今年も残り4か月!水間有紀「2020年の終わりに達成感が得られるように」『CONNECT』

©茨城放送

きらめく自分を目指して日々向上くため、日常の様々なことについてポイントをぎゅっとまとめて紹介する「Twinkle Tomorrow」。9月9日の放送では残り約4か月となった2020年を「やりきった!」という達成感を持って迎えるために今からできる計画の立て方についてお届けしました。

水間さん「計画を立てるのは得意ですか?わたしは苦手なんですよね。月が変わったりすると手帳の上の方に“今月はこれをする!あれをする!”って書くんですが、それがどうでもよくなってくるのが月の半ばぐらいなんです、不思議。今年も残り4ヶ月を切っております2020年もあと少し!年末は『色々あったけど、何とか目標達成したね。頑張ったね自分!』って笑いたいですよね。せめてたくさんある目標のうち1つくらいは叶えたいですよね。改めて計画を見直してみる改めて計画を立ててみるということをすると2020年の暮れは少しいい気分でいられるんじゃないかそう思うんです。」

ライフハック術に関する情報を発信しているWebメディアライフハッカー日本版を参考に、計画の立て方について紹介しました。

ポイント1:自分のタイプを知る

水間さん「最初のポイントは“自分のタイプを知る”ことです。どういうことかと言いますと、世の中には二種類の人間がいるそうなんですね。私かゆっきー以外か。ということではなく(笑)。目標と計画を詳細に細かく練り上げた方がいい人と決めすぎると窮屈になっちゃう人、決めすぎない方がより良い発想を得られる人の2パターンに分けられるそうです。アナタはどちらのタイプですか?」

水間さん「私は…みなさん分かりかと思いますが、結構めんどくさくなって続かないことが多々あるので、おそらく、いや、多分、絶対、決めすぎない方がいいタイプの人なのかなと思っています。大まかに言いますと、目標を立てる上で、“山登りタイプ”か“波乗りタイプ”かの二種類の人間がいるそうなんですね。」

山登りタイプは、具体的なプロセスのプランを立てて、その通りに実行することで願望を達成するタイプのこと。目標達成までに詳細なプロセスを練って、計画を明確にすることで目標を実現しやすくなります。

水間さん「これができなくて落ち込んでしまうそんな私は“波乗りタイプ”かと思います。出来事の流れや出会いに合わせて願望を達成していくタイプが波乗りタイプです。大まかな目的・目標・方向性を持ちながら、その場の状況や人によって変化するという考えで、臨機応変に新しい発想を試行錯誤するのが得意、なんだそうです。」

ポイント2:感情を含めた指針を決めること

水間さん「単に目標だけを決めても、その目標達成だけにとらわれてしまい、豊かさがない事態が起きてくることもありそうです。体重を5kg減らす!と決めても、5kg減らないと、だんだん気持ちが辛くなってきますよね。それを例えば、ただ痩せる!って言うんじゃなくて、『もっと好きな自分に近づくために5 kg 痩せて毎日を気分よく過ごしたい!』って思い描くんです 。そういう風に目標を立てることで、例えば目標は-5kgで1kgしか減っていなくても、『一歩近づけたじゃん!1kgも近づけたじゃん!』、そういう風に思えそうじゃないですか?感情を含んだ指針っていうのは大切になってくるんですね。」

ポイント3:プロセス目標を立てる

水間さん「結果に対して、プロセスは過程です。例えば、結果の“目標”は-5 kg、そして“プロセス目標”は例えば、ランニングをする、エレベーターを使わない、腹筋20回、腕立て伏せ20回、背筋20回を3日に一回でもするとかそんな感じです 何をするか、それがプロセスなんですけれども、毎日じゃなくても習慣づけてやっていくことで結果が出るということなんですよね。結果だけを考えちゃうことってあると思うんです。『今年中に-5キロだ!』とかね。私のことですけど(笑)。意気込むだけじゃ駄目っていう事ですよね。特に山登りタイプの人はプロセス目標をしっかり落とし込むことでやる気がみなぎり結果に素早く繋がっていくということですよ。」

2020年の最初に立てた目標がうまくいっていない…そんなふうに感じているアナタは、今一度目標を見直してみるチャンスかもしれませんよ!「Twinkle Tomorrow」は毎週水曜日『CONNECT』内18時15分ごろから放送中!

CONNECT
放送局:IBS茨城放送
放送日時:毎週水曜 16時00分~18時55分
出演者:水間有紀

※該当回の聴取期間は終了しました。

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ