香港「逃亡犯条例」改正案~日本政府は抗議をするべき

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月14日放送)に参議院議員の青山繁晴が出演。香港での「逃亡犯条例」改正案について解説した。

2019年6月9日のデモ(2019年逃亡犯条例改正案 – Wikipediaより)

香港「逃亡犯条例」改正案~審議の再開を延期

刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求め、香港では6月9日に103万人とも言われる大規模なデモが行われるなど、緊張状態が続いている。香港の議会に相当する立法会の梁君彦議長は13日、デモなどの反発を考慮して改正案の審議を再開しないと各議員に伝えた。再開の時期は未定だが、香港政府は6月中の改正案成立を譲らない構えとみられている。

飯田)6月20日にも、ということが言われています。デモには香港市民の7人に1人が参加したとも言われているそうです。

青山)中国共産党の大失敗ですよ。このまま行くと、日本人も香港に旅行に行けなくなってしまいます。中国共産党の独裁下での犯罪立件は、非常に恣意的です。気に入らないと犯罪者にされる。そうなった日本人もいますから。

飯田)温泉の調査に行って捕まったとか。

香港島中心部の幹線道路を占拠するデモ参加者(中国・香港)=2019年6月12日 写真提供:時事通信

これは人権問題である~日本政府は抗議をするべき

青山)囚われたままの方もいらっしゃいます。政府与党、民主党の責任も含めて、きちんとそれに対応していないこと自体が問題ですけれども、気に入らないと港で写真を撮っただけでスパイだと言われたり、香港に旅行に行って犯罪者にされたら、今度は中国の内陸部に連れて行かれることもあり得る。
それは甚だしく中国のイメージを下げると同時に、香港にとっては観光産業が金融と並んでとても大事ですから、自分で大打撃を与えることになります。
しかし中国共産党、香港政府も引っ込みがつかないから強行するのでしょうね。香港市民にとって命にかかわる問題です。日本の司法もいろいろ言われていますが、日本ならば連れて行かれて一生行方が分からないなんて、ありえないことです。しかし広大な中国内部に連れて行かれて、敢えて言いますが臓器売買だって行われたりしている。それが政治犯と関係があるのではないかと、人権団体はずっと言っているのです。そういうことを含めると、それが事実かはまだ確認できないけれど、いずれにしても中国自身にとって大打撃ですよ。
香港を中国のイメージアップのための窓口にしようと思ったのが、法輪功のことなどもあって、逆に出て来ている。中国共産党や中国政府が、こうやって香港のイメージを自分で切り付けていることに、日本は「おかしい」と言うべきです。
政府がやらないのだったら自由民主党が引っ張って、そういう意思表示をするべきです。世界各国は議会も政府も意思表示をしていますからね。これは内政干渉ではなく、基本的な人権の問題です。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ