香港「逃亡犯条例」改正案~日本政府は抗議をするべき

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月14日放送)に参議院議員の青山繁晴が出演。香港での「逃亡犯条例」改正案について解説した。

2019年6月9日のデモ(2019年逃亡犯条例改正案 – Wikipediaより)

香港「逃亡犯条例」改正案~審議の再開を延期

刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求め、香港では6月9日に103万人とも言われる大規模なデモが行われるなど、緊張状態が続いている。香港の議会に相当する立法会の梁君彦議長は13日、デモなどの反発を考慮して改正案の審議を再開しないと各議員に伝えた。再開の時期は未定だが、香港政府は6月中の改正案成立を譲らない構えとみられている。

飯田)6月20日にも、ということが言われています。デモには香港市民の7人に1人が参加したとも言われているそうです。

青山)中国共産党の大失敗ですよ。このまま行くと、日本人も香港に旅行に行けなくなってしまいます。中国共産党の独裁下での犯罪立件は、非常に恣意的です。気に入らないと犯罪者にされる。そうなった日本人もいますから。

飯田)温泉の調査に行って捕まったとか。

香港島中心部の幹線道路を占拠するデモ参加者(中国・香港)=2019年6月12日 写真提供:時事通信

これは人権問題である~日本政府は抗議をするべき

青山)囚われたままの方もいらっしゃいます。政府与党、民主党の責任も含めて、きちんとそれに対応していないこと自体が問題ですけれども、気に入らないと港で写真を撮っただけでスパイだと言われたり、香港に旅行に行って犯罪者にされたら、今度は中国の内陸部に連れて行かれることもあり得る。
それは甚だしく中国のイメージを下げると同時に、香港にとっては観光産業が金融と並んでとても大事ですから、自分で大打撃を与えることになります。
しかし中国共産党、香港政府も引っ込みがつかないから強行するのでしょうね。香港市民にとって命にかかわる問題です。日本の司法もいろいろ言われていますが、日本ならば連れて行かれて一生行方が分からないなんて、ありえないことです。しかし広大な中国内部に連れて行かれて、敢えて言いますが臓器売買だって行われたりしている。それが政治犯と関係があるのではないかと、人権団体はずっと言っているのです。そういうことを含めると、それが事実かはまだ確認できないけれど、いずれにしても中国自身にとって大打撃ですよ。
香港を中国のイメージアップのための窓口にしようと思ったのが、法輪功のことなどもあって、逆に出て来ている。中国共産党や中国政府が、こうやって香港のイメージを自分で切り付けていることに、日本は「おかしい」と言うべきです。
政府がやらないのだったら自由民主党が引っ張って、そういう意思表示をするべきです。世界各国は議会も政府も意思表示をしていますからね。これは内政干渉ではなく、基本的な人権の問題です。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ