風水害から家族・地域を守ろう!『聴く防災手帳~風水害対策編~』

自然災害などの緊急事態時の防災・減災をテーマにお送りする特別番組『聴く防災手帳』。第3弾の今回は、「風水害対策編」と題し、日本における風水害の科学的なメカニズムについて、専門家の目から解説します。また、コロナ禍に加えて水害や地震も重なる複合災害になった場合も想定しながら、避難時の心得・対応・備えておくべき物などをお伝えします。出演は、山梨大学工学部の秦康範准教授、兵庫県立大学環境人間学部の木村玲欧教授、東京大学大学院都市工学専攻の廣井悠准教授です。放送後には、番組を収録したCDと、提供・制作協力の防災専門店MT-NETの非常用トイレなどを抽選でプレゼントいたします。

放送は、7月6日(月)・7日(火)・13日(月)・14日(火)のお昼12時15分から。全4回シリーズでお送りします。1回目の6日(月)放送回、2回目の7日(火)放送回は、タイムフリーでお聴きいただけます。

第1回「風水害の実態とメカニズム」

科学的・工学的観点から、昨今甚大化している風水害による被害の特徴やメカニズムと、これまでの具体的な事例について、秦康範准教授と木村玲欧教授に解説していただきました。

第2回「風水害に備える」

平時からどのようなことを備えておくべきか。また、台風や豪雨などの災害に対する具体的な備えについて、秦康範准教授と木村玲欧教授に解説していただきました。さらに、新型コロナウイルスや、夏の季節に懸念される中での避難の考え方(対応)についてもお話いただきました。

第3回「都心・職場での備え」

都市部での風水害でまず思い浮かぶのが地下街での浸水。最近の事例と、どのような注意が必要になるか、廣井悠准教授と木村玲欧教授にうかがいます。番組に寄せられたたくさんの反響・コメントもご紹介します。

第4回「風水害の日ごろの備え」

防災グッズの基本的な考え方についておさらいします。番組で行った防災準備品についてのアンケート結果へのアドバイスと、便利な防災グッズ、あるいは、意外な使い方で役立つグッズなどを、木村玲欧教授に教えていただきます。

出演者

秦 康範(はだ やすのり)
山梨大学工学部准教授
大阪大学工学部卒業後、日本総研、東京大学大学院修了(工学博士)、東京大学生産技術研究所研究員等を経て、現在、山梨大学工学部准教授。主な受賞歴に、地域安全学会技術賞、日本災害情報学会廣井賞、内閣府防災功労者防災担当大臣賞、人工知能学会現場イノベーション賞銀賞などがある。専門は、地域防災、社会安全システム、災害情報、観光防災。

木村 玲欧(きむら れお)
兵庫県立大学環境人間学部教授
早稲田大学卒、京都大学大学院修了(情報学博士)後、名古屋大学大学院環境学研究科助手等を経て、現職。専門は防災心理学、防災教育学。主な著書に、「災害・防災の心理学」、「超巨大地震がやってきた スマトラ沖地震津波に学べ」等がある。

廣井 悠(ひろい ゆう)
東京大学大学院都市工学専攻准教授
東京大学大学院都市工学専攻を経て、同大特任助教、名古屋大学減災連携研究センター准教授を経て、2016年より現職へ。専門は、都市計画、都市防災、防災学。主な著書に、「帰宅困難者対策Q&A」、「知られざる地下街」などがある。

聴く防災手帳~風水害対策編~
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週月曜~火曜 12時15分~12時30分
番組ホームページ

7月6日(月)・7日(火)・13日(月)・14日(火)放送。全4回シリーズでお送りします。

※該当回の聴取期間は終了しました。

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ