財津和夫、アンコール公演の新企画をツアー開始前にちょっとだけ告白する

TULIP・財津和夫が、ときには(いやもう何度も?!)ビートルズの歌を初めて聞いた時の衝撃を語る『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。そして、今回は来週から始まるアンコール公演についての情報もちょっとだけお伝えします。

自分が作ったのに自分で聞いても気持ち悪い曲だらけ?!

数十年ぶり故郷へ戻ることになった、というリスナーからのお便りを紹介したあと、財津が故郷についての想いを語り始める。
「下田さんはふるさとが福岡だから、どこか別の場所で長く生活した事がないので今から僕の言う事がわからないと思いますが」と前置きをした後、「東京で50年間過ごして、ふるさとがガンガン迫ってくるんです。それでこの番組も(オファーがあった時に)『是非やらせてください!』とお願いしましたし、福岡に長くいたいなぁと思う今日この頃なんです」と、この番組も含めての、福岡への想いを正面から吐露する。
そして、お便りの最後の言葉「財津さんの歌が大切な宝物です」には、「そう言ってくれると嬉しい・・・でも本当に大丈夫ですか、僕の歌で。変な歌沢山ありますよ。今、自分で聞いても気持ち悪いなぁというような曲いっぱいありますからね」と茶化しているのか照れているのか、相変わらずおどけて見せる一面も。
 

最初の出会いは映画館

リスナーが送ってくれたアビーロードの写真に感激した財津。TULIPがレコーディングのため渡英し、アビーロードスタジオを訪れた時の思い出話が始まる。
「これがポールが弾いたピアノだな、これがジョンが座った便器だな(たぶんここはネタ話)、ここがリンゴが歩いた廊下だろうな、ジョージがここでタバコ吸ってたんだろうな」とスタジオ訪問時に想いを馳せたようで、今でもそれが良い思い出だと告げる。
財津とビートルズの出会いは、昨年11月に当番組で4週連続放送した『財津和夫、ビートルの邂逅ズを語る』の初回(2022年11月6日放送)でお伝えした通りだが、改めて今回の放送でも下田アナの質問に答えるように紹介する事に。友達に誘われ、当時高校生の財津が、福岡センターシネマで上映されていたビートルズの初主演作「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」を観に行ったのが最初の邂逅。
「イギリスなので、テイストが違う。ドタバタギャグではなく、クールな静かなブラックユーモアーが漂い、カルチャーショックを受けながら最後まで観た。音楽が頭にこびりついてしまって、映画館を出た後も音が頭の中で流れながら、どこからどこまで歩いたか覚えてないぐらい本当にショックを受けて、次の日からビートルズ!ビートルズ!ビートルズ!となってしまった」と今回もその時の興奮そのままに、一気に喋る。
実は、映画に誘われた時は行く気が無かったのだが、なぜ観る事になったのか、その理由も今回の話の中に含まれているのだが、その部分は放送を聞いてのお楽しみとしましょう。
今日の一曲は、ザ・ビートルズ「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」。1970年、イギリス版のアルバム「レット・イット・ビー」に初収録。

アンコール公演では、TULIPらしくない曲も準備

いよいよ来週の10月15日、TULIP50周年記念ツアーアンコール公演が、鳥取県米子市からスタートする。「今回、新しい試みってあるんでしょうか」と下田アナが質問すると・・・
「今回は追加公演なんで、割と自由にわがままやって僕が楽しもうと思ってるんですね。なので、こんな曲やってみようと浮かんだ曲があるんで(声を低くしながら)それをやってみようと。ちょっとTULIPらしくないですよ・・・だからやりたいんです」
財津本人からの「企んだ」かのような事前情報、アンコール公演に行かれる方は楽しみ倍増ですね。

いよいよ来週の10月15日、TULIP50周年記念ツアーアンコール公演が、鳥取県米子市からスタートする。「今回、新しい試みってあるんでしょうか」と下田アナが質問すると・・・
「今回は追加公演なんで、割と自由にわがままやって僕が楽しもうと思ってるんですね。なので、こんな曲やってみようと浮かんだ曲があるんで(声を低くしながら)それをやってみようと。ちょっとTULIPらしくないですよ・・・だからやりたいんです」
財津本人からの「企んだ」かのような事前情報、アンコール公演に行かれる方は楽しみ倍増ですね。

次回10月15日の放送は、クライマックスシリーズ中継のため14時(午後2時)からに変更となります。放送直後の次回予告の内容と異なりますが、どうぞご注意・ご了承ください。
財津爺さんが得意と自称する「ダジャレ」と「おやじギャグ」についてのお話をお送りします。

グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、下田文代
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

halca「幸運のお守りになりますように」ニューシングル『Good Luck Waker』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
2月24日のゲストはhalcaさん!
ニューシングル『Good Luck Waker』について伺いました。

『Good Luck Waker』はTVアニメ『ぽんのみち』エンディングテーマ。halcaさん通算10枚目のシングルです。「自分がデビューしたばかりの頃、10枚目を出す頃にはCDを作るのが日常みたいになってるのかなって想像があったんですけど、全然そんなことなくて。いまだに1枚1枚リリースが決定するたびに感動します」

元雀荘を遊び場にする女子高生たちの日常を描いている『ぽんのみち』。halcaさんは麻雀を知っていたのでしょうか?「お母さんが凄く好きなので、気になる存在ではあったんですけど、難しそうだなって思っていて。たまにオンラインで出来る麻雀をしていたんですけど、ポンとかカンとか全然意味分からなくて。“ぽんのみち”をきっかけに役を少しずつ覚えて分かるようになってから楽しくなって。友達、お母さん、音楽プロデューサーさんとアプリで遊ぶようになりました」

最初に聞いた印象は「平和で、ほのぼのしたように聞こえるんですけど、歌詞をよく読むと、楽しい時間は永遠には続かないから、今を大切にしようって思わされる内容だと思いました」

レコーディングではどんなことを意識しながら歌われたんでしょうか?「歌詞の内容からイメージして、今という時間や君を大切にしたいっていう気持ちは嘘じゃないけど、自分を守るためにも、この曲の主人公は何か期待しすぎないようにしている感じがしたので、歌声もあんまり情熱的になりすぎないように歌うことを意識しました」

halcaさんの寝顔が堪能できるMVについても伺いました。「海外サスペンスドラマのオープニングでよく見る、トラックが1本道を走り続ける、ちょっと不穏なことが起きりそうなシーンを撮ってみたいっていうところから始まって。それだけのところから、肉付けしていったんです。撮影場所は、おばあちゃんが1人で管理している牧場でした」

カップリングの『IN THE BRAIN』は作曲・編曲を手がけている山崎真吾さんとの共作で書かれています。「頭の中でモヤモヤしていることを書いたんです。人にやさしくしなきゃいけない場面ってたくさんあると思うんですけど、それを悟られないようにすることが本当のやさしさだとも思っていて。やさしさを人に伝えるのって難しいよなって思って書いてみた曲です。山崎さんから仮段階で頂いた歌詞の内容が遊び心満載だったので、そこからヒントをもらって色々やってみた結果、こうなりました。よく自分が使う顔文字を使ってます」

初回生産限定盤は昨年のツアーの東京公演を収録したBlu-ray付きです。「もうなんかLive Blu-ray出しましたと言ってもいいくらい。ライブフォトブックレットもついてくるので、まだ足を運んだことなくて、ちょっと怖そうだなみたいに思ってる方、これを見て大丈夫だよ、怖くないよって(笑)」

乗り換え案内のアプリでグッと楽になったというhalcaさん。ニューシングル『Good Luck Waker』はhalcaさんにとってどんな作品になったのでしょうか?

「今を大切にしよう、気持ちが明るくなる、そんな目覚めの1枚になれたらうれしいなと思います。みなさんにとって、このシングルが幸運のお守りみたいになりますように」

Facebook

ページトップへ