片瀬那奈20周年!「自分をかってくれた人に返したい、それだけでやってきました」

写真正面左から片瀬那奈、Shaula ©InterFM897

表参道Aoの情報とともに、毎週ゲストを迎えてお送りしてきたInterFM897のプログラム『表参道Ao 10th Anniversary Presents Oshare Life』(DJ: Shaula)。最終回の10月26日は、先日表参道Aoに、女優でタレントの片瀬那奈さんを迎えて行った番組公開収録の模様をオンエアしました。

もともと得意じゃなかった植物が好きになってきた

Shaula:植物だったりお花が大好きなんですよね?どういうきっかけですか?

片瀬那奈(以下、片瀬):もともとすごく好きだったわけではなくて、そんなに得意ではなかったんです。ただ、こういうお仕事だとお花をもらうきっかけが多くて、「どうしようかな」と思った時に、ちょっとがんばってみようかなって、枯れそうな花だったり悪くなった葉を取ったりして育ててたら、楽しくなってきて。今はインターネットの卸のお花屋さんで買ってます。

Shaula:ネットでですか!?

片瀬:この日に到着するのが一番新鮮ですとか、いつ入荷しますとか、めちゃくちゃ親切で。しかもめちゃめちゃ安い。

Shaula:どのくらいの価格になるんですか?

片瀬:3分の1くらいですよ。

Shaula:じゃあ今は切り花がメインで。今だと、どんな花が多いんですか?ダリアのイメージがありますけど。

片瀬:あとは極楽鳥花とか。知ってます?

Shaula::知らないです。

片瀬:極楽鳥って鳥いるじゃないですか。珍しいというかオレンジとかいろんな色した。その花はかっこいいんですよ。南アフリカ原産なのかな?鳥の形をしたお花。

Shaula:常に家の中ではお花のある暮らしをしてるってことですよね?

片瀬:心がけてます。一週間か10日くらいに花を買えるようにとか、少しずつ増やしたりとかしてます。

自分をかってくれた人に返したい、その気持ちで20年やってきました

Shaula:そういえばデビューから20周年なんですよね?

片瀬:そうなります。

Shaula:もともとは新宿でスカウトされたと。

片瀬:金髪のサーファーみたいな人に声かけられたんです。もう私、絶対やばい人だと思って最初ずっと断ってたんですよ。そしたら隣にいた友達が舞い上がっちゃって、「話聞きなよ!」って。その時はすごく真剣だったから聞いてみるかって。

Shaula:それでどうなったんですか?ここまで美しいと、なんか自分でモデルになるんだろうなって思ったりしませんでした?

片瀬:ないですないです(笑)。1ミクロンも思ってなかったですし、私はその時、ヘアメイクさんになりたくて。中学の時から専門学校行くかアシスタントに就くか、どれかにしたいなってぐらい、自分の道はヘアメイクだと思ってて。モデルになればヘアメイクされる側の気持ちも知れるかなと思って、モデルやったぐらいですね。

Shaula:それで今では20周年ですよ。振り返ってみてどうです?

片瀬:いろんな転機ありましたよ。でも何事もチャンスをいただいたら、自分をかってくれた人に150%でも200%でも返したいなってそういう気持ちでした。

Shaula:チャンスを掴むって大切なことですよね。なかなか踏み込めない時ってあると思うんですけど、その時はどう向き合ってました?

片瀬:やりたいやりたくないじゃなくて何を求められてるかとか、何をみんなが欲しがってるかとか、自分を知ることと自分はどういう風にしてもらいたいのかなとか、相手の気持ちを考えることで。どの仕事でも一緒だと思いますけど。私の場合は、どうやったら楽しませられるかなとか笑顔になってくれるかなとか考えるのが、すごく好きなんですよね。なので、声をかけられたりとか、やってみたいなと思ったら一回やって自分を出し切ってみて、あとは受け止める側の方がどう思うかなので。とにかくやってみることですね。

Shaula:昔からそういう性格でした?

片瀬:昔からそうでした。

Shaula:とりあえずやってみてうまくいかなかったらしょうがない、みたいな。

片瀬:そうそう。でもデビューしたばかりの若い時にやった時と、25歳ぐらいでやった時と、今やったのでは同じものでも全然違った景色・結果になるかもしれないし、自分に合わなくなってるかもしれないし。だから、その時々で全然違ってくるので、やるっていうのは大事だと思います。

中川大輔・八木莉可子・乃木坂46 清宮レイらが“オニ語”を絶叫し躍動! 『鴨川ホルモー、ワンスモア』公開ゲネプロレポート

ニッポン放送と劇団「ヨーロッパ企画」上田誠のタッグでお贈りするエンタメ舞台シリーズ第4弾『鴨川ホルモー、ワンスモア』が4月12日(金)東京・サンシャイン劇場にて開幕。

公演前に初日前会見と公開ゲネプロ(通し稽古)が行われた。

本作は、第 170 回直木賞を受賞した万城目学のデビュー作にしてベストセラーとなった小説「鴨川ホルモー」とその外伝的続編 「ホルモー六景」を、“ワンスモア”とタイトルを新たに、京都を代表する劇団「ヨーロッパ企画」上田誠が総勢 18 名の豪華キャストで舞台化する、青春群像喜劇だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

舞台の幕が開くとステージ中央には、京都・鴨川の土手(可動式)が。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

二浪の末京都大学へ入学した安倍(中川大輔)が、菅原(岩崎う大)ら怪しい先輩たちから誘われた新歓コンパで早良(八木莉可子)への一目惚れをきっかけに、謎のサークル「京大青竜会」へ入部するところから物語は始まる。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

京大青竜会は、千年も昔から脈々と「ホルモー」のサークル。ホルモーとは、“オニ語”を叫び、鬼や式神を使役して戦う謎の競技。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

当初はホルモーに懐疑的だった安倍たちも、いつの間にか好奇心に負け、訓練に夢中で取り組む、そして京大青竜会のライバルである京都産業大学玄武組、龍谷大学フェニックス、立命館大学白虎隊との激しいバトルが展開されていくというストーリーだ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

ゲネプロ前に行なわれた初日前記者会見にて、高村役の鳥越裕貴が「オニ語だけで会話できる」、楠木役の乃木坂46 清宮レイが「オニ語も身体に染み付いている」と語ったように、ステージの上下左右でキャストがオニ語を叫び、躍動し、縦横無尽に動き回るパワフルなバトルシーンは見応え抜群だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

さらに、安倍と早良との恋愛模様や、恋敵となる芦屋(佐藤寛太)の存在感、楠木をはじめ、男性ブランコが演じる三好兄弟や松永らサークルのメンバーたちとの関係性、そしてそれぞれに紐づくストーリーが、誰もが一度が味わったことがあるようないい意味での青臭さとともに表現されている。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

キャストのそれぞれが輝き、そして笑える瞬間が随所にある、まさに青春群像喜劇だった。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

初日前記者会見にて中川は「自分の黒歴史を乗り越えていくことが本作の主題のひとつになっている」と語った。「ホルモー」という奇想天外なトピックについ意識が向きがちだが、ストーリーの端々から醸し出されるのは、青さ、甘さ、酸っぱさ、どこか恥ずかしくなるようなほろ苦さ。まさにそれは誰しもが経験したあの青春の日々だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

観終わった頃には、きっとホルモーから離れるのが寂しくなってきているはずだ。

Facebook

ページトップへ