的なリクエストです。カイリー・ミノーグの「ラッキー・ラブ」、我ながらベタですよねえ。
僕はロンドンで、しばらく一人暮らしをしながら小説を書いていた時期がありまして――書いていたのは『ダンス・ダンス・ダンス』っていう小説なんだけど――そのときいちばん流行っていたのがこの曲でした。街のどこに行ってもこれがかかっていました。だからこの曲を聴くと、当時のロンドンの風景がさっと頭に浮かんできます。聴いてください。

<収録中のつぶやき>
2000年に僕が取材でシドニーオリンピックに行ったとき、開会式でカイリー・ミノーグが歌っていました。彼女はオーストラリア人なんです。残念ながら曲は「ラッキー・ラブ」じゃなかったけど(笑)。

◆Joe Jackson「Steppin' Out」

静岡県の女性 真雪さんから
<Joe Jackson「Steppin' Out」をリクエストします。この曲が流行った頃、私は東京の短大生でしたが、今になってもずっと変わらず一番好きな曲です。この曲の「テレビもラジオも放って置いて、今夜出発しよう。光の方へ進んでいこう」という歌詞を聴いていると、ただただ明るく、まっすぐで強い気持ちになれます。>

埼玉県の女性「えひめみかん」さんから
<80年代洋楽ヒット曲において、私が考える「三大イントロ」の1曲を、今回リクエストさせてください。それは、Joe Jackson「Steppin' Out」です。「三大イントロ」のほかの2曲は、Yes の「Owner Of A Lonely Heart」とa-haの「Take On Me」です。お時間がございましたら、村上さんが考える「三大イントロ」を教えていただけますでしょうか。>

えーと、80年代に限らなければ、僕がいちばん印象的だと思うイントロは、まずロネッツの「Be My Baby」ですね。フィル・スペクター節全開っていうか、イントロを聴くだけでわくわくしちゃいます。それからドアーズの「Light My Fire」、レイ・マンザレクが弾くオルガンのイントロです。その2つは簡単にすっと出てくるんだけど、3つ目がむずかしい。いっぱいありすぎて、決められません。でも「Steppin’Out」のイントロ、確かにしゃれていて、いいですよね。

◆Talking Heads「Road To Nowhere」
東京都の女性「かわらの猫」さん
<Talking Headsの「This Must Be The Place」または、「Road To Nowhere」はどうでしょうか。80年代の曲はあまり熱心に聴いていないのですが、トーキング・ヘッズは大好きなバンドです。村上さんの小説やラジオのなかでトーキング・ヘッズが流れたことはないような気がするので、もしかしたら村上さんはお嫌いかもしれませんが、よかったらかけてください。>

東京都「グレ&ブル」さんからも「Road To Nowhere」へのリクエストをいただいています。

この曲、僕も好きです。
昔、Talking Heads(+トム・トム・クラブ)が来日したとき、新宿のホールに行こうと思ったら既にチケット完売でして、千葉の会場ならまだ残っているということだったので、わざわざ千葉までいったんですが、千葉のチケットはかなり売れ残っていて、駅前で女子高校生に無料で配っていたみたいです。席がガラガラだとまずいので。好みって、場所によってけっこう違うものなんですね。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2023年2月6日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIO ~1980年代、ヒットソング・オンパレード~
放送日時:1月29日(日)19:00~19:55
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

Facebook

ページトップへ