宮本佳林の竹内朱莉“愛”がさく裂!放送100回記念にスペシャルゲスト

ラジオ日本『宮本佳林の雑談ラジオ』(毎週土曜日24時30分~25時)は、12月2日(土)、9日(土)の放送で、ゲストに竹内朱莉を迎えてお届けした。

ラジオ日本『宮本佳林の雑談ラジオ』は、2020年からソロで活動している宮本佳林が、このラジオでしか話さない、とっておきの話からどうでもいい話まで気楽に気ままにトークする30分番組。

12月2日(土)で番組スタートから100回を迎えた。記念すべき回のゲストには、宮本佳林が大好きな竹内朱莉が登場。

12月2日(土)の放送では、冒頭で宮本のマネージャーの話題に。竹内が可愛いと連呼する宮本のマネージャーに対し、「私には可愛いって言ってくれないのに…」と嫉妬心を抱いているという宮本。そんな複雑(?)な関係のマネージャーについてや、片方無くしがちな靴下の話まで、ここだけのトーク満載でお届けした。

そして、101回目の12月9日(土)の放送にも、引き続き竹内朱莉がゲストで登場。2週目も宮本の竹内朱莉“愛”がさく裂した放送となった。

二人のクリスマスの予定は?

宮本:どうですか?クリスマスはどんな予定ですか?

竹内:クリスマスはですね、去年から始まった毎年恒例行事になるんだろうなってやつがあるんだけど。去年は当日、今年はまだ分かんないんだけど…アンジュ(ルム)の卒業した人で集まるっていう。

宮本:え!めっちゃいいじゃん!

竹内:そう…去年も集まってたね。

宮本:えーいいなぁ!

竹内:今年も参加できる子とできない子がいるから、この日合うー?じゃあご飯食べよーみたいな感じで。わだちょ(和田彩花)んちでクリスマスパーティー。これが恒例化しそうな感じ!

宮本:なに持ってくんですか?チキンとか。

竹内:えーなにも持ってかない!全部わだちょが用意してくれる!

宮本:すっご!やばいわ!

竹内:そこでクリスマスソング流しながら、基本ずっと喋ってるだけなんだけど。色々あった!ピザもあるし、チキンもあるし、あとはワインとか。大人ですから。

宮本:わー大人になってる!やばすぎる!でもうちらそういうことだよね。だって、ハロプロ入って最初のクリスマスってまだ十代じゃん?まじでやっすいプレゼント交換とかしてたじゃん絶対(笑)

竹内:してたのかなぁ?

宮本:3000円くらいでプレゼント交換とかしたよ、うちら!

竹内:クリスマスプレゼント交換した記憶ない!

audiobook.jpでもオンエアが楽しめる!

この番組の過去のオンエア分を「audiobook.jp」で現在有料配信中。こちらのバージョンでは、本編では聞けない「宮本佳林の雑談ラジオ」の延長戦も聞くことができる。毎週月曜日配信なので、こちらも要チェック!

宮本佳林の雑談ラジオ
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週土曜 24時30分~25時00分
出演者:宮本佳林、ゲスト:竹内朱莉
公式X

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ