鈴村健一による司馬遼太郎・傑作短篇「若江堤の霧」の朗読スタート、番組はSEASON10に突入!

「若江堤の霧」の朗読を担当する、声優・鈴村健一

 

 

『川口技研 Presents 司馬遼太郎短篇傑作選』(ラジオ大阪・TBSラジオ 毎週土曜午後6時~6時30分放送)は、司馬遼太郎の遺した傑作短篇作品の朗読に、いま話題の人気声優が挑戦する番組です。

2012年10月から、ラジオ大阪とTBSラジオの2局で同時放送されているこの番組は、この10月から10年目に突入。今期も総勢8名の声優が1人1作品ずつ、計8作品の朗読に挑みます。10月2日(土)からの全7回にわたっては、「若江堤の霧」の朗読をお送りします。

今作品の朗読を担当するのは、鈴村健一(すずむら・けんいち)。「黒子のバスケ」(紫原敦役)、「銀魂」(沖田総悟役)、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(シン・アスカ役)、「宇宙戦艦ヤマト2199」(島大介役)などの人気アニメへの出演のほか、ラジオパーソナリティ、舞台プロデューサー、アーティストなど多方面で活動する、いま最も注目を集める声優のひとりです。

 

今回の作品朗読にあたり、感想等を聞きました。

○作品について

鈴村「今回の主人公木村重成。申し訳ありません・・・存じ上げておりませんでした・・・。しかし、聞けば聞くほど(読めば読むほど)その人生に引き込まれていきました。家康をやり込めるほどの美丈夫とはどんな姿だったのか。気になります」

○朗読して感じたこと

鈴村「とにかくたくさんの人名や地名が出てくるので大変でした(笑)。でも、司馬先生の文章からは明確なイメージが伝わってくるので、言葉は難しくても不思議と具体的に頭に描けるんですよね。過去と現在を繋いでくれる先生にはいつも尊敬します」

○リスナーへ

鈴村「今回も参加させてさせていただきました。あの時代の人達が生き生きと描かれています。時代を越えて誰かの人生を覗くことができるというのはとても素敵なことですね。ぜひお聴きください」

ナビゲーターの女優 竹下景子

【「若江堤の霧」あらすじ】

物語の主人公は豊臣家の家臣、木村重成。舞台は大坂夏の陣。
豊臣秀頼の家宰、大野治長は大坂を防衛する決戦部隊を七個軍団に分けた。真田幸村ら家格と知行ある上将が配されるなか、そのひとりに据えられたのが若く無名の重成だった。
大坂城は既に城池が埋められ裸同然、野戦となった夏の陣。兜に空薫をして忍緒の端を切り不退転の覚悟で戦場を駆ける重成。幕府軍先鋒の藤堂高虎率いる軍勢右翼を撃退し、若江の地で井伊直孝率いる軍勢と対峙する。
敵軍の将、徳川家康をも唸らせ、22年間の短い生涯で不朽の名声を後世に遺した若者の生き様とは…。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選
放送局:OBCラジオ大阪 他1局ネット
放送日時:毎週土曜 18時00分~18時30分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:竹下景子、鈴村健一
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

土佐兄弟・卓也、2ヶ月で10kgダイエット企画の結末は?!


7月5日(火)に放送されたお笑いコンビ・土佐兄弟がパーソナリティを務める「土佐兄弟の火曜CultureZ」(文化放送)で、木村拓哉主演のドラマ『未来への10カウント』に影響を受けて始まった兄・卓也が「10kgダイエット」企画が遂にピリオドを迎えた。

体重計に乗る前にどんなダイエットをしたかを語る卓也。木村拓哉に憧れでボクシングジムに通い、トレーナーにしっかり相談し食事と運動両方から攻めたという。さらに、自分を追い込むために先週は週4で10km走ったという。その結果、ジーパンのインチは4つも下がり自信たっぷりかと思いきや10kgの壁は大いのかなかなか体重計に乗りたがらなかった。

いざ、体重計に乗ると結果は79.9kg。目標である78kg台には届かずチャレンジ失敗となってしまった。それにより本日のメールテーマが「卓也の罰ゲーム案」となりリスナーから、「バカ高いゲーミングチェアが欲しい」「7月中は毎日激痛ポエムを詠んでもらう」などやりたい放題。結果的に最近振られたリスナーに全身コーディネートを奢るになった。

番組中盤ではCultureZの富士急ハイランドイベントの情報を解禁。土佐兄弟と木曜CultureZパーソナリティのパパラピーズ2組で7/18(月)にラジオイベントを開催する。卓也「せっかく痩せたしマッスルパフォーマンスでもやろうかな」と謎の提案。いったい当日どんなイベントになるかは今後の放送に期待だ。

諦めきれない卓也は放送最後にも体重計にチャレンジ。2時間のラジオでどれだけ痩せているかと思いきや…80.1kgとまさかの増量。「なんで太ってんだよ」と大声でツッコミ、ブースを爆笑に包んだ。

Facebook

ページトップへ