西川貴教「僕以外、みんな中止と……」『イナズマロックフェス』実現の舞台裏を明かす

歌手の西川貴教が、ニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」(9月7日放送)に出演し、オンライン配信で開催となった「イナズマロックフェス2020」について語った。

滋賀ふるさと観光大使を務める西川は、2009年から毎年、自身の誕生日である9月19日に音楽イベント「イナズマロックフェス」を滋賀で主催。今年は50歳の誕生日に、「イナズマロックフェス2020」を史上初のオンラインで開催した。

新型コロナウイルスの影響で活動自粛を余儀なくされる中、動画配信サービス「サブスクLIVE」で開催した今回の「イナズマロックフェス」だが、実現に至るまでさまざまな困難があったという。

松本:でも、ギリギリまで生でやろうって気持ちはスタッフの皆さんであったでしょ?

西川:正直、委員会の中では、僕以外はみんな「今年は中止にして、来年頑張りましょう」っていう話になってたんですよ。

高田:「やらない」と。

西川:でも「それは、そんなにすぐ決めるものでもないんじゃない? もっと粘ろうよ」って言って。

高田:じゃあ西川くんだけが「やろう」と。偉いね。

西川:このオンラインのプラットフォームもたまたま僕が懇意にしていただいている方が、いろいろ運営されていて。元々そこはスポーツの中継をやられている会社だったんですけど、立ち上げでやられた会社の社長さんが、レコードレーベルにお勤めだったことがキッカケで、そういった音楽をもっと続けていくための環境を残していこう、と。

高田:うんうん。

西川:そのスポーツ中継では、47の都道府県でカメラと中継機材がある。これをライブハウスにしたらできるんじゃないかと。そういったところから「やりたいんですけどどうですか」って話から僕も入って。

サブスクリプションサービスでライブ配信を行うことで、「全国のいろいろなライブハウスで、まだこれからのアーティストを見てもらえる」と展望を語った西川。新人アーティストの発掘や、会場の支援にも意欲を見せていた西川だった。

賀来賢人、キャンプに興味津々「できるようになりたいな~、お父さんとしては…」

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。10月14日(水)~10月15日(木)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークや番組企画をお届けしました。


パーソナリティの賀来賢人



◆「よし、決めた!」キャンプに興味津々
10月14日(水)の放送では、クラブ会員からのメッセージを紹介。

<クラブ会員からのメッセージ>
「会長(※本番組での賀来の呼称)、聞いてください! 半年前くらいになりますが、英検1級に受かりました。会長は、得意な言語や習得したい言語はありますか?」(女性)

このメッセージに、「英検1級って(英語)ペラペラくらいの人が受かるやつでしょ? すごい! 相当勉強したんでしょうね」と感心しつつ、「おめでとうございます!」と祝福。

会長が通っていた学校では、フランス語に特化していたそうで「小さい頃って、言語を習得するのにいいと言われていますけど、僕、けっこうフランス語が好きだったらしくて。小さい頃はかなり聞き取れていたんですって」と振り返ります。それだけに、「もしそのままフランス語の勉強を頑張っていれば、しゃべれるようになっていたかもしれない。だからもったいなかったなぁって……フランス語とかしゃべれたらかっこよかったのにって思います」としみじみ。

<クラブ会員からのメッセージ>
「この前、ソロキャンプをしてきました。友達と何度かキャンプをしたことはありますが、1人は初めてで何から何まで自分で用意をしました。自然のなか、1人で焚き火をじっと見つめていると、仕事のストレスなどが吹き飛び、すごくリラックスできます。会長もぜひソロキャンプをやってみてください!」(男性)

「ソロキャンプ、相当面白いんでしょ!? みんな言うよね」と興味津々の様子。「でも、みんなでワイワイやるから楽しいんじゃないの?」と素朴な疑問が飛び出します。

ソロキャンプは、豊かな自然のなか、自分だけの空間で好きなことをするのが醍醐味の1つとあって、会長は「ソロキャンプのベテランって、何でも自分でできてすごいんでしょうね。できるようになりたいな~、お父さんとしては。来年中にちょっとキャンプ道具を揃えて、キャンプを始められたらと思います」と宣言していました。

◆会長がカッコイイと思う先輩像とは?
10月15日(木)の放送では、クラブ会員から届いた部活にまつわるメッセージを紹介。

<クラブ会員からのメッセージ>
「ウチの子どもたちは、競技ドッジボールの地域クラブに入っています。入団したのは、子ども会のドッジボール大会がきっかけなのですが、競技ドッジボールは私が子どもの頃に遊んだドッジボールとは全然違います。ディフェンスは1列に並んで相手ボールを受けるんです。

ボールの威力もスピードも速くてビックリ! ウチの地域にはクラブが1つしかないのですが、今年の春には県大会に優勝して全国大会の切符を手にしました。残念ながら、新型コロナの影響で全国大会は中止になってしまいましたが、子どもたちは一生懸命に競技ドッジボールに取り組んでいます」(女性)

ちなみに、競技ドッジボールは投げたボールに当たらないよう逃げるのが前提ではなく、5分間という限られた時間のなかで、自分のチームの攻撃時間をいかに増やすかが勝負のカギとなるとか。

「どういうこと? うかつにボールを投げないほうがいいということ?」とちんぷんかんぷんの会長。「これはちょっと、また例のごとく、『日本ドッジボール協会』の会長さんとかに話を聞いてみたいですね。できればまたお電話してみたいと思います」と関心を寄せていました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私が通っている女子校では、先週、部活にたくさんの1年生が入部してくれました。後輩から憧れられるような素敵な先輩になりたいと思っていますが、自信がないです。会長にとって、カッコイイ先輩とはどんな先輩だと思いますか?」(女性)

自身のバスケ部時代を振り返り、「僕がバスケ部に入った中1のとき、高2だった先輩とかは、大体5コも離れていたら全然相手になんかしてくれないじゃないですか。でも、その先輩は普通に『おい、メシ行こうぜ!』とか、すごくフランクに誘ってくれて。その先輩が1番バスケが上手くて、すごく素敵でした」と懐かしみます。「だから、そういう壁のない、先輩ぶっていない感じがカッコイイなって、当時は思っていました」と話していました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ