新型コロナ~米・LAとNYの明暗を分けた外出自粛要請「1週間」の差

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月6日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。アメリカの新型コロナウイルスの感染状況について解説した。

「中国ウイルス」を正当化 2020年3月17日、米ワシントンのホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領(中央)(UPI=共同) ©共同通信社

アメリカ一転~マスク着用を推進

アメリカの疾病対策センター(CDC)は、新型コロナウイルスの対策で「マスクは不要」という従来の見解を修正し、着用を勧める新たな方針を発表した。これに対しトランプ大統領は「あくまでも自主的な措置だ」として、自らは着用しないとしている。

飯田)ツイッターでも反響がありました。欧米はあまりマスクを着用しないではないですか。元自衛官の方や、佐世保に住んでいる方がツイートしてくれるのですが、「何があってもマスクをしないアメリカの人たちが、いまはマスクをしているのですよ。びっくり」といただいています。

須田)文化や習慣の違いで、アメリカでは感染症にかかっている人や、医療関係者だけがマスクをするのが通常でした。マスクをしているということは、「私は重篤な感染症にかかっています」ということを示すので、マスクをする習慣がないのです。ただ、そうは言っても新型コロナウイルスの蔓延で、特にアメリカは地域によって集中しています。例えば東海岸ではニューヨーク。それもニューヨーク州ではなく、ニューヨーク市と言われている5つの区です。なかでもマンハッタンでは、爆発的に感染が拡大しています。さすがにマスクを着用する人が増えているのですが、いまマンハッタンのスーパーマーケットへ行くと、マスクや消毒液は完売で、入荷の見込みはないという状況になっています。

飯田)マスクに関しては感染予防ではなく、無症状や軽症で感染している人が周りへ拡げないためにやるものだと、日本でも言われています。

須田)アメリカ人、なかでもニューヨーカーは自己主張が強いです。しかし、いまはスーパーマーケットへ行っても入場制限で行列ができているのですが、2メートルの間隔を開けることを守っているのですよ。

飯田)線が引かれているようですね。

新型コロナ/閑散としたニューヨークの街並み=2020年3月17日 ©時事通信

アジア系人種への差別が深刻化

須田)しかも、少しでも近づくと「近い」と怒鳴られるらしいです。きちんと秩序だった行動をしてマスクを着用するという、いままでとは違った行動をしていて、それだけ恐怖心があるのだろうと思います。アジア系の人は差別の対象になっていて、殴られるならまだしも、ナイフで刺されるという事例まで出ているようです。

飯田)いまは旅行に行けませんが、現地に住んでいるアジア系の方も多いです。

須田)ほとんど外へ出られない状況になっているようです。治安の悪化している地域へ行くと、町中を歩いている人は麻薬中毒者などの精神がおかしい人だけで、買い物すら行けないようです。そういうところは、もともと警察がパトロールしている場所ではありませんから、ますます治安が悪化しています。そういう治安対策も、なかなか難しい部分なのだと思います。

米疾病対策センター(CDC)を視察するトランプ大統領=2020年3月6日、米ジョージア州アトランタ(ロイター=共同) ©共同通信社

西海岸と東海岸、明暗を分けたのは「1週間」の差

飯田)一方で西海岸はというと、ロサンゼルスに住んでいる方からメールをいただきました。“いつもなら女子ランナー”さんから、「ロサンゼルスは3月上旬に自粛生活を余儀なくされています。開いているのはスーパー、レストランのテイクアウト、郵便、配達業務、病院といったところです。朝のニュース番組のMCは自宅から出演。もちろんゲストも自宅から。MC2人とゲスト1人の映像が、3枚の自画像を並べたようなギャラリーとして、テレビ画面に映し出されています。ときどき出て来るプロデューサーも自宅からの映像でした。このように、かなりの対策がされています。一方で、お1人の高齢者に対して『買い物をしますよ』『話し相手になりますよ』というボランティアが増えています。スーパーに並んでいるときには、従業員が画用紙とペンで言葉遊びのクイズをしたりして、飽きさせないように努力もされているようです」といただきました。

須田)カリフォルニア…ロサンゼルス、サンフランシスコはそういった点で言うと、まだまだ事態が悪化せずに感染者数も抑え込みができている状況です。東海岸とカリフォルニアでどう違ったのかというと、半ば強制力を伴った外出自粛要請をかけた1週間の差です。カリフォルニアのほうが1週間早かったのです。その差は非常に大きかった。いまニューヨークの人たちに話を聞くと、「現在ニューヨークで起こっていることは、2週間後の東京なのですよ」と。東京も大阪と比べると、週末の外出自粛要請が1週間遅れています。ここへ来ての感染拡大を考えると、この1週間の遅れが取り戻せるのか。もっと大きな枠組みで見ると、緊急事態宣言をなかなか出さないという状況が、後になって悪い影響を及ぼさなければいいなという、強い危機感を持っています。

radikoのタイムフリーを聴く

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ