迷える若き天文学者と「計算の神様」と呼ばれた女性との出会い

昭和28年12月25日、コールネーム「ラジオ岩手」として開局。その後「IBCラジオ」として親しんでいただき今年で70年を迎えました。その記念すべき開局日に、特別番組として『ラジオドラマ 『計算の神様』』を放送します。

「岩手県奥州市」といえば今を時めくメジャーリーガー大谷翔平の故郷ですが、その奥州市に、近年ブラックホール撮影の国際プロジェクトの一翼を担い、成功して大きなニュースになった「国立天文台水沢VLBI観測所」があります。
その原点は今から124年前の1899年(明治32年)、同じく国際プロジェクトのためにつくられた文部省直轄の「臨時緯度観測所」でした。星の動きから地球の緯度変化を探るこのプロジェクトで、初代所長 兼 技師の木村栄(ひさし)が「Z項の発見」をして世界を驚かせます。観測所は今からちょうど100年前の1923年(大正12年)、女性の採用を始めます。多くは水沢の女学校や尋常高等小学校を卒業した10代の少女達で、働きながらスキルを身につけ、主に「計算係」として国際的な研究を支えました。
今回のラジオドラマは、これまで岩手県内でさえ存在があまり知られてこなかったこの「計算係」の少女にスポットをあて、時空を超えた出会いが生みだす新たな物語を紡ぎます。実在の人物をモデルにしながらも、あくまでフィクションとして描く物語です。

あらすじ

永井初音は大学院博士後期課程を修了後、任期付きのポスドク(ポストドクター)として天文学の研究を続けている。教授から再契約できるかどうかわからないと告げられショックを受けた初音は、「Z項の発見」で有名な水沢の天文台を訪ねる。
宮沢賢治の童話「風の又三郎」ゆかりの建物の窓から外を見ていると、突然風が鳴り、窓が開く。一瞬目を瞑る初音。目を開けるとまわりの様子が変わっている。そこは誰かの研究室のようだ。…と、机に向かって座っていた男性が振り向いた。
それは昭和初期の天文台で所長を務めた池田徹郎だった。
「又三郎に連れてこられたんだね?」と池田。
「だとしたら、あなたは今、迷っていることがあるんでしょう。時々ここにはそういうひとが迷い込んでくる」
池田は、初音にひとりの女性を紹介する。
「このひとはね、“計算の神様”なんだよ」
現代を生きる初音の前に現れた、昭和初期の天文台の計算係、飯坂タミ子。池田を交えて、学問と仕事、人生の選択をめぐる迷いや葛藤、そして希望が語られる。
又三郎が吹かせた一陣の風をきっかけに、3人の心に変化が生まれていく。

IBC開局70周年記念 ラジオドラマ『計算の神様』
放送局:IBCラジオ
放送日時:2023年12月25日 月曜日 20時00分~21時30分
出演者:貫地谷しほり、土村芳、田中誠人、相島一之
番組ホームページ
公式Twitter
公式Facebook

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

乃木坂46賀喜遥香「『えへ、えへへへ』って笑っちゃって(笑)」山下美月の卒業コンサートで披露した「I see...」の“あおり”を反省!?

乃木坂46の賀喜遥香がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! 乃木坂LOCKS!」(毎週木曜23:08頃~)。5月16日(木)の放送は、リスナーから寄せられたメッセージを紹介するとともに、5月11日(土)に東京ドームで開催された「乃木坂46山下美月 卒業コンサート」DAY1を振り返りました。


乃木坂46の賀喜遥香



――リスナーが話したいこと
「遥香先生、美月さんの卒業コンサートおつかれさまでした! 私が特に印象に残ったのは、1日目に披露した『I see...』です。美月さんと2人でセンターに立つ遥香先生は、いつにも増して笑顔が本当にかわいかったですし、見ているこっちもずっと楽しくて“この時間が永遠に続けばいいのに”と思っていました。美月さんも遥香先生のいいところを見つけてくれたけれど、私たちも負けないくらい遥香先生のいいところをもっと見つけて、これからもずっと乃木坂46を応援していきます!」(24歳)

――「アドリブ対応中にまさかのハプニング!?」

賀喜:ありがとうございます! DAY1では「I see...」を(美月さんと)一緒にセンターで披露させていただきました! 「I see...」は先輩の卒業コンサートで披露することが多くて、そのたびに私が曲の間奏であおることが定番になってしまっています(笑)。

いつもは間違えちゃったらイヤだから文言をちゃんと決めるんですけど、今回は「美月さんと2人で(あおりを)やってください」って言われて。だけど、美月さんは1日目も2日目も、曲だったり、MCだったり、覚えることがいっぱいすぎて“そこまで覚えられないだろうな”って思っていたんです。

それで、美月さんと「『I see...』のあおりはどうしましょうか?」とお話をしたときに、美月さんから「賀喜に任せるし、2人であおるところは流れに任せてノリでやっちゃおう!」と言われたので、初めて文言を決めないでやってみたんですね、「東京ドーム声出せ~!」って。

そうしたら、美月さんが「かっきーも盛り上がっているか~!?」と言って、「おー! いけるぞー! 美月さんも一緒に盛り上がりましょう~!」って言った後に、私がめっちゃマイクに乗せて「えへ、えへへへ」って笑っちゃって(笑)。いつもだったら間奏でカッコよく「この後も盛り上がっていくぞ!」みたいに言いたいのに、「美月さんも一緒に盛り上がっていきましょう! えへ、えへへ、えへへへ……I see」って曲に入っちゃったことをすごく反省しました(笑)。

終わった後、マネージャーさんに「私の変な笑い声が入っちゃいましたよね」って聞いたら、「でも、それが卒コンっぽいし“賀喜は本当に美月さんのことが好きなんだな”っていうのが、あの一瞬で伝わってきたから、いいと思うよ!」と励ましてくれたので、結果的に良かったかなって(笑)。若干の後悔はあるんですけど、楽しかったですね! もし見返す機会があったら、私の気持ち悪い笑い声も聴いてみてください(笑)!

----------------------------------------------------
5月16日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年5月24日(金)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ