miwa「影山優佳 卒業セレモニー」でアイドルのすごさを実感「本当にキラキラしてた」

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、miwaさんと影山優佳さん。ここでは、miwaさんも現地で観たという7月19日(水)に開催された「影山優佳 卒業セレモニー」を振り返りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)影山優佳さん、miwaさん



◆miwaが感じた“アイドルのすごさ”

miwa:私、影ちゃんの卒業セレモニーを観に行ったんだよ!

影山:来てくださってありがとうございました! お花もいただいて、うれしかったです。

miwa:本当にすごかった!“もらい泣き”しちゃって、感動しました。

影山:以前からずっとmiwaさんが応援してくださっていたから、その区切りというか、大事な瞬間をお見せできて、私も良かったなと思います。

miwa:でも、やっぱり“アイドルはすごいなぁ~”って思ったよね。

影山:本当ですか?

miwa:あんな大人数で、もちろん1人ひとり(の個性)が違うわけじゃん。そのなかで、グループで歌って踊ってすごいなって。本当にキラキラしてた。

影山:ありがとうございます、うれしいです。本当に、メンバーそれぞれ(個性が)全然違う人たちが1つのグループに集って、それぞれにファンがいて、そのファンのみんながグループ全体を応援してくれて……。

縁というか、その巡り合わせに感謝だなって、卒業セレモニーでも思いましたし、(グループ在籍中に)1人で仕事をしているときは、より感じていましたね。孤独というか“グループっていいな”みたいなことをより感じていましたね。

◆バタバタだったW杯特別番組裏話

miwa:実際に(1人で)サッカー番組とかクイズ番組とかに出ていたときは、どうだった?

影山:私が結構、自分で自分の首を絞めちゃうタイプなので、最初の頃は切羽詰まっていましたね。

miwa:でも、ワールドカップ(の特別番組で)勝敗予想をバンバン当てていたじゃん(笑)。

影山:ハハハ(笑)。あれはもうラッキーっていうか、運が良かっただけです。あのときは生放送で、しかも1日に4試合もやるから、私だけスタジオに鎮座して、あとの出演者さんや制作さんもガラッと変わる、みたいな感じで本当にバタバタしていて。しかも“勝敗予想をする”とは言われていたけど、それをフリップに書くのが本番5分前とかで(笑)。

miwa:へ~!

影山:スターティングメンバーも、CMのあいだに(出演者も一緒に)みんなで貼ったりして(笑)。

miwa:へぇ! いやいや、すごかったよ。

影山:観てくださって、ありがとうございます。

miwa:それから、番組でサッカー関連の方と共演したりするじゃん? サッカーとの距離がまた近くなったことで、よりサッカーが好きになったりした?

影山:そうですね。もともと、サッカー選手はみんなすごい人だと思っていたんですけど、“努力をしていない人は1人もいない”というか。

天才肌の人でも自分を追い込んでいるし、(共演して)裏側にある努力とか挫折を知って、より応援したくなるというか。それと同時に、ちゃんと自分も発信する活動をまっとうしなきゃなって、責任感みたいなのも生まれましたね。

miwa:なるほど。じゃあ、プレッシャーももちろんあったけど“好きなことを仕事にしてよかった”っていうのが大きいってことかな?

影山:そうですね。仕事をしていきながら“自分らしさ”みたいなところも教えてもらった気がして。今があるのは、そのときの出会いとか、皆さんの応援があったからだなって思います。

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
タグ

国交省、高速道路料金の車種区分を再検討 「要するに値上げ。いつになったら無料になるんだ!」辛坊治郎が憤慨

キャスターの辛坊治郎が2月28日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。国土交通省が普通車や大型車など5車種に分けている高速道路の料金について見直しを視野に再検討を始めたことを巡り、「要するに値上げ。いつになったら無料になるんだ!」と憤慨した。

首都高速道路、永福料金所には東京五輪期間中、首都高の料金が変わるロードプライシングを示す表示が設置された=2021年07月18日、東京都杉並区 ©産経新聞社

国土交通省は、普通車や大型車など5車種に分けている高速道路の料金について見直しを視野に再検討を始めた。軽自動車の大型化や電気自動車の増加など時代の変化を踏まえ、適切な料金設定を探る。

辛坊)要するに値上げですよ。確かに軽自動車は昔より大型化していますし、電気自動車は専用バッテリーなどを搭載しているため車重が重く、道路が痛むという理屈があるのだと思います。そこで、今の車の重さに合わせた料金設定に改訂しようというのでしょう。

それにしても、日本の高速道路料金は世界の中で圧倒的に高いです。例えばドイツやイギリス、アメリカは、ほぼ無料ですよ。それ以外の国で料金を徴取する国もありますが、高い国でも日本の半額ほどです。

日本の高速道路料金が世界的にみて異常に高いということで、民主党が政権交代した際に「高速道路無料化」というスローガンを掲げました。しかしその後、逆に首都高や阪神高速などは値上げに次ぐ値上げです。「ふざけるな」と言いたいですね。

今、日本の物価は世界の中で安く、これだけ円安になっていても、高速道路料金だけは国際水準に比べ、かなり高いです。そのうえ、さらに値上げを考えるなんて、「いい加減にしろ」と言いたいですね。

そもそも、日本の高速道路は2000年代初頭には無料になるはずだったんですよ。「タダにしろ」とまでは言わないですが、世界で最も高い料金を今の計画だと2100年代まで継続するという話になっています。「ふざけるな」です。いつになったら無料になるのでしょうか。結局、永久に無料にならないのではないでしょうか。

日本の高速道路はそもそも建設費をかけ過ぎです。私もよく車に乗りますが、どう考えても地面を平らにしてアスファルトを塗っておけば十分な場所でも、必ずといっていいほど高架になっています。これでは諸外国の高速道路に比べ、建設費がとんでもなく高くつきますよ。高速道路業界にお金を流すために、そういうことをしているのではないかと考えてしまいます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ