しゃべりが止まらないのは漫才師の習性!? ますだおかだ・増田英彦がラジオを語る

12月22日の「おとなりさん」(文化放送)、午前9時台『教えて!全国☆ラジオスター』のコーナーに、ABCラジオ「ますだおかだ増田のラジオハンター!」(毎週木曜昼12時~午後3時)から増田英彦さんが出演した。きっかけは、「ラジオハンター!」内で増田さんが坂口愛美アナウンサー(文化放送)の名を出したことだった。

坂口愛美「(関西出身で、ますだおかだを)見て育っていますよ。だから、昔からよくテレビで見ていた増田さんが、自分の名前をラジオで出してくださったというのがうれしくて。いろんな人から連絡、来たんです。すぐオファーさせていただきました!」

増田英彦「ありがとうございます! なんかの流れで、『全国のラジオ祭り(ラジオのイベント)、どんな感じかな?』と思って募集したとき、文化放送のリスナーさんから浜祭(はままつり)の情報が来て、その話になったのかな。CDがほしいな、と思ってね、高橋優さん絶賛の!(笑)でも浜祭はうちの相方の岡田(圭右)が仕事で行っているわけで、そこにリスナーとして参加するの無理でしょう(笑)。(このあと坂口アナからCDがプレゼントされた)」

山根良顕「『ラジオハンター』とか聴いていても、やっぱり増田さん、しゃべるの止まんないね。なんとなく、がやがやうるさいのは岡田さんのイメージじゃない? でもラジオだと増田さんのほうが、と思うぐらい」

増田「たぶん増田も岡田も間(ま)が怖いんだと思う。漫才師の習性でもあるのかな、『とりあえずどっちか埋めとかな』みたいな。餅つきやね。奈良の有名な餅つきあるやんか」

坂口「速いのですね(笑)」

増田さんは「ラジオハンター!」でともにパーソナリティを務める武田和歌子アナのことを「天才ですよ」と称える。山根に「武田さんが相槌打つぐらいしかないぐらいしゃべっている(笑)」と言われると、「名キャッチャーなんです(投げやすい)」と返した。パーソナリティ歴は長く、ますだおかだのデビュー1年目で、MBSラジオ「MBSヤングタウン」を担当できたという。

増田「1年目から運よく、大阪の『MBSヤングタウン』のメインパーソナリティをさせてもらいました。まだアルバイトしているのに。そのころの並びは、よゐこさん、FUJIWARAさん、つんく♂さんとかもいらっしゃいましたよ。そんな中、一曜日だけ無名の芸人を使って育てよう、という趣旨で選ばれたのが、まだ1年目のますだおかだ。でも放送が始まって1週間で、アルバイトを辞められる出来事があったんですよ」

山根「何があったんですか?」

増田「番組が始まったとき、『リスナーの皆さん、ますだおかだと言っても顔、わからないでしょう? 興味ある方は今週の日曜、難波のアメリカ村の三角公園という場所がある、そこに何時に立っているから見にきてください』とイベントをやった。そうしたらリスナーが50人ぐらい集まってくれて。その翌週に大阪で当時いちばんメジャーだったお笑いコンテスト『ABCお笑い新人グランプリ』の生放送があって、ますだおかだが優勝できたんです」

山根「すごいな!」

増田「ずっと吉本(の芸人)さんがとっていた賞で、松竹芸能初受賞やったんです。忙しくなるから、優勝した翌日に俺も岡田も『アルバイト辞めます』と言いに行って。その翌週『リスナーさん、ますだおかだの顔、見てくれましたか』『よかったらもう1回会いに来てください』と言ったら、2週間前は50人だったのが500人集まってくれた。インターネットもない時代に、ラジオの力でこんなに集まってくれたんだ、と感動した思い出があります」

パーソナリティになる前からラジオを聴いていたという増田さんは、自らハガキを送っていた経験もあるという。

増田「まだダウンタウンさんが若手で、『これから売り出すぞ』『関西で人気になってきている』というとき、ダウンタウンさんのヤングタウンの記念すべき1回目の放送で、自分が送ったネタが読まれているんですよ。それいまだにカセットテープ残していますよ!」

坂口「投稿もされていたんですね!」

増田「ハガキ職人やっていましたから。だから職人さんのネタは大事にしているつもりです」

増田さんは自身の経験も踏まえ、届いたネタをどれだけ念入りに選んでいるかも聴かせてくれた。詳しくはradikoのタイムフリー機能で確認してほしい。

タグ

いよいよ日本で発売されたライカ製カメラ搭載の「Xiaomi 14 Ultra」の実力を探る『石川温のスマホNo.1メディア』

『石川温のスマホNo.1メディア』は、スマートフォンに関する、最新情報や役に立つ情報を、スマホ/ケータイジャーナリストの第一人者である石川温さんをパーソナリティとしてお届けしている、ラジオNIKKEIの人気番組。

5月30日(木)のゲストは、XiaomiJapan株式会社・プロダクトプランニング本部・本部長の安達晃彦さん。

5月9日に日本における新製品発表会を開催したXiaomi。なかでも注目されたのが、フラッグシップモデルの「Xiaomi 14 Ultra」。ライカ製のカメラを搭載したこのモデルは、これまでのXiaomiファンやガジェット好きはもちろん、カメラ好きな人などにも高評価を得るなど、幅広いユーザーから興味を集めています。その他、新しいミッドレンジモデルの「Redmi Note 13 Pro 5G」「Redmi Note 13 Pro+ 5G」や、渋谷PARCOに期間限定で出店しているポップアップストアなどの日本市場戦略について、「Xiaomi 14 Ultra」に興味津々だった石川さんが鋭く聞いています。

Facebook

ページトップへ