綾野剛・鶴瓶にKがインタビュー!映画『閉鎖病棟 ~それぞれの朝~』スペシャル

綾野剛「今嘘をついたかつかなかったか、それだけで演技をしていた」

トムセン:続いてのインタビューです。

K:幻聴に悩むサラリーマン、チューさんを演じた綾野剛さんのインタビューです。

写真左から綾野剛、K ©InterFM897

K:撮影現場に行かせていただいて。そこで初めてお会いしましたね。僕は一方的に知ってたので、すごいフレンドリーというか温かみのある人だなっていうのが第一印象でした。僕は主題歌を担当しましたけど、現場からしたら、いわゆる外の人間じゃないですか。でもあのファミリー感がすごく好きで。

綾野剛(以下、綾野):そんなことないですよ。

K:実際現場はどうでした?

綾野:心地よい感じでした。和気あいあいと。それこそKさんが面白かったです。一人只者じゃない人が立ってるぞ、と思って(笑)芝居を邪魔しちゃいけないって思ってくれてたみたいで、すごく端っこの方に申し訳なさそうに佇まれてたんですが、プロデューサーの人が「Kさんです」って教えてくれたので、駆け寄って「こんにちは」って挨拶して。僕は、こういう人大好き!みたいな感じで。そう、その時にもらった靴、まだ使ってるんですよ。

K:クロックス差し上げたんですよね。僕のセンスじゃないんですけど、頼んだ人のセンスでファンシーな感じになってて。

綾野:超キュートですよね(笑)。つい最近もあれ履いて現場に行ったら、子役の方がめちゃくちゃ寄ってきてくれて助かりました(笑)。

K:今回チューさんを演じる上で気をつけたところありますか?

綾野:苦労したところでいえば平山監督が手綱を持ってくださっていたので、俳優たるお芝居をしてしまうと「お芝居」って感じになってしまうんですよ。なのでなるべく作らないといいますか、佇むということを気をつけた覚えがありますね。

K:鶴瓶さんとか小松さんとのやりとりで印象的だったことありますか?

綾野:みなさんが平山監督が見たい世界を感じながらやっていて。ひとつみんなで気をつけていたのは、本当を探そうとすると、ただでさえ台本は嘘なのに起こっていることはノンフィクションな訳ですよね。だから本当を探そうとするとより嘘っぽくなるので、嘘をつかないことに気をつけてましたね。「今嘘をついたか、つかなかったか」だけで僕は芝居してました。

K:『閉鎖病棟』をご覧になる方へメッセージをお願いします。

綾野:こう言っては何ですがとても温かみのある優しい作品となっているので、劇場で体感していただけたら幸いです。

K:ありがとうございました。

有吉「オールスター後夜祭」で“記憶力クイズ”に挑戦も惨敗…出演芸人の名前が出てこず「年齢上しょうがないと思っていたけど…」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER(サンドリ)」。4月7日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の山本浩司とアルコ&ピースの酒井健太を迎えてお送りしました。


(左から)酒井健太、有吉弘行、山本浩司



有吉が番組MCをつとめ、山本も酒井も出演した「オールスター後夜祭'24春(以下:後夜祭)」(TBS系)の話に。有吉は「ドッキリみたいな感じで、急に『回答席に座っている88人の芸人の名前を(回答席を見ないで)全員言えるか』っていうのをやらされたんだけど、ほぼ答えられなくて……(芸人の名前が)全然出てこなかったんだよね」と悔しさをあらわにします。

また、挑戦しているときは「“回答はグループ名でも個人名でもいい”って言われたから、思いついた人からバンバン言っていけばいいんだけど、“(青色1号の上村典弘(現:カミムラ)は)ウエムラだっけ? カミムラだっけ?”って変に止まっちゃって」と回顧。

結局、浮かんだ芸人に関する情報は次々と出てくるものの、肝心の名前やグループ名はほとんど出てこなかったそうで、一緒に出演していた山本と酒井も、その様子を案じていましたが、有吉も「まったく出てこなくて、自分でもちょっとビックリした。年齢上、こういうラジオをやっていても(名前などが)出てこないことが多いから、ある程度はしょうがないと思っていたけど“それにしてもな……”って。困ったね」と不安を口にしていました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国25局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/27400
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」ではスペシャル音声も配信中!

Facebook

ページトップへ