『名探偵コナン』工藤新一の登場にちゃんみな大興奮!!

山口勝平、ちゃんみな ©InterFM897

毎週月曜日の夜、InterFM897で放送している『Forever Young』(DJ: ちゃんみな)初のゲストが登場!『名探偵コナン』の大ファンというちゃんみなだが、中でも大好きな工藤新一役を演じている声優の山口勝平さんが登場!!初のゲストに加え、大・大・大ファンの工藤新一の登場に終始、興奮気味のちゃんみな!

『名探偵コナン』愛を語る

山口:「真実はいつもひとつ!」声優の山口勝平です!

ちゃんみな:チョット待ってください・・・!!!急にそれはチョット、ほんとヤバイ・・・!!!よろしくお願いします!本当に自己満なんですけど、1回目のゲストで山口勝平さんがOKしてくれるなんて本当に思わなくて!私は『名探偵コナン』の大ファンなんですが、素晴らしいキャリアですよね!知らないうちに勝平さんの声は聞いていると思うし、いろんな役をやっていらっしゃるんですけど、新一が好きすぎて!コナンチョコエッグが発売されたじゃないですか?あれ、死ぬほど買っているんです。でも死ぬほど新一が出ない!!

山口:わ〜!なんか申し訳ない。なんかすげー、申し訳ない気持ちになってきた(笑)

ちゃんみな:新一の役どころは結構少ないじゃないですか?

山口:なかなか悩ましいところで、僕の出番が増えたら名探偵コナン終わっちゃうし。

ちゃんみな:レア感がすごいというか。

山口:待ってくれている人たちの中で、どんどん新一が美化されていって、出るたびにハードルが上がっていく!

ちゃんみな:そうなんですね!私はやっぱり新一が出て来た時「出た・・・やっと出てきた・・・」って巻き戻して、見ているんですけど。

山口:本当にハードル上がっていて大変ですけどね!

ちゃんみな:私も曲によっては、役作りする時があるんですけど。悲しい曲だったら、悲しい感情を。悔しい時だったら、悔しそうな感情だったり、怒ったりとか入れたりするんですけど、声優さんは声だけで喜怒哀楽の表情が見えるくらいですよね。

山口:それで声優という仕事だったりしますからね。曲だって同じじゃないですか!自分でセルフプロデユースでしょ?それはすごいよ!役者の仕事って向こうからオファーがあって、それでやってくださいってことになるので、なかなか自分でこういう風にやっていこうというのが難しいところなので。ちゃんみなさんの話をもらって色々見ていたときに、20歳でこんな自己プロデュースしているのすごいなって。

ちゃんみな:ありがとうございます!教わりたいことがありまして・・・。「ありがとう」って言葉でも、悲しい感情がある「ありがとう」とか、怒っている感情がある「ありがとう」とか、切ない「ありがとう」とか、本当に嬉しい「ありがとう」とか、色々あるじゃないですか?あれ、どうやっているんですか?

山口:やっぱり、基本的にはお芝居なので、「演じる」ってところの根幹は舞台だろうがテレビだろうが変わらないので、そういう意味では気持ちというか。声の仕事の場合は、二次元のデフォルメされた絵があるから、そこに乗せて行くために少し大げさにやっていかないと、普通の芝居だと乗り切らないっていうのはありますね。

ちゃんみな:たまにゲスト声優さんで芸能人の方とか・・・全然違いますもんね!

山口:最近はそれこそ、いろんなことできなくちゃいけなくなっているから、上手いなって人もたくさんいますよ!

ちゃんみな:勝平さん的に、私の声ってどういう役が向いていると思いますか?

山口:灰原哀ちゃんみたいな。チョットクールな。

ちゃんみな:超嬉しい!やってみようかな(笑)

『デスノート』Lのオーディションで・・・

ちゃんみな:過去の役作りで苦労したキャララクターっています?

山口:一番びっくりしたのは『デスノート』のLですかね?役が決まった時は、(少年)ジャンプの読者とか「山口勝平かよ!」って、いろんなところで驚いたと思うんですけど、本人が一番驚いた。「俺かよ・・」って。

ちゃんみな:確かに、意外なところですよね!

山口:それこそ、すごいマイクに近づいて、ボソボソ喋る役だったので。

オーディションがあって、だいたいオーディションの時って、キャラクターの絵とセリフが書いてある紙をもらうんですよ。それで、その場で組み立ててやってくださいってことが多いんですけど、1回自分が思う通りにやって、向こうの指示で「もうチョット低い声でますか?」って言われて低い声でやって。終わって帰ろうとしたら、「ちょっと残ってもらえますか?」って言われて残って、最後にまた「もっと低い声出ます?」って。あんまり声の幅を狭めていくと、使える音の幅が減ってくるので、当然、お芝居ができるレンジも狭くなってくるので、ちょっと嫌だなと思ったんだけど、頑張って、一番自分のでる低いところでやってみて。「決まったよ」って言われた時に「どれ?」って聞いたら「一番最後の」って。「ウソ・・・」みたいな。でもやっぱり勉強になりました。結果として楽しかったですよ!

ちゃんみな:聞いているこちらとしては、そんな苦労があったとは知らず!

山口:あとは、今でこそ自由にやっていますが、ウソップが最初大変でしたね。ウソップもやったことのないタイプだったんですよ。『ONE PIECE』もすごい好きで、連載が始まった頃からずっと読んでいたんですけどね。他はいろんな役の声のイメージってつくんですけど、ウソップだけ声のイメージがわかなくて、自分がそれになった時に、困った、困ったみたいな。

ちゃんみな:好きな作品の声をできるってめちゃくちゃすごいことですよね。

山口:声優冥利につきるってやつですよね。

ちゃんみな:素晴らしい!作る側に入るんですもんね!

山口:それこそ、自分も小さい頃に見ていた野沢雅子さんとか、そういう方と一緒に同じスタジオにいるっていうのが未だに不思議な感じがします。小さい頃の自分に教えたら本当にびっくりすると思う。

ちゃんみな:なんなら、私もですよ!今、平気な顔して聞いていますが、本当にファンですからね!ゲストが決まった時に、動画回されていたんですよ。メイク直ししている時にスタッフが寄ってきて、「ラジオのゲスト決まったんですけど、期待に添えなくて本当に申し訳ないんだけど・・・」「え、誰?誰??怖い怖い。」「ホントにゴメンなんだけど・・・山口勝平さんです!!!」「えーーーーーーーーーー!!!」みたいな。「嘘でしょーーーーーーーー!!!」ってそこからずっとドキドキしてました。

山口:だって、生まれた時にはコナンやってるもんね!

ちゃんみな:あの時おいくつだったんですか?

山口:30歳手前ですね?20代最後くらいの。

ちゃんみな:ちょっとづつ新一の声も変わってきてますよね。

山口:変わってます、変わってます!それはもう、加齢です!

2人:(爆笑)

山口:高山みなみさんのコナンが、年々かっこよくなってくるの、そこでもハードルが上がるの!モノローグで喋っている時、俺より低いんじゃないのって声で喋るからね。

工藤新一 x ちゃんみな、夢のコラボ!?

ちゃんみな:あの、厚かましいお願いしていいですか?新一とちょっと喋りたいんですけど。呼んできてもらうことできますか?

山口:フリートークで!?新一ほど頭良くないから、言葉のボキャブラリーが出てこない!聞かれたことに答えるのはいいかもしれない。

ちゃんみな:じゃあ、私が、「この謎解けないんだけど、どうすればいい?」って言いますね。

-----

ちゃんみな:「ねーねー、新一?」

工藤新一:「え?なんだよ、ちゃんみな、どうしたんだよ?」

ちゃんみな:
「私、なんか、ずっと考えていたんだけど、この謎がね、ずっと解けないんだけど、どうしたらいいのかな?」

工藤新一:「バーロ。そんなの、俺に任せておきゃいいじゃねーか?」

-----

ちゃんみな:・・・ヤバイ!!!!!聞きました今の!!!みんな拍手だよ!!!!!本当にやばいです、ありがとうございます!20年間生きてきた中で、一番嬉しいです!

・・・と、大興奮のゲスト初日。

来週(7/8)も引き続きゲストに山口勝平さんを迎え、もっと掘り下げていくとのこと。ちゃんみなの興奮は抑えきれません!

Forever Young
放送局:InterFM897
放送日時:毎週月曜 23時00分~23時30分
出演者:ちゃんみな
番組ホームページ

メール: chanmina@interfm.jp
ハッシュタグ: #chanmina897

※該当回の聴取期間は終了しました。

高級ハンドソープ、使わないスパイスでオシャレ感…みんなの“生活感の隠し方”

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。

5月14日(火)放送のテーマは「隠したい生活感」でした。「見せる収納術」や「ミニマリスト」という言葉にあるように、今の時代は洗練されたおしゃれなライフスタイルを過ごす、という方向に向かっています。そのなかで「生活感」はカッコ悪いという価値観も出てきていますが、生活感を隠すために実際どのような努力をしているのでしょうか。街の人に聞いてみました。

※写真はイメージです。



テーマ「隠したい生活感」

◆ゲストが来たら高級ハンドソープに変更

「普段は洗面所に歯ブラシとか基礎化粧品とかが置いてあるんですけど、人が来たりすると棚に一気にしまって物がない状態にします(笑)。あと、普段だったら100~200 円のハンドソープを使ってますけど、ジョー マローン ロンドンとかモルトンブラウンとか、海外のブランドものにします。

普段は絶対に使わないんですけどね。やっぱり最近の風潮って、子どもがいても全部完璧にっていう感じがあるじゃないですか。だから気にしますよね(笑)。それなりにやらないと、イケてない人みたいになるから」(35歳/女性/会社員)

◆スパイスを試験管に入れてオシャレ感を演出!

「キッチンまわりであれば、スパイスを試験管に入れ替えたりしてオシャレ感を演出しています(笑)。ナツメグとかベイリーフとか全然使わないんですけど、ほぼ見せる用で(笑)。既製品のラベルが並んでいるよりも統一感が出るので、買ってきた容器に移し替えてます(笑)。

コンビニとかで買った安いクッキーとかでも瓶に移し替えたらオシャレ感が出るので。限られた場所でどうやって住み心地の良さを追求するか。これが頭を使うトコですね。

過剰に気を使うといろんな物が目についちゃうので、人を家に呼ぶときに片付ける! っていうくらいのサイクルでやってます」(28歳/男性/自営業)

◆靴やバッグはハイブランドで

「洋服が好きで、ズボンとかはユニクロとかなんですけど、ほかをハイブランドにして、ズボンも高く見せてます(笑)。靴はバレンシアガ、バッグはグッチにして全体を高く見せるようにしてます。

靴下も、チラ見せするときだけいい靴下を履いて(笑)。ジャスティン・ビーバーの私服とかもコンビニに行くだけなのに、すげーなと思うくらいキメてるので(笑)」(20歳/男性/大学生)

◆ある程度の生活感は許しあいたい

「物を隠したい場所はリビングルームです! ゴチャゴチャ感が出ちゃうのでスッキリ見せたい。たとえば、野球関係の物。巨人ファンです(笑)。なかでもカレンダーがありまして、毎日の試合が一覧でわかるようになっていたり、選手のものを貼っていたり。

孫の家族が来るときは孫たちが広く遊べるようにしたいので、それを空いている別の部屋にブチ込みます(笑)。やっぱりスッキリしたお家は居心地がいいし! でも、長く居ると落ち着かなかったり緊張感があったりしますよね。

ゴミひとつ落とせないような感じで(笑)。だから、ある程度の生活感は許しあいましょう(笑)」(60代/女性/元グラフィックデザイナー)

◆カーテンでフィギュアを隠してます

「自分はフィギュア集めが趣味なんですけど、それを隠すためのカーテンがあったりします。鉄道とかが好きで、模型がずらーっと並んでるんですよ。でも、人が来たときに趣味が見えちゃうと、生活感が丸見えなんで。

これからアロマを買いに行こうとしてたんですけど、匂いも雰囲気作りに大事。バラとかお花系の香りを漂わせることによって生活感を隠してますね。いい生活してるんだなっていう、いいほうの印象をつけたいので(笑)」(20歳/男性/大学生)

【「生活感をなくす」のは日々の心地よさの演出】
街でみなさんの話を聞いていると、「隠したい生活感」とは「オシャレに変換したい(思われたい)部分」でもあるよう。また、自分自身が日々心地よく過ごすための工夫でもあり、生活感をなくすための努力にはそれぞれのこだわりも感じました。

「生活感」がダメなわけではありませんが、オシャレで洗練された生活を演出することは、だらけてしまいがちな日々の背筋を伸ばす、そんな行為なのかもしれません。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

Facebook

ページトップへ