秋元康×AKB48 柏木由紀、日向坂46富田鈴花×櫻坂46 松田里奈、きゃりーぱみゅぱみゅ×マユリカ、INIメンバーが新曲解説…TOKYO FM 2月12日(月)~18日(日)に放送されたおすすめラジオ番組

タイムフリーでまだ聴ける! TOKYO FMで2月12日(月)~18日(日)に放送されたラジオ番組から、おすすめプログラムをご紹介します。radiko(ラジコ)やAuDee(オーディー)でも聴けます!(エリア外の方はプレミアムで聴取可能)

TOKYO FMのおすすめ番組(2月12日(月)~18日(日)放送)


▼日向坂46 富田鈴花×櫻坂46 松田里奈 モノマネ対決!?「日向坂46のほっとひといき!」
2月16日(金)放送「ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!」
2月16日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
(※2月24日(土)4:59まで聴取可能)

毎週金曜11時30分から、日向坂46メンバーがお送りする「ほっとひといき!」。2月16日(金)の放送は、富田鈴花(すーじー)が担当し、ゲストに櫻坂46の松田里奈さんをお迎えしました。

「まつりちゃん」というおなじみの呼び方をしたくないというすーじーは、お互いの呼び方を1分半ほどかけて悩むなど、独特のペースでトークを展開していきます。さらに、「2人が共に得意としている中島美嘉さんのモノマネを披露してほしい」というリスナーからのメールに応えて、2人の歌マネバトルが勃発! 声がピッタリで、意外にも感動を呼ぶ仕上がりに……!?

この他、櫻坂46のキャプテンを務める松田里奈さんの言葉選びの苦労など、真剣なお話も。この続きは、次回2月23日(金・祝)の放送でもお届けします。こちらもお楽しみに。


▼INIメンバーがニューアルバム『MATCH UP』新曲解説!「From INI」
2月16日(金)放送「From INI」
2月16日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
(※2月24日(土)4:59まで聴取可能)

毎週金曜深夜1時から、グローバルボーイズグループINIが担当する「From INI」。2月16日(金)の放送は、先日2月14日(水)にリリースされたばかりの2ndアルバム『MATCH UP』についてたっぷりお届けしました。

1時台は、髙塚大夢×西洸人×田島将吾、2時台は藤牧京介×尾崎匠海×池﨑理人がそれぞれ担当。アルバムに収録された12曲のうち、新曲6曲をメンバー自ら解説しました。各メンバーが明かす楽曲への熱い思いが止まらず、アルバムタイトル曲にしたい曲がいくつも……。メンバーが太鼓判を押す『MATCH UP』、ぜひタイムフリーでもチェックしてください。


▼秋元康×AKB48柏木由紀 卒業直前の心境は?「いいこと、聴いた」
2月18日(日)放送「いいこと、聴いた」 
2月18日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
(※2月26日(月)4:59まで聴取可能)

秋元康がお届けする日曜午後の大人の雑談「いいこと、聴いた」。2月18日(日)の放送では、AKB48の柏木由紀(ゆきりん)さんをゲストにお迎えしました。3月にAKB48からの卒業を控えている柏木さん。

中学生だった15歳当時にAKB48に加入して以来、17年間活動。「柏木は40(歳)ぐらいまで頑張れ」という秋元からの言葉を胸に刻み、ここまで頑張り続けてきたと言います。今では、ゆきりんがデビューした年に生まれた17歳のメンバーもいるほど、初期の頃から様変わりしたというAKB48。

ゆきりんが卒業したら、これからのAKB48はどうなる……?「AKBはこのままでいいんですか?」と周囲からよく言われるという秋元が温めている秘策とは!? この2人だからこその明け透けな(?)トーク、こちらもタイムフリーでお楽しみください。


▼きゃりーぱみゅぱみゅ・推しの芸人、マユリカと初対談!「Chapter#0」
2月18日(日)放送「CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~」
2月18日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
(※2月26日(月)4:59まで聴取可能)

毎週日曜12時30分からきゃりーぱみゅぱみゅがお送りする「Chapter#0」。2月18日(日)の放送では、きゃりーが以前に番組内で「好き!」と公言していたお笑いコンビのマユリカの中谷さんと阪本さんをゲストにお迎えしました。

「M-1グランプリ2023」で決勝に初進出、4位となったマユリカですが、きゃりーは数年前から注目してYouTubeをよく見ていたとのことで、初対面に大興奮。きゃりーのあまりの熱量にマユリカも緊張しはじめます。

実家同士が徒歩2分で、かれこれ31年の付き合いだというお2人。コンビ結成の経緯から、中谷さんが学生時代に目指していた別の職業の話、M-1グランプリ決勝当日のエピソードなどを伺いました。マユリカのお2人とのトークの続きは、次回2月25日(日)の放送でもお届けします。こちらもお楽しみに!


その他、最新情報は「TOKYO FM公式サイト」で更新中です!
TOKYO FM公式サイト:https://www.tfm.co.jp/
ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!
放送局:TOKYO FM
放送日時:2024年2月16日 金曜日 11時30分~11時55分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

中川大輔・八木莉可子・乃木坂46 清宮レイらが“オニ語”を絶叫し躍動! 『鴨川ホルモー、ワンスモア』公開ゲネプロレポート

ニッポン放送と劇団「ヨーロッパ企画」上田誠のタッグでお贈りするエンタメ舞台シリーズ第4弾『鴨川ホルモー、ワンスモア』が4月12日(金)東京・サンシャイン劇場にて開幕。

公演前に初日前会見と公開ゲネプロ(通し稽古)が行われた。

本作は、第 170 回直木賞を受賞した万城目学のデビュー作にしてベストセラーとなった小説「鴨川ホルモー」とその外伝的続編 「ホルモー六景」を、“ワンスモア”とタイトルを新たに、京都を代表する劇団「ヨーロッパ企画」上田誠が総勢 18 名の豪華キャストで舞台化する、青春群像喜劇だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

舞台の幕が開くとステージ中央には、京都・鴨川の土手(可動式)が。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

二浪の末京都大学へ入学した安倍(中川大輔)が、菅原(岩崎う大)ら怪しい先輩たちから誘われた新歓コンパで早良(八木莉可子)への一目惚れをきっかけに、謎のサークル「京大青竜会」へ入部するところから物語は始まる。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

京大青竜会は、千年も昔から脈々と「ホルモー」のサークル。ホルモーとは、“オニ語”を叫び、鬼や式神を使役して戦う謎の競技。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

当初はホルモーに懐疑的だった安倍たちも、いつの間にか好奇心に負け、訓練に夢中で取り組む、そして京大青竜会のライバルである京都産業大学玄武組、龍谷大学フェニックス、立命館大学白虎隊との激しいバトルが展開されていくというストーリーだ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

ゲネプロ前に行なわれた初日前記者会見にて、高村役の鳥越裕貴が「オニ語だけで会話できる」、楠木役の乃木坂46 清宮レイが「オニ語も身体に染み付いている」と語ったように、ステージの上下左右でキャストがオニ語を叫び、躍動し、縦横無尽に動き回るパワフルなバトルシーンは見応え抜群だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

さらに、安倍と早良との恋愛模様や、恋敵となる芦屋(佐藤寛太)の存在感、楠木をはじめ、男性ブランコが演じる三好兄弟や松永らサークルのメンバーたちとの関係性、そしてそれぞれに紐づくストーリーが、誰もが一度が味わったことがあるようないい意味での青臭さとともに表現されている。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

キャストのそれぞれが輝き、そして笑える瞬間が随所にある、まさに青春群像喜劇だった。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

初日前記者会見にて中川は「自分の黒歴史を乗り越えていくことが本作の主題のひとつになっている」と語った。「ホルモー」という奇想天外なトピックについ意識が向きがちだが、ストーリーの端々から醸し出されるのは、青さ、甘さ、酸っぱさ、どこか恥ずかしくなるようなほろ苦さ。まさにそれは誰しもが経験したあの青春の日々だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

観終わった頃には、きっとホルモーから離れるのが寂しくなってきているはずだ。

Facebook

ページトップへ