Creepy Nuts『Mステ』単体デビュー決定で、しゃべる気満々の“レッド松永”をR-指定が警戒

9月15日(火)深夜、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)がパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週火曜27時~28時30分)が放送。18日(金)21時から放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に、2回目の出演が決まったことを報告した。

Creepy Nutsは、9月4日に放送された「ミュージックステーション(Mステ)」に、俳優・菅田将暉とのコラボ楽曲『サントラ』で初出演したが、18日の放送は、Creepy Nuts単体として初めての出演。

ラジオの番組冒頭では、単体でのMステデビューを報告し、「ありがとうございます!」「ヒップホップ畑の人がミュージックステーションに出るっていうだけで一大事じゃないですか? こんなに短いスパンで、2週間後にもう1回出られるなんて……」と喜んだ2人。

しかし、前回のMステで、DJ松永が寿司を食べに行った話を長々としていたことから、R-指定が「Mステはトーク番組じゃないんですよ?」と忠告した。

DJ松永:うれしいですよ、ついに単体デビュー。

R-指定:単体デビューって……何のことかわからんですけど(笑)。でも、俺らだけでMステに出させていただくということでね。

DJ松永:先々週に3人で出て、俺がトークを失敗して、Rさんが歌詞を失敗して、菅田さんのみがノーミスでシンプルに成功。でも、3人中、ミスった2人だけで翌々週に出るってさ、Mステは何のチャレンジをしてるの? Mステ側が自分に負荷かけてる。超Mなの?(笑)

R-指定:超M(笑)……いや、それか、とどめを刺しに来ている可能性があるよな。

DJ松永:どういうこと?

R-指定:前回、トークを失敗して、歌詞も間違えて、“ちょっと調子に乗っているぞ”と。だから、早いスパンで2回目に呼んで、もっと恥をさらさせて、早いうちに心をポキッと折ってしまおう、という作戦かもしれない。早めにとどめを刺そう、っていう。

DJ松永:「あいつら、変な失敗しておもしろい! もう1回出して、もっと失敗させよう!」みたいな?

R-指定:そうそう。その可能性もある(笑)

DJ松永:でも俺は、前回の菅田将暉さんとミシュランの寿司を食べに行ったトークの続きができるから楽しみです。上・下巻の上巻分しかまだしゃべってないですからね。Mステのプロデューサーが「下巻が聞きたい!」って思ったのかもしれませんね。

R-指定:いや、それで呼ばれたんじゃないよ! 歌詞を間違ったり、トークを失敗したけど、パフォーマンスになんか勢いがあるんじゃないの? 熱いものを持ってるんじゃないの? っていうことで、またお声が掛かったと俺は思っている。

DJ松永:そうなのかな? だってさ、トークはまだまだあそこから広がりを見せるから……。

R-指定:Mステはトーク番組じゃないんですよ? 音楽番組!

DJ松永:俺はびっくりした。前回、アナウンサーが途中で止めに入ったでしょ? あれ、放送事故です。すいません(笑)

R-指定:違う、違う! ヤバい目をした勘違いミュージシャンがベラベラしゃべり出したから、真面目なアナウンサーが止めに入り、職務をまっとうしただけです。

DJ松永:いや、俺は「誰か! このアナウンサーからマイクを取り上げろ!」って思ったね(笑)

R-指定:ヤバい目をした、顔の赤い松永がしゃべり始めて、もう、“レッド松永”に入っていたから。幽霊も赤い色のやつが一番危ないっていうけど、もう、松永さんはその状態になっていたから! だから、アナウンサーさんが止めに入ったのよ。この子、長くしゃべりすぎや! って。

DJ松永:そういうことなの?

R-指定:“レッド松永”って知ってる?

DJ松永:知らないです。

R-指定:レッド松永は、スイッチがパチンって入った時の松永。声も大きくなって、しゃべるテンポも早くなって、周りの話を一切聞かない状態の松永がレッド松永。

DJ松永:あはははは(笑)

R-指定:たぶん、Mステのスタッフさんも「レッド松永入った」って裏で言っていたはず。

DJ松永:え、恥ずかしくてレッド松永になりそう(笑)。

ラジオのノリで、18日のMステでも寿司トークの続きをする、とは言ったが、そのあと「今週はちゃんと歌って、ちゃんと曲の話をする、ということでいいですか?」と考えを改めたDJ松永。「今週はカマすよ。シンプルにね」と宣言すると、続けてR-指定も「ちゃんと楽曲の力でカマしましょう」と意気込みを語った。

radikoのタイムフリーを聴く

村上春樹「秋の夜長にしっとりと味わえるジャズを…」自身のラジオ番組「村上RADIO」で“ジャズの大吟醸”をお届け

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO」。10月25日(日)の放送は「村上RADIO~秋のジャズ大吟醸~」と題して、村上さんが所有するアナログ・レコードのなかから、まさに“大吟醸”の名にふさわしいジャズをセレクト。村上さんが愛聴してきたレコードや、「大好きなジャズ・ミュージシャン」と語るアーティストの曲など、秋に似合うさまざまなジャズをお届けしました。この記事では、前半2曲についてお話された概要を紹介します。


<オープニングテーマ>
Donald Fagen with Jeff Young & the Youngsters「Madison Time」

こんばんは、村上春樹です。村上RADIO、今日は「秋のジャズ大吟醸」と銘打って、秋の夜長にしっとりと味わえるジャズをお届けします。というわけで、今夜かけるのは全曲アナログ・レコードになります。

うちにある古いレコードなので、途中で少しぶつぶつ入るかもしれませんが、秋の夜長、お酒のグラスでも傾けながら、骨太なジャズのサウンドを気楽に楽しんでください。いや、べつに無理して飲む必要はありませんけど……。
    


うちにあるレコードは、だいたい7割がジャズ、2割がクラシック、1割がロック、ポピュラー音楽という感じになっています。CDに関しては、かなり事情は変わってきますが、アナログに関しては、そういう比率になります。

その7割のなかから、僕が昔から愛好している曲と演奏を厳選しました。古い時代のものが中心になりますが、気に入っていただけると嬉しいです。

◆Sir Charles Thompson+Coleman Hawkins「It's a Talk Of The Town」
最初はサー・チャールズ・トンプソンというピアニスト。1940年から1950年代に活躍したピアニストで、なかなか趣味の良い黒人ピアニストです。

この人は、チャーリー・パーカーやマイルズ・デイヴィスとも共演しましたが、本来もっと古い時代の音楽をやっていた「中間派」と呼ばれるミュージシャンで、バップ以前の音楽が肌にあっていたみたいです。

スウィング時代に活躍したミュージシャンが、ビバップのあとで、ちょっと古いスタイルの演奏をするのを「中間派」と呼んでいました。コールマン・ホーキンズなんかはそういうタイプのミュージシャン。つまり50年代、60年代というのは、ビバップとかハードバップになっているんだけど、その時代にあっても、古いスタイルのジャズでやっていた人ということですね。このへんの時代の音楽は今では聴く人が少ないみたいです。残念ですけど。

テナーサックスの巨匠コールマン・ホーキンズと共演した素敵なバラード、“It's The Talk Of The Town”「街の噂」を聴いてください。でも「街の噂」になると嫌ですね、最近はSNSとかあるから(笑)。



このレコードは昔からの僕の愛聴盤で、水道橋のジャズ喫茶でアルバイトをしていたころ、よくこれを聴いてました。サー・チャールズ・トンプソンという人は、日本が好きで、日本の女性と結婚して、晩年は日本に住んでいたんです。日本でよく演奏をしていて、長生きして、最近亡くなったんですよね。

◆Stan Getz「Bronx Blues」
次は僕の大好きなスタン・ゲッツです。去年僕は、スタン・ゲッツの伝記を翻訳して出版しました。翻訳はけっこう大変でした。今日かけるのは、スタン・ゲッツがオスカー・ピーターソンのトリオをバックに、自作のブルーズ曲を演奏したものです。スタン・ゲッツは、自分で曲をつくって演奏するということはあんまりないんです。だいたいありものの曲をとてもうまく演奏するというのが持ち味の人なんだけど、これは珍しく自作のブルーズを演奏しています。

タイトルは「ブロンクス・ブルーズ」。彼はニューヨーク市のブロンクス地区で生まれて、貧しい家庭で少年時代を送りました。音楽が少年時代の彼にとってほとんど唯一の喜びだったんです。

僕の訳した本のなかに、このセッションについて回想している一節がありますので紹介します。

「ここには素晴らしい雰囲気が満ちている。ぼくがこれまでおこなった中では、いちばん楽しめる録音だったね。一流のプロと演奏するのは、実に心地の良いものだ。ドラムは入っていないが、そんなものは不要だった。ぜんぜん気にならなかった」

昔なじみのミュージシャンが集まって、気軽にジャムっているような、温かい雰囲気の気楽なセッションだったんですね。ブルーズというのは、ミュージシャンがみんなで集まって、適当にセッションをやっているうちにメロディができちゃったみたいなことが多いから、そういうものかもしれない。

メンバーはピアノがオスカー・ピーターソン、ベースのレイ・ブラウン、ギターのハーブ・エリス。

このブルーズで、最初にスタン・ゲッツがすごくリラックスした、いいソロを吹くんですよ。それからオスカー・ピーターソンのソロが入って、次にベースのレイ・ブラウン。このベースソロがめちゃめちゃかっこいい。派手なことはやってないんだけど、レイ・ブラウンのベースが沁みるんですよね。なかなかこんな演奏はできないです。「おお」と、うなりたくなるようなソロで、スタン・ゲッツはそれを聴いて燃えるんですね。そのあとのゲッツのソロときたら、もう絶妙の一言です。ジャズって、「どう燃えるか」、お互いをインスパイアして高めていく過程がいちばん面白いところなんです。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2020年11月2日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIO~秋のジャズ大吟醸~
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:10月25日(日)19:00~19:55
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

Facebook

ページトップへ