博多が舞台のラジオ朗読劇に地元のスター・武田鉄矢が登場

武田鉄矢さん

RKB創立70周年記念として、月~金の午後2時25分から放送している連続ラジオ朗読劇『博多さっぱそうらん記』は、最終章である第4話「博多駅沈没!」でクライマックスを迎えようとしている。「博多市の怨念」から福岡の街を守るため、主人公たちの最後の奮闘が始まった。

 

これまで、福岡出身の俳優・松重豊さん(「マイヅル様」役)や声優・加隈亜衣さん(主人公「福町かなめ」役)たちが物語を進行してきたが、第4話で新たに「住吉」役として、俳優・歌手の武田鉄矢さんの出演が決まった。「博多市の怨念」の謎を解き明かす重要な場面で登場し、マイヅル様・かなめとセリフをかわすことになる。

博多さっぱそうらん記

『博多さっぱそうらん記』は、福岡在住の作家・三崎亜記さんの新作SF小説。1890年の「市制施行時の名前をめぐる騒動(福岡市か博多市か)」と、2016年の「博多駅前陥没事故」から着想を得て、「博多を名付ける勢力が勝っていた世界」がもし福岡市にあったとしたら、その勢力が現実の福岡をも転覆しようとしているために陥没事故が起こったとしたら、という物語を紡ぎだす。「せいもん払い」「どんたく」「玉せせり」など福岡独自の風習も物語の骨子に組み込まれ、三崎さんにとって初となる、実在する地名を舞台にした作品となっている。同作品は、ウェブサイトふくおかナビで小説が連載されているほか、今年秋KADOKAWAから単行本が刊行される予定。

■武田鉄矢 歌手・俳優・作詞家。1949年生まれ。1972年にフォークグループ「海援隊」のボーカルとしてデビューする。1977年に映画『幸福の黄色いハンカチ』に出演し、役者として高い評価を獲得。以降は個性派俳優として多くの人気作品に出演する。

博多さっぱそうらん記
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 14時25分~14時32分
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

フラ・パフォーマー キャロル・ハルヨがすすめるハワイ「サイド・ストリート・イン」のフライドライス

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(1月7日放送)にフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨが出演。これからの目標とハワイでおすすめのレストランについて語った。

キャロル・ハルヨ

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。1月3日(月)~1月7日(金)のゲストはフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨ。5日目は、これからの活動について—

黒木)フラを芸術の1つとして認めてもらいたいと思っていらっしゃるということなのですが。

ハルヨ)フラは伝統、伝承芸能として、宗教的な目で見られてしまう面もあります。また、「フラはフラでないといけない」という、くくりがどうしても日本はあるのです。

黒木)フラはフラでないといけないと。

ハルヨ)「フラでもこんな踊りができる」とプレゼンテーションしたとしても、言葉では理解してもらえないので、私はこの20年、そういったことを発信し続けて来たのですが、ようやく時代が追いついて来たように思います。他の教室の先生たちも、日本語の曲で踊るようなことも見受けられるようになりました。

黒木)これからの目標は何ですか?

ハルヨ)フラとキャロル・ハルヨを見て元気になってもらえるような活動を引き続きして行きたいなと思います。

黒木)ハルヨさんのフラを見られるチャンスはあるのですか?

ハルヨ)2月にバレンタインのイベントがあります。

黒木)日本で?

ハルヨ)日本です。

黒木)そうなのですか。一度見てみたいです。

ハルヨ)いらしていただけたら光栄です。

黒木)「根暗だから頑張るのだ」という記事も読みましたが、何かわかる気がします。

ハルヨ)地味なのです、私。家では。

黒木)容姿は大変派手でいらっしゃるのですが。

ハルヨ)ハワイに行ったときに、「あなた、歩くミュージアムね」と言われました。みんなが振り返ると。

黒木)注目される、何かオーラが出ていたのですね。ハワイでおすすめのレストランはありますか?

ハルヨ)「サイド・ストリート・イン」かな。昔からあるレストランです。昔はアラモアナのショッピングセンターの裏の方にあったのですが、いまは引っ越して、ホノルル・ズーの方に引っ越してしまったのですが。

黒木)何がおすすめですか?

ハルヨ)フライドライスです。

黒木)フライドライス。

ハルヨ)油モリモリの。身体に悪そうな。オーダーしているものすべて茶色みたいな。

キャロル・ハルヨ

キャロル・ハルヨ / フラ・パフォーマー

■東京都出身。カリフォルニア在住。日本・ハワイ・カリフォルニアを往復。
■1995年・フラを習い始め、教室で講師なども務め、ハワイでの大会にも参加。
■1999年・フラを学ぶためにハワイへ移住。
■恩師であるパレカ・レイナアラ・マトスさん率いる「フラ・ハラウ・オ・カムエラ」(ハワイ名門フラスタジオ)でレッスンを受ける日々を過ごす。
■2000年にはフラ界のワールドカップとも言われる最高峰「メリーモナーク」の 選抜チームの一員に選ばれ優勝。その後・2003年まで4年連続優勝を果たした。
■恩師が亡くなったこともあり、2003年の大会出場を最後に独立。「HPOWER Co.(エイチパワーコーポレーション」をハワイに設立し、本場ハワイをはじめ、ワールドワイドにフラ・パフォーマーとして活動。フラ・スタジオの

運営やイベント開催・出演など、多方面で活躍。ボディメイクや美容に関する活動も展開している。

Facebook

ページトップへ